« 気になる展覧会の開催情報! | トップページ | 癒しのアートにつつまれて!  子供の絵 »

2011.03.30

大リーグいよいよ開幕!

2524大リーグがいよいよ日本時間の4/1からはじまる。で、今日は日本人選手の話を。

今年新たに海を渡った選手はもとロッテの西岡(ツインズ)とオリックスからテキサスレンジャーズへ移った投手の
建山。

西岡はオープン戦での調子は悪くなく、上々の出だし。内野手として大リーグでプレーするのは松井稼、岩村(ともに現在楽天に所属)に次いで3人目。

入団したミネソタ・ツインズはアリーグ中地区にある球団。この地区は例年、ホワイトソックス、タイガーズ、ツインズがシーズン最後まで優勝を争っているから、西岡はいいチームに入ったのではないかと思う。

さて、西岡はレギュラーとしてのプレーを続けられるか?この選手のバッティング技術は確実に向上している。昨年206安打を放ち、打率.348のいい成績を残したのだら、自信をもって大リーグのピッチャーにむかっていったらいい。打てなくなっても過度に悩まないこと。自分の技術を信じメンタル面でタフだったらなんとか乗り切れる。

このチームには首位打者を3回もとっているキャッチャーのマウアーという天才打者がいる。西岡にとって、マウアーの存在はおおいにプラスになるはず。いい環境のもとでプレーできるのだから、期待に応える活躍をしてくれるような気がする。

野手ではイチローはまったく心配いらない。活躍するのはもう当たり前みたいなもの。でも、マリナースは今年もダメそう。アスレチックスでプレーする松井はどうだろうか?体調は良さそうなのでやってくれると思うが、ホームランは30本にとどくか。

心配なのは4年目の福留(シカゴカブス)。打率が3年連続、2割5分とか6分では話にならない。学習効果がみられないのは、人の話を聞かない頑固な性格が災いしているのだろう。おそらく今年はあまり使ってもらえず、来年は日本に帰ってくることになるのでは。

投手は残念ながらあまり期待できない。松坂(レッドソックス)は二桁は無理だろう。ドジャーズの黒田には15勝くらいしてもらいたいのだが、今年も10勝前後がいいところか。

3年目の川上(ブレーブス)はマイナースタートになったし、上原(オリオールズ)もいつ故障するかわからないから多くは期待できない。二人とももう年だし、福留同様日本でプレーしたほうがいい。

|

« 気になる展覧会の開催情報! | トップページ | 癒しのアートにつつまれて!  子供の絵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大リーグいよいよ開幕!:

« 気になる展覧会の開催情報! | トップページ | 癒しのアートにつつまれて!  子供の絵 »