« 3度目のポンピドーもマティスの‘王の悲しみ’に会えなかった! | トップページ | 人気の‘ゴッホ展‘を200%楽しんだ! »

2010.12.12

パリ・ロンドンの地下鉄 ユーロスター体験!

2179    ホームドアが設置されたロンドンの地下鉄

2180   ユーロスターの始発駅 パリ北駅の構内

2181  ロンドン セントパンクラス・インターナショナル駅内の回転寿司店

今日は美術ネタを離れて、パリ、ロンドンで利用した地下鉄とパリーロンドンを結ぶ国際列車、ユーロスターの話を。

★‘パリ・ロンドンの地下鉄にもホームドアが設置されていた!’

2年前、パリの美術館めぐりをしたときは地下鉄を利用したので、地下鉄の乗り方はだいぶ慣れてきた。前回同様、回数券Carnet(カルネ、10枚、10.9ユーロ)を購入した。これだと1回券Billet(ビエ、1.4ユーロ)より3.1ユーロお得。何回も乗るときはカルネのほうが便利。

外国で地下鉄に乗るときは同じ路線でも行き先が反対の電車に乗ると大変なことになるので、いつも路線図でエンドの駅の名前を確認しとかなくてはいけない。慣れてしまえばどうってことはないが、はじめのうちは緊張する。そのつぎに神経を使うのが路線の乗り換え。パリの地下鉄は全部で14路線ある。車内では日本のように乗り換えの案内など流れてこないから、路線図をよくみて別の路線に進んでいく。

パリの地下鉄はロンドンのように深くないから、わりと楽に路線をスイッチできる。東京の地下鉄では大手町で乗り換えるよりは路線が集中してない他の駅で乗り換えたほうがあまり歩かなくてすむように、ここパリでも同じようなことはあると思うが、一日限りの観光客だからそこまでの情報はない。

前回はみなかったのがホームドア。どこの駅にも設置されているわけではなく、ルーヴル駅だけにこれがあった。ここで乗り降りする観光客が多いから、安全対策として設置したのだろうか。ロンドンでも上の写真のようにホームドアをつけている駅が数箇所あった。パリよりはだいぶ多いという感じ。

ロンドンで地下鉄に乗るのは20年ぶり。昔の地下鉄は深くて、暗くて、臭くて乗り換えに時間がかかるというイメージだったが、これが大きく変わっていた。地下が深いので出口にむかったり乗り換えするときはエスカレーターで見上げるような高いところまで上っていくというのは今も変わりないが、途中動く歩道などがあるので移動が楽になった。それに加え構内が全体的に明るい。パリよりはどうみても数段明るくて清潔。

もうひとつ感心することがあった。車内で次の停車駅や路線の乗り換えがアナウンスされるのである!そして、車内の壁に貼り付けられた電子ボードに駅名や路線情報が流れてくる。これは日本とまったく同じ方式!いつからこれをはじめたのだろうか?オリンピックを2年後に控え、お客様目線でいろいろ改革をしているのかもしれない。パリでは車内案内はないから、ロンドンのほうが日本的になってきた。

★‘ロンドンにも車内で化粧をする女性がいた!’

以前、日本の電車や地下鉄の車内で化粧をする女性が一向に減らないのは日本人の‘公’の意識が薄いからで、欧米の主要都市ではこんな光景は見られない、という記事を書いたが、これは大きな間違いだった。ロンドンの地下鉄車内でも忙しく化粧をする女性がいた。都会で仕事をしている女性はなにかと時間に追いまくられているから、‘公’や‘私’のふるまいはどうでもよくなってくるのだろう。

また、別の路線では若い男性が箸をつかってテイクアウトの焼そばをもくもくと食べていた。日本でもパンやおにぎりを食べたりする人はいるが、箸をつかって弁当を食べる人はあまりみかけない。化粧をする女性と焼そば兄ちゃん、まったく予期せぬ光景だった。

★‘ユーロスターに乗ると2時間でロンドン到着!’

海外旅行をするといろんなことを体験する。今回はパリ北駅からでているユーロスターに乗ることになった。ここでイギリスへの入国手続きをし、出発を待った。停車している車両とホームとの間が日本では考えられないくらい開いているから、乗り込むとき足もとが心配になる。このユーロスターの開業は1994年。時速300kmだから、ロンドンのセントパンクラス・インターナショナル駅まで2時間ちょっとで着く。新幹線に乗っているのとなんら変わらない。快適なユーロスター体験だった。

ロンドンに着きホテルへ向かうバスへたどりつく途中、駅のなかに回転寿司店をみつけた。ロンドンでも回転寿司があるのは聞いていたから、すぐカメラのシャッターをきった。美味しいだろうか?

|

« 3度目のポンピドーもマティスの‘王の悲しみ’に会えなかった! | トップページ | 人気の‘ゴッホ展‘を200%楽しんだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリ・ロンドンの地下鉄 ユーロスター体験!:

« 3度目のポンピドーもマティスの‘王の悲しみ’に会えなかった! | トップページ | 人気の‘ゴッホ展‘を200%楽しんだ! »