« 今村紫紅の‘伊達政宗’をやっとみれた! | トップページ | なんでも鑑定団 堆黒盆に驚愕の1億円! »

2010.10.30

‘エヴァーラスティング ビル・エヴァンス’でもいかが!

2080_2  

2081_4

ここ1ヶ月、タワーレコードから7月に発売された‘エヴァーラスティング ビル・エヴァンス’(2枚組)をクルマのなかで聴いている。

このCDは8月中旬、新聞の文化欄で知った。今年はジャズ・ピアニスト、ビル・エヴァンス(1929~1980)の没後30年にあたる。で、このベスト復刻盤がでたというわけ。タワーレコードの担当者がHMVや新星堂など9社に声をかけお奨めの曲を選んでもらい、そのなかから22曲を収録したという。

どんな曲が入っているかというと‘いつか王子様が’、‘枯葉(テイク2)’、‘ワルツ・フォー・デビイ’、‘不思議の国のアリス(テイク2)’、‘MASHのテーマ’など々。

世の中にはビル・エヴァンスにぞっこんというジャズファンが大勢おられると思う。昨年1月発売の雑誌‘一個人’の‘保存版特集 ジャズの快楽’によると、日本でもっとも売れているジャズのアルバムはビル・エヴァンスの‘ワルツ・フォー・デビイ’かヘレン・メリルの‘ヘレン・メリル・ウイズ・クリフォード・ブラウン’だそうだ。

絶大な人気を誇るビル・エヴァンスなのに、若い頃夢中になって聴いたジャズメンに入ってなく、アルバムを買って聴いたことがない。だから、22曲のなかにはどこかで聴いたような旋律だなというのもあるが、大半は‘これがレコード店で見慣れたアルバムに収録されている曲か!’という感じ。

アルバムのなかではシオン城をデザインに使った‘アット・ザ・モントルー・ジャズ・フェスティヴァル’に惹かれていたが、これからは選ばれてなかった。はじめて聴く曲はベストセレクションだけあってどれも魅力いっぱい。繊細なタッチのリリシズムあふれる演奏はホテルのバーで楽しんでいるような気分にさせてくれる。

これはビル・エヴァンスのピアノだけの力ではなく、のびやかかつ洒落た雰囲気で繰り広げられるベース、ドラムとの生き生きしたインタープレイによって生みだされたもの。こんなすばらしい演奏を知らずに過ごしていたら大きな悔いを残すところだった。

クルマのなかではしばらくの間、ビル・エヴァンスのCDがマイルス・デイビスを横に追いやることになりそう。

|

« 今村紫紅の‘伊達政宗’をやっとみれた! | トップページ | なんでも鑑定団 堆黒盆に驚愕の1億円! »

コメント

ワルツ・フォー・デビイが、日本でいちばん売れてるジャスアルバムというのは、うなづけます。私のベスト1のジャズアルバムでもありますからね。エヴァーラスティングのジャケットのイメージもワルツ・フォー・デビィに似てますね。
それにしても、いづつやさんが、ビル・エヴァンスのアルバムを買ったことが無かったなんて驚きました。マイルスのカインド・オブ・ブルーのビルは最高ですからね。

投稿: 一村雨 | 2010.10.31 14:06

to 一村雨さん
このベスト復刻盤、いいですね。ご機嫌です。

若い頃はマイルス・デイビスのフュージョン
ジャスに夢中でした。その関係でピアニストと
いうとマイルス一派のチック・コリア、キース
・ジャレット、ハーボー・ハンコックがお気に
入りでした。キースの‘ケルンコンサート’を
数えきれないほど聴きました。

また、ジョン・コルトレーンも好きですから、
マッコイ・タイナーのピアノにぞっこんでした。
72年東京で演奏された‘エコーズ・オヴ
・ア・フレンド’にも立会いました。マッコイの
大きな手に驚きました。すごく懐かしいです。

で、今やっとビル・エヴァンスに向き合ってい
るところです。人気があるのがしみじみわかり
ます。

投稿: いづつや | 2010.10.31 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ‘エヴァーラスティング ビル・エヴァンス’でもいかが!:

« 今村紫紅の‘伊達政宗’をやっとみれた! | トップページ | なんでも鑑定団 堆黒盆に驚愕の1億円! »