« 熱のさめる大リーグ、関心の的は岩隈の移籍問題! | トップページ | もう一度行きたい美術館! NY ホイットニー美術館 »

2010.09.21

累計アクセス数200万を突破! 展覧会の華は回顧展

1980_2      ‘クールベ展’(08年、グラン・パレ&メトロポリタン美)

1979_3      ‘ホッパー展’(08年、シカゴ美)

1978_2      ‘プッサン展’(08年、NY メトロポリタン美)

1981_2      ‘カラヴァッジョ展’(10年、ローマ スクデリア・デル・クイリナーレ美)

本日、拙ブログは累計アクセス数が200万を突破しました。100万の大台に乗ったのは08/7/20、ブログをはじめて3年8ヶ月かかりましたが、つぎの100万はこれを大幅に短縮し2年と2ヶ月で到達しました。日頃みていただいている方には心より感謝申し上げます。これからも拙文は読み飛ばし画像だけをお楽しみいただきたいと思います。

200万アクセスという当初は思ってもみなかった大きな数字になりましたので、今日はアップしている美術感想記をどんな気持ちで書いているかをすこし述べてみます。

お気づきのように拙ブログは最初に画像を4点載せています。昨年11月のインド旅行記以降、3点から4点に増やしたのですが、今年は2月から嬉しいことにシステムの改善で画像の下の文字挿入がOKに、で、本文を読まなくても作品の作者とタイトルがわかるようになりました。拡大つきの画像が見る人の心に強く残るように腐心してますから、これはgood jobでした。

感想記では次の3点を心がけてます。
‘なによりも記事がinformativeであること!’
‘見る人のサプライズを奪わないこと!’
‘作品とコミュニケーションすること!’

ブログで展覧会の情報を入手する方は大勢おられると思いますので、これに少しでもお役に立ちたい。今はまとまった情報は年初と7/1の‘展覧会プレビュー’で、そして個々の展覧会についてはなるべく過去行われたものとの比較とか同時期に開催中の展覧会との響き合いにもふれることにしてます。

展覧会は事前の情報はできるだけ少なくして出かけるのがMy鑑賞スタイルです。柳宗悦の言葉‘見テ 知リソ 知リテ ナ見ソ’(先ず見よ、かくて知れ、知ってから見るな 09/9/23)を座右の銘にしてます。実物をじかに見て、素直に感動する、大きなサプライズに遭遇する、これが一番楽しい。美術を楽しむのに知識や理屈はいらないと思ってます。

感想記では章立てとかは美術館のHPにでているので申し訳ないがふれません。出品作は一から十までコメントせず、とくに感動したものを中心に書きます。名品は多く紹介したい気持ちはもちろんあるのですが、その一方でこれから出かけられる方のサプライズを奪ってはいけないとも思ってます。で、‘見てのお楽しみ!’としたり、あえて一切名品にふれなかったりします。

会場に入って、‘ワワー、こんなすごい絵があったのかー!’と大きなサプライズを体験するほうが他人の下手な文章を読むよりはずっと楽しいに決まってます。そうお思いになりません?

絵画、やきもの、彫刻をみて、色がきれいだとか構成がすばらしいとか形に惹かれるとか、感動の仕方は人夫々です。作品の前にある解説文はタイトルと作家の名前、制作年以外は読みません。ひたすらそこに表現された人物、生き物、草花、風景を見続けます。

この絵を画家はどういう状況で描いたのかといったことにはあまり興味はなく、惹きこまれた作品に登場する女性にのめりこんだり、すばらしい自然のなかに自分が今立っている風に想像をめぐらしたりします。人物や風景とコミュニケーションを交わすのはじつに楽しいです。

さて、これからの重点鑑賞作品のことを。常々展覧会の華は一人の作家の回顧展だと思っており、ビッグな回顧展に遭遇するのをいつも夢みてます。幸いなことにここ2年、海外の美術館でとてもいい回顧展に出会いました。

08年はクールベ、ホドラー、ホッパー、ホーマー、プッサン、今年はローマでカラヴァッジョ、デ・キリコ。今後、海外の美術館めぐりを加速させるつもりなので、大きな回顧展に恵まれることをミューズに祈っているところです。はたして?

日本画でどこかの美術館が開催してくれないかなと願っているのは‘池大雅、喜多川歌麿、白隠、菱田春草’。来年、東博で‘写楽展’(4/5~5/15)がありますが、北斎、写楽ときたので4,5年後は歌麿のような気がします。

|

« 熱のさめる大リーグ、関心の的は岩隈の移籍問題! | トップページ | もう一度行きたい美術館! NY ホイットニー美術館 »

コメント

いづつやさん、200万アクセスおめでとうございます!

いづつやさんの おかげで、初めて三の丸尚蔵館へ行ったり、全く開催を知らなかった「アントワープ王立美展」にも行って来ました。

ブログを見る度に、行きたい展覧会と美術館が増えます。(笑)

いづつやさんのブログに出会えて、大袈裟ではなく毎日が楽しいです。

投稿: みどりがめ。 | 2010.09.22 05:06

to みどりがめさん
200万のアクセス数なんて最初は考えても
みませんでした。みどりがめさんをはじめ毎日
多くの方といい絵ややきものを共有できること
を心から喜んでいます。

これからも作品は気楽に素直にみようと思います。
そして、海外の美術館めぐりの成果と厳選した
国内の展覧会を軸にブログを構成していくつもり
です。また、新シリーズをいくつか立ち上げます
ので、ご期待ください。

投稿: いづつや | 2010.09.22 16:38

おめでとうございます\(^o^)/
この夏に偶然めぐりあってからは、毎日読ませて頂いております。コメントは毎日あるのですが、文章にできないまま…
新しいシリーズも期待しておりますので、よろしくお願いしますm(__)m

投稿: licoluise | 2010.09.22 20:47

おめでとうございます。
写真がすばらしい。
美術を愛する(偏見なしに)お気持がすばらしい。

‘ わたしと同じ行動をしてる方々が
   のべ200万人もいる ’
という事がわかりまして うれしいです。

これからも よろしくお願いいたします。
(海外の美術館めぐりを加速されますのね!)

投稿: Baroque | 2010.09.22 22:49

アクセス数200万突破おめでとうございます!
冒頭の‘クールベ展’の画像に早速サプライズです。

『実物をじかに見て、素直に感動する、大きなサプライズに遭遇する、これが一番楽しい。』

このところ、展覧会へ行く機会が減ってしまいましたが、いづつや様の思いと同じく、楽しむ気持ちを忘れずに、アクティブに美と出会いを求めて行きたいです。

回顧展はその画家への理解がより深まるので、大変貴重な機会ですね。海外での美術館めぐりのご感想も楽しみにしております!

投稿: Ayumi | 2010.09.22 23:50

to licoluiseさん
いつも読んでいただきありがとうございます。

こういう節目のアクセス数に到達する度に、美術
との関わりが深まっていくなという思いが強くなり
ます。新シリーズは材料の準備をはじめました。
もうしばらくお待ち下さい。

投稿: いづつや | 2010.09.23 00:49

to Baroqueさん
ここ2年は国内の展覧会へ出かける回数が
少なくなり、感想記も以前に比べると減って
いるのですが、多くの方に読んでいただき
本当に喜んでいます。

海外の美術館のレポートをこれまで以上に
力を入れようと思ってます。

投稿: いづつや | 2010.09.23 00:56

to Ayumiさん
クールベの絵に早速反応していただき
嬉しいです。図録の表紙に使われる
だけのことはあるすばらしい絵でした。
これ、個人蔵ですって!

作品や画家との付き合いはロングレンジ
ですから、本物をじかにみてすこしずつ
画家に近づいていくのがいいですね。
そして、回顧展で一気にわかったという
ことになれば、理想の鑑賞体験ですね。

海外の美術館めぐりの感想記はもっともっ
とinformativeにしようと思います。

投稿: いづつや | 2010.09.23 01:15

いづつやさん、おめでとうございます!
僕も現地つまり美術館でサプライズを味わいたいから、事前にはあまり調べませんね。
そういえばいづつやさんとはまだお会いしたことないですね、Juneさんなんかとはお会いしているのですが、是非機会があればと思っています。
さて10月になるとゴッホ回顧展が早速はじまります。東京新聞は毎日、どこかにゴッホ展の宣伝を入れていますが、いづつやさんはどんな展覧会でも歓心しないとはっきりそのことをおっしゃっていただけるので本当に素晴らしいと思います。
細見美術館について良く知らない人からバッシングめいたのがありましたが、いづつやさんが自分のブログで自分の意見を言うのに何がいけないのでしょうか?
気にいらなければ素通りすれば良いだけです。
これからもはっきりした御意見を貫き通されてください。

投稿: oki | 2010.09.23 23:00

to okiさん
年内、Juneさんも入れてお話しましょう。
楽しみにしてます。

美術鑑賞は一にも二にも素直にみて大きな
サプライズに遭遇することですね。
私は絵の前の解説文を読みませんから、一日
に5,6館訪問しても疲れることはありま
せん。感動もしない作品の解説を読むのは
時間の無駄ですね。

日本の美術館における料金設定とか出品作の
展示期間については3割くらいしか期待して
いません。お客様志向の美術館は3割しかな
いのが現実ですね。ですから、ときどき辛口
になります。

投稿: いづつや | 2010.09.24 00:09

いづつや様、遅ればせながら200万達成おめでとうございます。海外に在って懐かしい絵を見たい時は必ずお世話になっておりました。今後もますます展覧会に足を運ばれていただければと思います。お元気でご活躍ください!
(小生は現在めでたく(?)帰国いたしました。)

投稿: 青江 | 2010.10.08 20:03

to 青江さん
あたたかいお言葉ありがとうございます。

浮世絵によくコメントをいただきましたから、
ときどきこの広重の風景画はロンドンの青江
さんの心をとらえただろうか?と思ったりし
てました。

久しぶりの日本の生活はやはり楽しいでしょ
うか。これからもよろしくお願いします。

投稿: いづつや | 2010.10.08 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/49522450

この記事へのトラックバック一覧です: 累計アクセス数200万を突破! 展覧会の華は回顧展:

« 熱のさめる大リーグ、関心の的は岩隈の移籍問題! | トップページ | もう一度行きたい美術館! NY ホイットニー美術館 »