« いつか行きたい美術館! オスロ国立美術館 | トップページ | いつか行きたい美術館! ベルリン »

2010.08.21

祝 興南高校 春夏連覇!

1865夏の全国高校野球大会で興南高が沖縄勢としては初めて優勝し、春夏連覇を達成した。拍手々!

決勝戦の相手、東海大相模高に13対1と打ち勝ったが、3回まではともに点が入らず、緊迫した試合展開だった。

ゲームが動いたのは4回裏、1アウトのあと興南は待望の先取点をとった。次にまたヒットがでて2点目。

東海大相模はこのあたりで攻撃をカットしておれば、まだどうなったわからなかった。が、投手の島袋選手が打席のときスクイズを見事にはずしたのに、捕手が三塁へ悪送球。決勝戦でやはり緊張していたのだろう。このプレーで流れは興南へいき、興南打線が火をふき一気に7点とった。

そして、6回裏には三番の小柄だが腕っ節の強そうなキャプテンが見事な3ランホームランを放ちとどめをさした。東海大相模は打撃力があるから、反撃して5,6点とるかなと期待していたが、最後まで島袋投手の変化球を主体にしたピッチングに押さえこまれた。

沖縄の人たちにとって、興南の夏全国制覇はうれしくてたまらないだろう。何年か前沖縄水産が2年連続決勝に駒を進めながら優勝にとどかなった。高校野球でもプロ野球でも、投打のバランスのとれたチームが栄光を手にする。島袋投手は独特のトルネード投法でチームの勝利に貢献した。

昨日の準決勝で1,2回に5点とられたのに、これをすぐ修正して今日は1点に抑えた。この精神力と投球術は立派。プロに入ったら、ソフトバンクの杉内のようなピッチャーになるのではないかと思う。スカウトの評価はトップではないようだが、この選手はのび代はすごくあるような気がする。

興南でいいバッターだなと思ったのは2番と4番。ともに左バッター。東海大相模でうならせるのは1番と5番の一二三投手。この4人はプロで鍛えられればその才能に磨きがかかるのではなかろうか。一二三選手は投手ではなく野手でプロに入ったほうがいい。

東海大相模は40年ぶりの優勝を狙ったが残念ながら果たせなかった。今年の出場は33年ぶりだという。ええー、そんなに長いこと甲子園にでてなかった?!という感じ。この学校は神奈川県の強豪でしょっちゅう出場しているイメージが強い。2度目の優勝はならなかったが、興南についで強いチームだったのだから、拍手々!

|

« いつか行きたい美術館! オスロ国立美術館 | トップページ | いつか行きたい美術館! ベルリン »

コメント

いづつやさん、残暑お見舞い申し上げます。
やはり沖縄が強かったのはこの暑さのせいでもともと暑さの地元だったからでしょうか?しかし春夏連覇となると本物ですかね。東京の早稲田実業も20点以上取った試合があり、沖縄、神奈川と並んで将来のスターを予感させますが、プロは厳しいですから頑張ってほしいですよね。
あのダルビッシュを鍛え上げたのは現楽天のコーチ佐藤さんですし、同じく日本ハムの中田もようやく一軍で活躍できるようになりましたが、梨田さんは甘やかさなかったですね。
巨人や中日に入っていたら中田も活躍できたかどうか。

投稿: oki | 2010.08.21 23:22

to okiさん
連日暑いですね。ご自愛ください。

興南の春夏連覇はすごいですね。
島袋投手は左ですし、プロで活躍できるので
はないでしょうか。一二三選手は体は大きい
ですから、いいバッターに成長すると思います。

日ハムの中田はようやくホームランを思うよう
に打てだしましたね。まだ21歳ですから、
これから怪物ぶりをはっきしそうです。島袋、
一二三選手もパリーグに入ったほうがいいです
ね。

今はパリーグのほうがセリーグより野球のレベ
ルは全然上です。ダルビシュ、杉内、岩隈、マー
君、涌井らいいピッチャーがいますし、打つほ
うも工夫しますからリーグ全体の打撃力、走塁力
があがります。

それにくらべ、セリーグは人気があるというだ
けで見ごたえのある試合にはほど遠い状態です。
巨人が最後には優勝すると思ってますが、チーム
の力は落ちてますね。そりゃー、広島、横浜を
相手なら楽に勝てますからね。

いま、個々の選手をみて、球場に行って、その
ピッチングなり打撃なりを見たいと思う選手は
セリーグにはいません。これに対し、パリーグ
は魅力ある選手がいっぱいいます。中田ががん
がんホームランを打つと人気がでるでしょうね。

投稿: いづつや | 2010.08.22 10:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝 興南高校 春夏連覇!:

« いつか行きたい美術館! オスロ国立美術館 | トップページ | いつか行きたい美術館! ベルリン »