« 10年後半 展覧会プレビュー! | トップページ | 名品が盛り沢山の東博平常展! »

2010.07.02

静嘉堂文庫の‘錦絵の美ー国貞・広重の世界ー’!

1699_2     歌川国貞の‘江戸芸 北国他所行 田舎娘’

1700_3       歌川国貞の‘江戸自慢 五百羅漢施餓鬼’

1698_2     歌川広重の‘阿波鳴門之風景’

1697_2           歌川広重の‘六十余州名所図会 隠岐焚火の社’

現在、静嘉堂文庫で開催中の‘錦絵の美ー国貞・広重の世界ー’は前期(6/12~
7/11)と後期(7/13~8/8)で作品は全部入れ替わる。前期83点の内訳は歌川
国貞(1786~1864)が美人画を中心に59点、歌川広重(1797~1858)が風景画9点、そして国貞、広重の合作が15点となっている。

美人画、風俗画、役者絵など大変な数の浮世絵を描いた国貞への強い思い入れがあるというわけではない。美人画でいうと歌麿、春信、勝川春章への接近度を100とすると、70くらい。東博の平常展で国貞の絵は常連なので結構みているはずだが、ここのコレクションは初見のものが多く、しかも質が高い。やはりあるところにはある!流石、岩崎家という感じ。

美人画の揃物がセットでみられるのはありがたい。いろいろある、‘北国五色墨’(北国とは吉原遊廓のこと)、‘時世江戸鹿子’、‘江戸自慢’、‘今風化粧鏡’、‘星の霜当世風俗’、‘江戸八景ノ内’、‘集女八景’。

好みでいうと70なのだが、これだけヴァリエーションが多いとそれはそれですごく楽しい。また、横に広がる3枚続のワイドスクリーンにいくつもいいのがある。お気に入りのひとつが‘江戸芸 北国他所行 田舎娘’。梅、斜めにのびり生垣を背景に3人の女が大きく描かれている。

右の女は洒落た紋様の着物に身をつつんだ左褄(芸者のこと)。真ん中は一見普通の町屋の女だが、じつは吉原の遊女。たまに廓外で遊ぶことが許されており、このときは地味な姿に変身する。左は田舎娘。

今回の収穫は歌麿の絵を思わせる‘江戸自慢 五百羅漢施餓鬼’。蚊帳のなかで幼児にお乳を飲ませる母親の姿に心が和む。蚊帳の絵はもう一点、‘星の霜当世風俗(蚊やき)’がある。これは人気の絵で、蚊帳の中に入った蚊を女が紙燭の火で焼いているところが描かれている。

国貞と広重の合作‘双筆五十三次’ははじめてお目にかかった。15点のなかにユーモラスな人物描写がみられるのが2点あった。広重作では‘阿波鳴門之風景’がやはりいい。じっとみていると現地で渦潮をみているような気分になる。

‘六十余州名所図会’は8点。焚火の社とは隠岐諸島の西ノ島の焼火山の頂上近くにある焼火(たくひ)神社のこと。右に船首だけをみせる2艘の千石船が海をどどっと進む様子がじつによく描かれている。船が大きいので海面のうねりも大きく、生き物のような水しぶきがダイナミックにできては消えている。

後期の構成は前期と同じ。パートⅡも楽しみたいのでまた出かけることにしている。

|

« 10年後半 展覧会プレビュー! | トップページ | 名品が盛り沢山の東博平常展! »

コメント

いづつやさんおはようございます。僕も行きました。普段は成城学園前からバスなのですが、今回は二子玉川からいってバス停にとまどりました。国貞、広重とありますが、国貞が圧倒的に多いのですね。二人の合作は僕も初めてみましたが、国貞の図録をかうと国貞は実にいろんな名前を使っていたのですね!しかし会場にあった歌川派系譜をみるとそうそうたるメンバーで浮世絵界の主流なのですね。太田記念と違ってゆっくり観られました。来年東博に東京新聞とNHKプロモーションで写楽来るのですね、楽しみです

投稿: oki | 2010.07.03 07:32

to okiさん
いちど国貞をまとめてみたいと思いでかけました。
前々から図録を知ってましたから、実際どんな絵
かをみたかったのです。

国貞で惹かれているのは美人画ではなくて、役者
絵と風俗画です。今回、色がよくでている役者絵
が4点みれましたから、大満足です。

来年、東博で写楽ですか。それはすごい!あいか
わらず情報ゲットが早いですね。ありがとうござ
います。

投稿: いづつや | 2010.07.03 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静嘉堂文庫の‘錦絵の美ー国貞・広重の世界ー’!:

» 錦絵の美―国貞・広重の世界(前期) @静嘉堂文庫美術館 [Art & Bell by Tora]
 静嘉堂の浮世絵コレクションは岩崎弥之助の妻早苗夫人(後藤象二郎の長女)の遺愛のもの。美人画中心の「歌川国貞展」が1996年に開かれるまで、その存在すらほとんど知られていなかった。  今回は国貞・広重展となっているが、主力はやはり国貞の美人画。国貞の役者絵はちょっと苦手だが、美人画ということになるとほってはおけない。 チラシ↑は、《江戸自慢 4万6千日》。斜めにのぼる蚊遣りの煙のぼかし、子供が斜めに引っ張る黒い帯が印象的。旧暦7月9-10日の縁日に参詣すれば、4万6千日詣でたのと同じ功徳がある... [続きを読む]

受信: 2010.07.03 17:27

« 10年後半 展覧会プレビュー! | トップページ | 名品が盛り沢山の東博平常展! »