« 土用の丑の日はウナギを食べてスタミナ補給! | トップページ | ‘ブリューゲル版画の世界’は寓意と怪奇の二重奏! »

2010.07.27

もっと見たいボスの名画!

1777_2      ‘樹木人間’(ウィーン、アルベルティーナ素描版画館)

1778_2      ‘荒野の洗礼者聖ヨハネ’(マドリード、ラザロ・ガルディアノ美)

1776_2      ‘最後の審判’(部分、ミュンヘン アルテ・ピナコテーク)

1775_2      ‘十字架を担うキリスト’(ガン、市立美)

5月、‘カラヴァッジョ展’をみるためローマを再訪した。海外で行われる展覧会にわざわざでかけようと思うことはまずないのだが、カラヴァッジョは特別、この大回顧展だけは見逃したくなかったのである。今後、こういうことは二度とないだろうが、ひょっとしてもう一回あるかもしれない。

それはボス(1453~1516)の回顧展。もし、‘快楽の園’(拙ブログ07/3/21)を所蔵するマドリードのプラド美とかでカラヴァッジョと同じ規模の回顧展が開かれたら、なんとしても出かけようと思っている。はたして、ボスの回顧展があるだろうか?

今はとりあえずまだ見てない作品を一つ々つぶしていく作戦。狙っている作品はいくつかある。ウィーンにあるアルベルティーナ素描版画館にはデューラーの精緻に描かれた兎の絵とかがあり、次回は訪問するつもりだが、頭のなかには当然ボスのデッサン‘樹木人間’がある。

真ん中に描かれたものが‘快楽の園’の右パネルになった。顔をこちらに向けているのは若い男だが、胴体は楕円形の卵、後ろに穴があいており、中に人物がみえる。卵の横から太い樹木が2本、その先は2隻の小舟に乗っかっている。男の頭には鋲がついたお盆のようなものがあり、花瓶がみえる。おもしろいことに花瓶から梯子がのび、男が卵のお尻からでる旗の棒と梯子を紐で結びつけようとしている。なんだか宇宙船のイメージ。ボスはまったく奇想天外なことを思いつく。

‘荒野の洗礼者聖ヨハネ’でひじをついて横たわっているヨハネの横にある南瓜提灯みたいな植物も下に穴が開いている。卵でもこの植物でも穴の開いた丸いフォルムにわけもなく惹かれる。‘快楽の園’に沢山でてくる球体はなかが透けているものが多く、そこに裸の人間が入っている。これをみているとき、小学校のころ運動会で競った球ころがしが目の前をよぎった。

ミュンヘンのアルテ・ピナコテークを訪問したのは27年前なので、ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ルーベンス、デューラー、クラナハ、カラヴァッジョは覚えているが、ボスの‘最後の審判’はまったく記憶にない。おそらく、当時はボスのことをよく知らなかったから、パスしたのだろう。来春あらためてこの怖い絵をじっくりみるつもり。

キリストをとりかこむ男たちの顔があまりにもグロテスクで残忍性むき出しなのでちょっと引いてしまう‘十字架を担うキリスト’はドイツ表現主義のグロスが描いた作品を彷彿とさせる。人間性にひそむ悪を象徴的に表現するためには、人間をこれほど醜悪かつ残忍に描く必要があったのだろう。

|

« 土用の丑の日はウナギを食べてスタミナ補給! | トップページ | ‘ブリューゲル版画の世界’は寓意と怪奇の二重奏! »

コメント

いづつやさま、

こんにちは!
「象徴事典」を読んでいるとボスの絵は本当に良く登場します。細かく描かれた絵画を見つめていると、モダンでとても500年も前のものとは思えないです。こうして拝見していると、創造力もかなり豊かな人だったんだろうなあ、と想像できますね。

下のウナギの話題にもゴックンでした。
私は静岡出身なので、わさび醤油をつけていただく「白焼き」が懐かしい!江戸時代から高価なものだったんですねえ。静岡は養殖場が多いせいかあまり「高価な食品」というイメージがなくて、母が高校時代のお弁当に困るとウナギが入っていたのを思い出します。

日本は猛暑が続いている様子。どうぞご自愛ください。
ローマは暑さは中休みに入り、気持ちのいい風が吹いております。

投稿: cucciola | 2010.07.28 01:33

to cucciolaさん
ボスの絵には象徴や寓意がつまっており、
これを読み解くのはかなりしんどいので、
もっぱら怪物のハッとする造形や丸い
フォルムに関心をよせながら楽しんで
ます。ボスの超想像力には脱帽ですね。

暑いときのウナギは本当に美味しいですね。
浜松出張は鰻重を食べられるので、いつも
ご機嫌でした。‘白焼き’はまだ食べたこと
はありませんが、静岡の人はこれは美味しい
とよくいいますね。

私は昔から寒いのはダメですが、暑いのは
そう苦になりません。冷たい麦茶をぐいと
飲むと元気がでます。cucciolaさんは夏に
麦茶を飲まれることがあるのでしょうか?

投稿: いづつや | 2010.07.28 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっと見たいボスの名画!:

« 土用の丑の日はウナギを食べてスタミナ補給! | トップページ | ‘ブリューゲル版画の世界’は寓意と怪奇の二重奏! »