« 展示方法にガッカリの‘伊藤若冲 アナザーワールド’! | トップページ | お楽しみ‘北斎とその時代展’! »

2010.06.20

若冲展で好感度が急降下した細見美術館!

1663_3            ‘海老図’(細見美)

昨年信楽のMIHO MUSEUNで開催された‘若冲ワールド’と今回の‘伊藤若冲 アナザーワールド’(静岡県美&千葉市美)を体験し、図らずもある美術館の嫌な体質がわかった。

‘若冲ワールド’の感想記のなかで、若冲作品を所蔵している美術館やお寺のことにふれた(拙ブログ09/10/8)。この回顧展に若冲コレクションでは名の知れた細見美(京都市左京区)からは1点もでてなかった。で、MIHO MUSEUMとは相性が悪いのかなと余計な想像をめぐらしてしまった。今年、再び‘アナザーワールド’が行われることになり、細見の20点ちかくある絵でまだみてないものが出てくるのをすごく期待していた。

ところがふたを開けてみたら、出品作は‘海老図’だけ。これはどうしたことか?この回顧展には若冲の画集に載っている有名な絵が数多く展示されている。主だったところをあげてみると、京博は‘石灯籠図屏風’、‘果蔬涅槃図’など5点、大阪の西福寺は重文の‘仙人掌郡鶏図’(5/17)や‘蓮池図’(6/1)など4点、また、京都の鹿苑寺、禅居庵、石峰寺、和歌山の草堂禅寺といったお寺関係、黒川古文化研究所、平木浮世絵財団、イセ文化基金の作品など、、そして、個人蔵でも画集に載っている有名なものやまだこんなのがあったの?と驚かされる屏風も登場した。

2度のビッグな若冲展には日本にある代表的な若冲作品が相当数結集したことになる。昨今の若冲人気に応える大イベントというのに、20数点も所蔵している細見美は1点しか協力しないのである。何故か?細見にとって自慢の絵‘糸瓜群虫図’、‘瓢箪・牡丹図’、屏風の‘菊花図’、‘群鶏図’などを出品するメリットはない。こういう回顧展にだすと美術ファンが自分とこの美術館に来てくれなくなる、だからいい絵は絶対出さないのである。

若冲本に図版を載せるのは出版社からお金も入るし、館のPRになるから。‘伊藤若冲大全’(京博編、小学館)や‘もっと知りたい若冲’(佐藤康宏著、東京美術)や‘異能の画家伊藤若冲’(狩野博幸著、とんぼの本・新潮社)にはいくつも載っている。またこの美術館はデパートでは館蔵名品展をやる。過去、日本橋高島屋で2回あった。06年の‘京琳派・神坂雪佳展’と昨年の‘日本の美と出会う’(09/6/3)。

本格的な若冲展には出品しないで、‘日本の美と出会う’には数点若冲の絵をだす。これはどうしてか?簡単なこと。デパートに出すとお金がもらえるし、ランキング下位のものでも文句は言われないから。どうせデパートにくる女性客が相手だから高島屋はそこそこの若冲があれば即OK。

が、本格的な回顧展となると一番いい絵を主催者から依頼される上、原則貸し出し料は入ってこない。‘そんな算盤勘定に合わないことはしたくない、うちのセリングポイントは人気の若冲なのだから、見たければ美術館へ来てくれ!’といいたいのであろう。今回の若冲展でこの美術館の素性をみた思いである。

ここは2度訪問したが、毎度いいイメージがない。料金が高いし、ニュースレターも有料。そして、ショップスタッフの無愛想な態度が致命的!ここの一族がどうやって資産を形成したかは知らないが、若冲作品を貸し出さないその了見の狭さ、態度の悪いスタッフをみれば、まぁーお里が知れるというもの。

|

« 展示方法にガッカリの‘伊藤若冲 アナザーワールド’! | トップページ | お楽しみ‘北斎とその時代展’! »

コメント

 はじめて、コメントさせて頂きます。
 平素、ブログを拝読しております。

 本日の記事ですが、お怒りな気持ちは察します。
 切望している作品、期待している作品の出品がないというのは、とても残念な気持ちがします。

 本日の記事は、やや行き過ぎな面があるような印象を受けます。
 細見美術館さんへの建設的なご批判であれば、記事として公開する意義があると思います。

 しかし、「金にがめつい」という印象を一方的に与えかねない内容は、どうでしょうか?
 今回の一連の若冲展に出品しない経緯につき、諸事情をすべて把握した上で、記事になさっているのであれば、その根拠や情報源を可能な限り公開した上で、批判するべきと思います。

 あくまで私見ですが、ブログを行うというのは、個人で一つの報道機関を持つことと同義と思います。
 報道機関は、通信社名、新聞社名やテレビ局名を公開した上で、情報を発信しています(場合によっては、担当記者の氏名も)。発した情報への責任と批判を前提としています。
 ブログの場合、運営者の方の情報が公開されている訳ではありませんから、発した情報につき、最終的責任を担保していません。
 そうであれば、批判的記事は、余程慎重になさるべきではないかと感じます。

投稿: 訪問者 | 2010.06.21 00:34

to 訪問者さん
はじめまして。書き込みありがとうございます。
今日の記事は辛口すぎますか?

拙ブログは報道記事ではないですね。個人の
私的な日記です。毎日ご覧になっておわかりのよ
うにMy好きな絵、好きな作家、好きな美術館、感動
した展覧会をメインにupしてます。

ですから、好みでない作家ははじめから取り上げ
ません。また、今は出かける展覧会を絞り込んで
ますので、よかった記事のほうが多くなってます。
それでも読み誤ったのもありますから、そういう
ときは率直にアベレージだったと書いてるつもり
です。

美術館については、当方はなんら利害関係はありま
せんから、不愉快なことは遠慮なく書きます。
料金が高い、館員の対応がなってない、所蔵品を
なかなか展示してくれない、これを書いてどこが
問題なのでしょうか?

細見美にたいするMy好感度は低いのです。これを
ストレートにいうのは美術館に対する批判ですか?
ユーザーが商品やサービスについて不満をいうのと
同じでしょう。

細見美には若冲の絵がいくつもあることは周知の
事実です。若冲ファンなら皆知ってます。でも、
ほかの美術館や個人がこぞって所蔵の作品を出して
いるのに、この美術館だけは作品を公開しません。

その理由を考えると、こうだろうなと思うわけです。
とどまるところ美術品は公共のものという発想が
なく、私的所有物という考えに終始しているから、
貸し出したくないのだなと。いろんな美術館を体験
してますから、どの美術館がこういう体質かはおおよ
そわかってます。

今回、細見もそういう考えだったのだということを
はっきり認識したという次第です。で、My好感度は
急降下したのです。こういうのは美術館の批判では
ありません。細見のコレクションの質が高いことも
よく知ってます。

でも運営の評価は別なんですね。満足度調査とか好感
度調査をご存知ですか?これをストレートに表明し
ているだけですから、ご理解下さい。


投稿: いづつや | 2010.06.21 02:29

はじめて書き込みさせていただきます。

内容で少し気になりましたので
情報がてら書かせていただきます。

細見美術館所有の若冲は大半が
去年の4月から来年の2月まで全国を巡回しています。

「細見美術館-琳派・若冲と雅の世界」
 次回は7月から函館美術館で開催されます。

「雪中雄鶏図」「風竹図」「瓢箪・牡丹図」
「仔犬箒図」「鶏図押絵貼屏風」「菊花図押絵貼屏風」
は巡回していたと思います。
(正確かどうか少しあやふやですみません。)

投稿: むらさき | 2010.06.21 20:50

 度々の投稿、恐縮です。
 当方の投稿に対するご見解拝読しました。ご意見下さり、有り難う御座いました。

 冒頭申し上げます。
 満足度調査や好感度調査ですが、良く存じ上げております。

 以下、長文ですがお許し下さい。


1)「行き過ぎ」としたことについて
 前回の投稿で、「やや行き過ぎの面がある」としたのは、①具体的根拠の明示なく作品出品に絡む経済的事情に言及していること、②関連して細見家の資産形成についてまで言及していること、以上の2点です。
 特に②は、正当な批判や意見表明というよりは、細見家や細見美術館さんに対する人格攻撃に近い内容となってしまっています。
 やはり適切とは言えないと思います。
 そこまで言及されるならば、何らかの根拠の明示が必要であり、「こうだろうな」では済まないと思います。


2)「報道記事ではない」とのご指摘について
 仰るとおり、貴殿のブログは報道記事ではありません。
 当方が、「ブログを行うことは、報道機関を持つことと同義」としたのは、前回の投稿にも記載しましたが、あくまで私見です。
 絶対的なものではありません。異論もあると思います。
 しかし、ネット上の言論も、法的紛争になっていることはご存知と思います。大衆に公開されるという点では、電波に乗せるテレビ局も、ネットワークに乗せる個人のブログも差異はないと思います。
 すべての事案で、名誉毀損や不法行為が成立している訳ではありませんが、ブログとて、「個人的日記である」「思うところを載せている」というだけでは済まないのも事実と思います。一定の制約があろうかと思います。
 実際、日々の記事に載せる画像は、一定のガイドラインに添って行っていらっしゃると思います。
 その事は、ブログが、他人の権利関係を侵害する可能性があることをご認識されているからではないでしょうか?


3)批判することの是非について
 お返事の中に、「料金が高い、館員の対応がなっていない…」という内容につき、記載することに何の問題があるのかという趣旨のご指摘がありました。
 批判にも二種類あります。
 一つは、今後の改善につながる建設的な批判、今一つは、何の生産性もない批判です。
 1)で述べましたが、細見家の資産形成に関する事項などは、単なる人格攻撃になってしまっていて、何かをもたらすものではないと思います。
 それに対して、若冲展の展示に関する千葉市美術館に対するご意見は、観覧者の率直な意見であり、正当と感じます。今後の展示のあり方にもつながります。また、例示された内容の批判は、正当と思います。
 両者は、明確に区分されるべきと思います。

 今回の展覧会に細見美術館さんに対して言及するならば、「折角の回顧展なのだから、所蔵している代表作を貸し出しても良いのでないか?それが、所蔵者として社会に還元するあり方ではないか?期待している者として残念である」という程度にとどまると思います。
 やはり、「この美術館の素性をみた」「ここの一族がどうやって資産を形成したは知らないが」というのは適切ではないと思います。


4)その他
 細見美術館さんは、昨年だけでも、①記事内のご指摘されている大阪・京都・東京・名古屋の髙島屋さんでの「日本の美と出会う-琳派・若冲・数寄の心-展」、②岡崎市美術博物館、弘前市立博物館、岩手県立美術館での「琳派・若冲と雅の世界展」を開催されています。
 ②の展覧会は、今年も開催され、富山県立水墨美術館、北海道立函館美術館、大丸神戸さん、北九州市立美術館に巡回します。

 今回の「伊藤若冲アナザーワールド展」に出品されない事情としては、このあたりもあるのではないでしょうか。
 私見ですが、首都圏や関西圏のように、著名絵師・画家の回顧展や海外美術館の展覧会に恵まれている場所に出品するくらいならば、滅多に貴重な作品を見ることのできない地域に貸し出す方が、余程意義があると思います。
 損得もあるでしょうが、所蔵者としての心意気を感じる面もありますし、「美術品は公共のもの」と考えていることの証左と指摘できる部分もあります(単に私が能天気だけかも知れませんが…)。
 美術館からの持ち出しを一切認めないとする遺言だの契約だのが横行するアメリカの所蔵者(バーンズ・コレクションやフーリア美術館など)や「所蔵絵画を棺桶に入れて燃やしてくれ」といった日本の資産家よりはるかに真っ当と思います(どうでも良い話ですが、1994年に例外的に開催されたバーンズ・コレクション展の当時、私は幼かったので、見に行けませんでした)。

 以下、論点とずれます。

 当方、様々な美術ブロガーの方の記事を拝見します。そして、展覧会に行く際の参考としたり、時期や地理的事情から行くことのできない展覧会の雰囲気や熱気を知る手段としています。
 貴殿ではないのですが、良く散見される表現として、「この作品は見飽きた」「数年前の展覧会で見ている」というものがあります。
 こういう記載は、とてもガッカリしますし、憤りも感じます。
 (前述のとおり)大規模展覧会に恵まれ、週末の度に展覧会に行くことのできる幸福や有り難味を「どう考えているのだろうか?」と感じます。
 今回の若冲展に細見美術館さんの作品がなかったのは、残念であり回顧展として、画竜点睛の感があることは事実と思います。
 しかし、他の素晴らしい作品をご覧になる機会に恵まれている訳です。
 稚内・根室・那覇や与那国島に居住されている方は、時間を割き、多額の旅費を払わねば見られません。この地域にも、美術愛好家の方はおられます。
 その点を考慮すれば、同時期に地方で「細見美術館展」を開催する以上、仕方がないと思います。
 私も恵まれた地域に居住していますので、展覧会に足を運ぶ機会に恵まれていますが、中々機会のない地域の方々に思いを致したいと思います。


 末尾ですが、今後の投稿がご迷惑であれば、その旨、ご記載下さい。
 また、「必須」されているメールアドレスですが、前回も今回も架空のものです。
 ①今後の展開が予測が付かないこと、②必須とされる趣旨を図りかねたこと(必須としないブログもあるので)、当方のアドレスを通知することを躊躇しました。
 当方のような意見する者の態度として、決して望ましくないものです。
 ご批判は、甘んじてお受け致します。

投稿: 訪問者 | 2010.06.21 21:46

いつも拝読させていただいておる者です。一点、ご教授ください。「本格的な回顧展となると・・・原則貸し出し料は入ってこない。」ということですが、本当でしょうか?貸し出し料は、普通あるのではないのでしょうか?

投稿: E1E1 | 2010.06.21 21:57

to むらさきさん
はじめまして。
細見の展覧会の情報ありがとうございます。
高島屋のあとも全国を巡回していることは
知りませんでした。10月は函館ですか。

投稿: いづつや | 2010.06.22 00:45

あら!大変なことになっていますね。

今回は個人蔵の絵がたくさん出ていて驚きました。
それはそれで滅多にお目にかかれませんからよかったと
思っていましたけど。。
アナザーワールドと名を打つだけあって、こんな嗜好も
いいものだと単純に思っておりました。

美術館にはモノ申したいこともありますから
いづつやさんのお気持ちもわかるような気はします。
私も某美術館に行くたびアッタマに来た~!!と
思うところも。
だから微笑ましく思いながら読ませていただいたのです。
相手は美術館ですから私たちの言う事など犬の遠吠え?
(あら、こんな言い方でよかったかしら?)
こんなささやかな場所でたまには大声で叫びたくもなります。

投稿: まりりん | 2010.06.22 01:04

to 訪問者さん

何度もいうようですが、記事は細見家や細見美への
人格攻撃ではありません。ここのコレクションは質
が高いことは知ってますが、料金が高いことや、館員の
無愛想な態度に好感がもてないといっているのです。

ニュースレターに普通の美術館はお金とらないのに、
ここはお金をとる。こういうことをするから、お里が
知れるというのです。不愉快なことを感じればこれく
らいのこといいますよ。当たり前ではないですか。
自分のブログですからね。

細見美はデパートや地方の美術館で若冲作品を公開し
ているようですが、MIHOと静岡・千葉でビックな回顧
展が開かれることはわかっているのに、そこへ1点しか
協力しないというのはやはり、美術品が公共のものと
いうことが真にわかってないですね。

デパートや地方の美術館で館蔵の名品展をやるのは自分
の美術館のPR、プロモーション活動をしたいからでしょう。
‘京都へ来られたらどうか細見美へおでかけ下さい。うち
にはもっといいのがありますから’

ですから、私的な美術館の活動を優先させて、多くの若冲
ファンが楽しみにしている公的な性格をもった回顧展へは
出品を嫌がっているととられても仕方がないでしょう。

若冲のコレクションで名の知れた美術館、お寺、個人が
ほとんど出品しているのですよ。若冲本で最も権威のある
‘伊藤若冲大全’(京博編、02年小学館)に細見蔵もいく
つも載ってます。なのに、1点しか出さない。

これはダメですよ。若冲ファンは細見の名画をみたいと思っ
ている人も多いのですから。こういうときにファンの期待に
応えてくれたら、細見は若冲を愛しているすばらしいコレク
ターということになるのですよ。そして、好感度が上がる。
唯ひとり、逆のことをやってるのですから、好感度は下
がります。

もうコメントは結構です。

投稿: いづつや | 2010.06.22 02:35

to E1E1さん
美術館の館長さんから聞いた話だと、国内にある
美術館同士で作品を貸し出したり、借りたりする
とき、原則お金をもらったり、払ったりすることは
ないとのこと。

海外の美術館から借りるときはお金を払います。

投稿: いづつや | 2010.06.22 10:30

to まりりんさん
今回の‘アナザーワールド’には個人蔵が沢山
でてます。このなかには既存の若冲本に載って
ないすばらしいのがいくつもありました。
‘百合図’や‘鶏図’などです。こういうコレ
クターには頭が下がります。

これに対し、細見美は地方の美術館やデパートに
作品をだしているとはいえ、展示期間を短くす
るとかいろいろ工夫すれば回顧展に名画を出品
できるのにそれをしない。好感度が下がるのは当た
り前です。
 
若冲ファンの間で大回顧展に出品しなかった美
術館として長く記憶されると思います。

まりりんさんが体験されたように美術館では不愉快
なことが結構ありますよね。民間の企業と比べたら
びっくりするほどお客様対応が遅れてます。

私もいろんな美術館を体験してますから、どこが
上目線で観客をみているかはよく知ってます。です
から、ときどき爆発するのですよ。こんなネタだったら
ごまんとあります。コレクションの質とかのバランスを
考えて口にしないだけです。

投稿: いづつや | 2010.06.22 11:52

はじめまして。
今年になって若冲に興味を持ち、MIHOとこんぴらと千葉に回りました。次は関西の美術館などかなと思い、細見を検討していました。
細見そんなに酷いですか?

あとお教えいただきたいのですが、愛好者側から見て所蔵館ではなく、大規模展に展示されるメリットとはなんでしょうか?
わたしは所蔵館に旅行がてら行くのも楽しみのひとつかなと考えています。こんな考えは少数派なのでしょうか?皆さん大規模展にはあらゆる作品が網羅されていないと納得出来ないのでしょうか。

鑑賞の素人ですので失礼はお許し下さい。しかしながら記事を拝見して感じましたので思うまま書かせて頂きました。

投稿: 近藤 | 2010.06.22 14:20

to 近藤さん
はじめまして。書き込みありがとうございます。
‘細見そんなに醜いですか?’すごいことを
お尋ねになりますね。

美術館との相性は人それぞれでしょうね。
My好感度は低いということでして、近藤さんが
そう感じられるかはわかりません。
作品の数の割りに料金が高いのと館員の態度が
無愛想というのが2度の訪問で受けた率直な
印象です。

じつは今週土曜に箱根のポーラ美へ杉山寧の絵を
みに行くことにしています。この美術館は料金が
高いのに駐車料金500円までもとられるので、
本当は行きたくないのです。

駐車料をとるなんてほかの美術館ではありえない
ことをここはやっているので、好感度は最悪です。
でも、好きな絵をみるためにでかけます。

このように所蔵作品と運営に対する評価はわけて
考えてまして、細見だって見たい若冲の絵が展示
されれば京都へ足を運びますよ。もちろん、みたい
絵を見尽くしたら、さっと縁をきりますが。

MIHOとこんぴら、千葉で若冲をみられたら、もう
済みマークがつくのではないですか。1年ちょっと
でその状態ならすごく効率のいい鑑賞ですね。

私の場合、展覧会にたいする関心の8割は回顧展が
占めてます。どの画家でも回顧展を2度体験するの
が夢ですね。学芸員が回顧展を企画するのは画家への
オマージュですね。偉大な芸術家、若冲の回顧展を
1年のうちに2度も開催するというのはほんとうに
すばらしいことだと思います。

今回若冲作品を所蔵していることで名の知れた美術館
、お寺、個人がこぞって協力したのも所蔵家たちの
若冲へのオマージュの表れではないでしょうか。
ですから、回顧展というのは好きな画家が生み出した
作品の数々を楽しめる絶好の機会であるとともに、画家
への思い入れの深さを確認する場でもあるわけです。

また、個々の美術館やお寺を訪ねていき作品と対面す
るのもじつに楽しいですね。ですから、こういう体験
を積みかさねながら、じっと回顧展を待つというのが
いいのではないでしょうか。私も5月ローマで、カラ
ヴァッジョ展をみたあと、教会にあるカラヴァッジョ
作品めぐりをしてきました。

投稿: いづつや | 2010.06.22 15:56

私は細見美術館、好きなのですが、今回の若冲展に対して、そんな思惑があったのかなぁと思いました。いずれにしても冷静な読者はこれはいづつやさんのひとつのご意見、感想だと分かっていると思います。しかし、ブログにも公共性が問われるようになっているんですね。こちらの方が怖いです。

投稿: 一村雨 | 2010.06.23 06:36

to 一村雨さん
細見美の館自体は醜いどころか洒落てますから、
女性には人気がありますし、一村雨さんのように
好きな人も多いでしょうね。料金、館員の対応に
もいろいろ感じ方があるでしょう。ですから、
わざわざMy○○、My△△とMyを多用して返事し
ているのですが、、、

細見が金儲け主義だなと思うのは、普通の美術館
が無料で置いているニュースレターにもお金をとる
ことです。呆れました。これが決定的に好感度を
下げてます。

こんな美術館が地方の美術館に所蔵品を無料で貸し
出すはずがありません。ちゃんとリターンをとるの
ですよ。これ全国展開の私的な営業なんです!ほか
の美術館に1、2点貸し出しても、お金は入ってき
ませんが、まるごとの場合はちがうのです。ですから、
貸し出し料、図録、グッズの売り上げでしっかり
美術館ビジネスをやっているのです。若い方は純粋
だから、こういうことに頭がまわらないのでしょう。

都内にある私立のブランド美術館でも地方の美術館
でときたま名品展を行います。以前、大倉集古館が
島根県美で、五島美が岡山県美で開催しました。
でも、これは館長のつながりとかなんらかの縁で実現
した単発的なものです。

根津美でも三井記念美でも改修工事期間中、蔵品展
を地方で開催したりしませんし、静嘉堂文庫も貸し
出しません。ですから、細見の全国巡回展はその
狙いがどこにあるかくらいすぐわかるのですよ。
これは美術館関係者なら常識です。

細見美はこの巡回展を優先して、2度あったビッグな
若冲展に1点しか協力しなかったのですから、評判を
大いに下げたと思いますよ。巡回展をしているとはいえ、
展示期間とか作品を調整すれば、回顧展にも皆が
期待している名画を出品できたはずです。

これをしないというのは、若冲へのオマージュの気持
ちがないととられても仕方がありません。若冲作品
を所蔵していることで名の知れた美術館、お寺、個人
がみな偉大な芸術家、若冲へ最大の敬意を示し、日本
にある代表作のほとんどが結集したというのに、細見
だけは‘今回はエクスキューズです、ごめんなさい!’
ですからね、参ります。

真に若冲を愛するコレクターだったら、‘京博はんは
何をお出しになるの?5点、そうどすか。西福寺はん
は4点全部出しはるの、じゃあ、私のところも、巡回
展やってますが、出品作を調整して一番の自慢の
○○、△△を出しますわ、それでよろしいか’と
なるでしょうね。

だが、ここはちがうんですね。細見は公的な性格を
もった回顧展より、私的な美術館ビジネスを優先させ
るのですよ。ほかの若冲コレクターがどんな目でみて
いるか容易に想像がつきます。

こういう大きな声ではいえない美術館ネタは沢山あり
ますから、また、暑気払いの席でたっぷりと。

投稿: いづつや | 2010.06.23 16:48

こんばんは。

お疲れさまです。

暑くなって参りました。
美味いビールでも飲みに行きましょう!

ほんと、お疲れさまです。

投稿: Tak | 2010.06.26 22:34

to Takさん
若冲展も明日で閉幕ですね。象と鯨の絵をみられて
なによりです。折り曲げなかったら、2倍感動され
たと思います。それが残念でした。

暑くなりましたから、お好きなサッカーが終わったら、
また飲み会のアレンジお願いします。まったくご案内
にあわせますので。

投稿: いづつや | 2010.06.27 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若冲展で好感度が急降下した細見美術館!:

« 展示方法にガッカリの‘伊藤若冲 アナザーワールド’! | トップページ | お楽しみ‘北斎とその時代展’! »