« ストラスブール美術館を知っている? | トップページ | 散歩で街角ウォッチング! 紫陽花の青が目に沁みる »

2010.06.15

ミュシャデザインのゴージャスな宝飾品にメロメロ!

1650_2         ミュシャの‘夢想’

1651_2    ミュシャデザインによる蛇のブレスレットと指輪

1652_2    ‘サマリアの女’

1653_2    ‘自力Ⅱー犠牲と勇気’

ミュシャがデザインした有名な宝飾品をみるため、三鷹まで足をのばした。今年はミュシャ(1860~1939)の生誕150年に当たり、これを記念して現在、三鷹市美術ギャラリーでは回顧展(5/22~7/4)が行われている。ギャラリーはJR三鷹駅の改札を出て左手に進んですぐのビルの5階にある。ここへ来るのは二度目だが、駅に隣接してるのと同じだからアクセスは楽。

ミュシャ展へ3回もでかけるのは少女雑誌にでてくるような麗しい女性の絵とプラハ時代の油彩のヴァリエーションを増やすため。装飾パネル‘夢想’は東京都美(拙ブログ05/1/29)にも日本橋高島屋(07/1/11にもあったが、装飾的にデザインされた円形の花柄模様を背にした美形の女性を毎度うっとりながめてしまう。これと同じくらい好きな‘黄道十二宮’も軽く会釈をしてみた。

ビスケットやビールの宣伝ポスターや女優サラ・ベルナーレが主演した舞台、‘ジスモンダ’や‘メディア’などの縦長ポスターをみながら進んでいるが、心はミュシャがデザインした蛇のブレスレットと指輪に向かっている。ありました、ありました!このゴージャスな宝飾品が堺市のミュージアムにあることを知ったのは5年前。いつかここを訪れなければと思いつつも、なかなか機会がなかった。それが幸運なことに三鷹までお出ましいただいた。ミューズに感謝!

蛇が苦手なんていってられない。金に七宝、ルビー、ダイヤモンドをはめこんだこの指輪とセットになった腕輪を夢中になってみた。フーケはこれを複数つくったが、その一つが日本の土井君雄氏(故人、カメラのドイの創業者)のコレクションのなかにあったというのがすごい。これをみれたのは一生の思い出になる。

東京都美の展覧会ではミュシャがプラハに帰ってから描いた油彩に心を揺すぶられたが、今回もいいのが揃っている。そのなかでとくに魅せられたのは‘少女の像’(西ボヘミヤ美)、‘サマリアの女’(プラハ国立美)と大作‘自力Ⅱー犠牲と勇気’(プラハ市美)。ミュシャの作品を存分に楽しむことのできるすばらしい回顧展だった。

なお、三鷹のあと次の美術館を巡回する。
・北九州市美:7/17~8/29
・高崎市美&高崎市タワー美:9/18~11/7
・堺市博:11/2/5~3/21
・いわき市美:4/9~5/22
・金沢21世紀美:5/28~6/26

|

« ストラスブール美術館を知っている? | トップページ | 散歩で街角ウォッチング! 紫陽花の青が目に沁みる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/48641394

この記事へのトラックバック一覧です: ミュシャデザインのゴージャスな宝飾品にメロメロ!:

» 生誕150年 アルフォンソ・ミュシャ展 @三鷹市美術ギャラリー [Art & Bell by Tora]
 「三鷹市制施行60年記念」ということだが、実際には全国7箇所の巡回展。中心は「堺市文化館」(訪問記はこちら)所蔵のものであるが、チェコやフランスの美術館・博物館からも出展されている。(作品リストはこちら)。 章立ては以下のようであるが、関連展示物は並んで展示されているので、見やすい。 第1章 パリ時代  1.絵画とデッサン: 《フルショヴァニー城の衝立(西風とニンフ)》(以前の記事に画像)や《ローマの火災を見るネロ》といった油彩画は一見の価値がある。前者はチェコ国立モラヴィア美術館・ブ... [続きを読む]

受信: 2010.06.17 20:19

« ストラスブール美術館を知っている? | トップページ | 散歩で街角ウォッチング! 紫陽花の青が目に沁みる »