« 朝鮮民画をみる楽しみ! | トップページ | フラ・アンジェリコの手 vs シュルレアリストの手! »

2010.04.13

もっとみたい文字絵!

1455_2             ‘信’

1456_2   ‘禮義’            ‘孝悌’              ‘忠信’

1457_2    ‘風雨風虎’                  ‘龍馬’

1458_2           ‘忠’

06年、民藝館であった‘朝鮮民画展’のとき、図録はいつものように用意されてなかった。が、前年の05年9月にソウル歴史博物館で開催された‘うれしい!朝鮮民画展’の図録があったので、すぐこれを購入した。

この展覧会には日本民藝館、倉敷民藝館、静岡市芹沢銈介美、高麗美、天理大学付属天理参考館などが所蔵する民画120点が出品されたが、大半は日本の美術館にあるものだった。

日本でもこの展覧会が開催されることを強く願っていたが、残念ながら実現しなかった。でも、この図録が手に入ったから時々頁をめくり、民藝館蔵品やほかの美術館にある民画のいろんなヴァリエーションに感じ入っている。一人で楽しむのはもったいないので、おもしろい文字絵をいくつか紹介したい。

‘信’は昨日取り上げた初期の文字絵と同じタイプのものだが、字の中に挿入された絵がくっきりわかるのでみてて楽しい。‘ィ’(にんべん)には虎がおり、‘口’の左には頭が人で身が鳥の鳥人間がみえる。この鳥人間をはじめここに登場するモティーフは‘信’という文字に関連する故事を表すために描かれている。

大変興味深いのが飛白体の‘禮義、孝悌、忠信’。飛天を連想させる流れるような字画に人物や鳥、魚が描かれている。絵と文字のこの見事なコラボのインパクトは大きい。ダリやマグリットのダブルイメージから受けるのと同じくらいの新鮮さがある。とくにハットするのが人物。この図録には49の文字絵が載っているが、人物画がでてくるのはこの3点だけ。朝鮮の絵師たちの豊かな発想にはまったく恐れ入る。

‘風雨風虎、龍馬’も同じく飛白体の文字絵。じっと眺めていると、文字と絵がじわじわ融合してきて、タイトルがイメージできるようになる。‘風雨風虎’はまわりの角々した枠は風の字を思わせるし、上のほうは雨の感じ。‘龍烏’も上のくねくね曲がる線が龍で、下が馬の字というのがなんとなくわかる。絵が上手いとか下手とかでこれをみてもしょうがない。自由で屈託のない絵心にとても惹かれる。

‘忠’という字で最もおもしろいのが龍、鯉、亀が描かれたもの。ソウルであった展覧会のタイトルの通り、‘うれしい!文字絵’である。一番上の‘信’を除く3点は静岡の芹沢美の所蔵。いつか、ここで本物と対面したい。

|

« 朝鮮民画をみる楽しみ! | トップページ | フラ・アンジェリコの手 vs シュルレアリストの手! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっとみたい文字絵!:

« 朝鮮民画をみる楽しみ! | トップページ | フラ・アンジェリコの手 vs シュルレアリストの手! »