« 美しい色がふわふわ気分にさせる小野竹喬展! | トップページ | 高島屋横浜店の大九州展にカステラの松翁軒が出店! »

2010.03.26

ホテルニューオータニの安田靫彦展 花を愛でる心!

1400_2        ‘女楽の人々’

1398_2   ‘菊慈童’

1399_2   ‘紅梅高麗扁壺瓶’

ホテルニューオータニのなかにある美術館で現在、‘安田靫彦展 花を愛でる心’
(3/13~4/18)が開かれている。作品数は歴史画、花鳥画31点と写生43点。

安田靫彦(1884~1978)の絵は昨年、茨城県美の回顧展(拙ブログ09/3/2)、千葉市美の‘大和し 美し 川端康成と安田靫彦’(09/4/27)と2回まとめてみる機会があったから、しばらくはないだろうと思っていたら、この時期ここと川崎市民ミュージアムのコラボにより再度登場してきた。

歴史画は2年前あった‘源氏物語の1000年展’(横浜美)ではじめて遭遇した‘紅葉賀’(08/9/11)がとても気に入っている。回顧展にも展示されたから、3年続けてみたことになる。この絵がその巧みな構図に魅了されるのに対し、‘女楽の人々’は衣装の美しい色合いに釘づけになる。

とくに真ん中の背をこちらむけている女の鮮やかな赤とうす紫、うす緑の組み合わせが心に響く。こういう濁りのない瑞々しい岩絵の具の色をみると、日本画の魅力はルネサンスのフレスコ画同様、色にあることを再認識させられる。また、伊勢物語(あまのかは)’や‘八橋’にでてくる男性貴族が着ている直衣(のうし)の青も目に心地いい。

五島美が所蔵する‘菊慈童’をみるのは15年ぶり。童子は700年も菊の葉から滴る露を不老不死の薬として飲んでいるのでかくも若々しい。手に持っている菊をわけてくれない?

靫彦が最も愛した梅の絵は5点ある。足がとまるのは‘紅梅高麗扁壺瓶’。形のいい中国陶磁の壺に活けられた紅梅の赤と優雅に曲がる枝ぶりがとても印象的。

今年国宝・重文指定になる美術品が先ごろ決まったが、明治以降の日本画では前田青邨の‘洞窟の頼朝’が選ばれ(3/20)、安田靫彦の代表作‘黄瀬川陣’は先を越されてしまった。小林古径はすでに‘髪’(永青文庫)が重文になっている。

安田、小林、前田は誰もが認める日本画の巨匠なのに、‘黄瀬川陣’の重文指定を遅らせる理由がわからない。毎年1点にとどめる必要もなく、名画はどんどん重文にすればいいと思っているのだが。さて、来年選ばれるのは?

|

« 美しい色がふわふわ気分にさせる小野竹喬展! | トップページ | 高島屋横浜店の大九州展にカステラの松翁軒が出店! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテルニューオータニの安田靫彦展 花を愛でる心!:

» 安田靫彦展ー花を愛でる心 @ニューオータニ美術館 [Art & Bell by Tora]
 川崎市立ミュージアムの「安田靫彦展ー歴史画誕生の軌跡」(記事はこちら)と同時開催の展覧会。副題はそれぞれ違うが、内容的にはほぼ同様。合わせて一本といった形の展覧会である。 川崎の図録には作品の解説が載っているが、ニューオータニの図録には解説が載っていない。そこで今回の展示のキャプションの内容や自分の感想の主なものを以下に記して、これからご覧になる方の参考に供したい。 第一章「歴史画」 ・《紅葉の賀》: 紅葉を楽しむ舟遊びの公家。派手な色彩。 ・《羅浮山》: 右図。隋の趙師仙が梅の名所の羅... [続きを読む]

受信: 2010.04.01 21:33

» 「安田靫彦展」 [弐代目・青い日記帳 ]
ニューオータニ美術館で開催中の 「安田靫彦展−花を愛でる心」に行って来ました。 ホテルの中にある小さな美術館でありながら、日本画と西洋画の学芸員さんがいらっしゃるので、毎回安定した高レベルの展覧会を開催してくれます。交通の便もよく駅からも近く、午後6時まで開館しているといったイイことずくめ。 文化勲章を受章し、日本美術院の初代理事を務め94歳まで活躍した安田靫彦ですが、身体が弱く大きな作品はほとんど描くことがなかったそうです。海外渡航歴も無し。それだからこそ、安田は身の回りの小... [続きを読む]

受信: 2010.04.10 11:42

« 美しい色がふわふわ気分にさせる小野竹喬展! | トップページ | 高島屋横浜店の大九州展にカステラの松翁軒が出店! »