« 祝 スピードスケート女子団体追い抜きで銀メダル獲得! | トップページ | ビバ!イタリア カピトリーニ美(1) 傑作揃いの古代彫刻! »

2010.03.01

ビバ!イタリア ローマ国立博(2)心を打つ‘ルドヴィシの玉座’!

1296_2    ‘ルドヴィシの玉座・ヴィーナスの誕生’(正面)

1297_2    ‘ルドヴィシの玉座・フルートを吹く巫女’(左側面)

1299_2       ‘妻を殺害して自害するガラティア人’

1298_2    ‘ルドヴィシ石棺・ローマ人とゲンマン人の戦い’

ナボーナ広場のすぐ近くにあるPALAZZO ALTEMPSはジェズ教会をみた後に寄った。テルミニ駅前のマッシモ宮のギリシア彫刻に続いて、ここでもサプライズの連続だった。

お目当ての一番は‘ルドヴィシの玉座’。これは本物。前460年頃の浮彫で、正面に‘ヴィーナスの誕生’、左側面に‘フルートを吹く巫女’、右側面に‘香をたく女’が表されている。目を奪われるのがホラの女神にアシストされて海から生まれ出るヴィーナスの髪と海水に濡れた衣裳の繊細な線。

香をたく女の体は着衣と頭巾で覆われているのに対し、フルートを吹く女は裸体で足を組みオーケストラの楽団員のように熱の入った演奏をみせている。この有名な浮彫が最初行ったマッシモ宮になかったのであせったが、ちゃんとみれたので一安心。

ヘレニズム時代の前220年頃つくられた‘自害するガラティア人’にも大変魅了された。これは原作のブロンズ像をローマ時代に大理石で模刻したもの。この高さ2.11mの大きな彫刻が心を虜にするのはそのすばらしい形。男は左手で死んだ妻の手をささえ、右手に持った短剣を首の下あたりに突き刺している。視線が集中するまっすぐ立った短剣の先からは鮮血が吹き出ている。

原作はペルガモン王国アッタロス1世(前240年~230年)の戦勝記念碑としてつくられた。ガラティア人は前300年頃にドナウ河を下り、バルカン半島を通って小アジアに住みついた中央ヨーロッパのケルト民族。エーゲ海に面するペルガモン王国はこのガラティア人に悩まされ続ける。

ガラティア人との戦いに勝利したことを記念してつくられたのはこの像と‘瀕死のガラティア人’(カピトリーニ美)。戦いに敗れたガラティ人は妻が捕虜になって辱めを受けないように自らの手で殺害し、その後自分も自害する。こんな劇的な瞬間を表現した彫刻はみたことがない。言葉を失ったまま、像のまわりをぐるぐるまわってみた。これは一生の思い出になる。

もうひとつすごい石棺浮彫があった。260年頃のローマ彫刻‘ローマ人とゲルマン人の戦い’。ローマ軍団の兵士たちが蛮族のゲルマン人を蹴散らし打ちのめしている場面が描かれている。左側で眉間にしわをよせ相手を威圧する兵士の険しい顔が目に焼きつく。戦闘の叫び声や馬のいななきが聞こえてくるよう。本当にいいものをみた。

|

« 祝 スピードスケート女子団体追い抜きで銀メダル獲得! | トップページ | ビバ!イタリア カピトリーニ美(1) 傑作揃いの古代彫刻! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビバ!イタリア ローマ国立博(2)心を打つ‘ルドヴィシの玉座’!:

« 祝 スピードスケート女子団体追い抜きで銀メダル獲得! | トップページ | ビバ!イタリア カピトリーニ美(1) 傑作揃いの古代彫刻! »