« お知らせ | トップページ | ビバ!イタリア  念願の‘ロンダニータのピエタ’と対面! »

2010.02.01

ビバ!イタリア  圧倒的な存在感のミラノのドゥオーモ!

 1182_5   ドゥオーモ(画像はクリックすると拡大)

1183_3   ガッレリーア・ヴィットーリオ・エマニュエル2世

1185_3   スカラ座広場のダ・ヴィンチ像

1184_3   スカラ座

4年ぶりに大好きなイタリアを訪問し、名所観光や美術館めぐりをしてきたので、イタリアの話が続きます。しばらくお付き合いください。

今回のイタリア旅行もいつものようにA旅行会社の団体ツアーを利用した。参加者は37人、これくらいの大人数になると添乗員Tさんはかなり神経を使うにちがいない。訪問したところはミラノ、ベネツィア、ラベンナ、サンマリノ共和国、フィレンツェ、シエナ、アッシジ、ローマ。この中には世界遺産が8つ入っている。まずは初日のミラノから。

ミラノへはミュンヘン経由だったのだが、ミラノ・マルサンペ国際空港が濃い霧のため、ミュンヘン空港では飛行機のなかで1時間待たされた。どうなることやらと心配したが、運良く霧につつまれるミラノ空港に着陸することができた。ホテルへ向かうバスの運転手の話ではわれわれの前の便はジェノバに降りたとのこと。

空港周辺の濃い霧をみて、ミラノをはじめて訪問したときのことを思い出した。1982年の11月、友人3家族(皆日本人)で当時住んでいたジュネーブからクルマを2台連ねてミラノをめざした。ところが、これまで経験したことのない深い霧に遭遇した。クルマ前方の視界は5mくらいしかない。こんな最悪の走行状況だから、運転手をつとめていた友人は思わずブレーキをかけ止まることが2,3回あった。

この有名なミラノの霧にまたでくわし、ミラノ入りが遅れたが、その日のうちにホテルにチェックインできたのは幸運なことであった。

ミラノ観光の目玉はなんといっても圧倒的な存在感をもつドゥオーモ。このゴシック建築の大聖堂が観る人の心を奪うのはその外観。天を突き刺すようにのびる小さな尖塔(全部で135本)がつくるフォルムはほかの聖堂とはまったく異なる。これを見るのは3度目だが、水晶の結晶体を思わせるトゲトゲ感に毎回緊張する。06年のときは中に入らなかったので、久しぶりに見事なステンドグラスを息を呑んで眺めていた。

開放的な気分になるのが十字型の商店街にガラスと鉄のドーム屋根をかけたアーケード、ガッレリーア・ヴィットーリオ・エマニュエル2世。中心部のところにPRADAの本店があり、向かい側にロゴマークの色を変えたマグドナルドがある。

このアーケードはドゥオーモ広場とスカラ座広場を結んでおり、オペラの殿堂スカラ座にもすぐ行ける。広場にあるダ・ヴィンチ像の前では誰でも写真を撮りたくなると思うが、スカラ座はちょっと躊躇する。まだなかに入ったことないが観客席は豪華絢爛、これに対し外装はえらく地味。いつか、ここでヴェルディの‘ナブッコ’を鑑賞するのを夢見ている。

|

« お知らせ | トップページ | ビバ!イタリア  念願の‘ロンダニータのピエタ’と対面! »

コメント

お帰りなさい。
今回はイタリアに行かれたんですね。
いづつやさんのように行きたいところへ何時でも行けるご境涯って、羨ましい限りです。
また、解説とともに絵の画像をアップされることを楽しみにしております。

投稿: アキラ@ | 2010.02.02 17:02

はじめまして、新参者のgaraと申します。美術の見方をこちらで教えていただいております。毎回わくわくしながら読んでいます。さて「ナブッコ」ですが、私もこのオペラ大好きです。初台の新国立劇場へ10年ぐらい前に聴きに行きました。『行け、わが想いよ。黄金の翼に乗って』の合唱は忘れられません。

投稿: gara | 2010.02.02 23:20

to アキラ@さん
生涯I LOVE イタリアですから、イタリア
旅行は最高の楽しみです。今回も絵画、彫刻で多
くの収穫がありました。これらをできるだけ沢山
披露しようと思います。しばらくお付き合いく
ださい。

投稿: いづつや | 2010.02.03 00:32

to garaさん
はじめまして。書き込みありがとうござい
ます。ルネサンスはライフワークにしてま
すから、イタリアへは何度でも行こうと思
ってます。

ナブッコが大好きな方とお話ができてとても
嬉しいです。‘行け、わが想いよ’は本当に
いい歌ですね。これを聴くたびにオペラに
接していてよかったなと思います。

これからもよろしくお願いします。気軽に
お越し下さい。

投稿: いづつや | 2010.02.03 00:40

井筒 様

イタリア旅行をご一緒させて頂いた中谷といいます。
ブログを拝見していて、スカラ座の脇を走り抜けるお二人の後姿を思い出しました。団体ツアーの見事な活用術を目の当りに、何の計画も無くブラリと出かけた私は一体何事かと?
でも、ブログを拝見して、井筒様とのご縁に感謝感謝です。
宗教、哲学、思想などとは殆ど無縁の日常ですが、イタリア旅行の余韻をまだ楽しんでいられるなんて・・・。
どうぞスカラ座での’ナブッコ’叶います様に願っています
お身体ご自愛のほど、奥様にも宜しくお伝え下さいませ。
                         中谷

投稿: 中谷 洋子 | 2010.02.04 11:02

to 中谷 洋子さん
イタリア旅行、こちらこそお世話になりました。
すこし寒かったですが、本当に楽しくすごせま
した。今回追っかけ絵画や彫刻の相当数を
みることができましたので、それらをなるだけ
多くとりあげることにしてます。しばらくお付き
合いください。

これからもよろしくお願いします。なにか、
美術館のことや作品のことでお知りになりたいこ
とがありましたら、気軽におっしゃってください。
美術館めぐりのお手伝いをさせていただきます。

投稿: いづつや | 2010.02.05 01:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/47453816

この記事へのトラックバック一覧です: ビバ!イタリア  圧倒的な存在感のミラノのドゥオーモ!:

« お知らせ | トップページ | ビバ!イタリア  念願の‘ロンダニータのピエタ’と対面! »