« 大入り満員の映画‘カラヴァッジョ 天才画家の光と影’! | トップページ | ボルゲーゼ美展にベルニーニ、カラヴァッジョがやってきた! »

2010.02.15

ビバ!イタリア  二度目のシエナでミケランジェロに遭遇!

1235_2   ドゥオーモ

1236_2         ドゥオーモ内のピッコローミニ祭壇

1237_3   ミケッランジェロの‘聖パウロ’(左)と‘聖ペテロ’(右)

1238_2   カンポ広場とマンジャの塔

シエナ観光は午前中のみ、その後はアッシジへ向かう。ここを訪れたのは二度目。前回からまだ4年しかたってないので町の様子はよく覚えている。サリンベーニ広場やメインストリートのバンキ通りまでは一緒にガイドさんについていったが、ドゥオーモの説明を聞いたところで皆さんと別れ、この大聖堂の中へ入った。集合時間まで40分ちょっとしかないから忙しい。

前回みたピサーノがつくった大理石のライオン像が交互に配置されている八角形の説教壇や床一面に施されている見事な象嵌装飾はさらりとみて、ミケランジェロ(1475~1564)の彫像が4体あるピッコローミニ祭壇の前に長くいた。これはミケランジェロの
20代後半の作品で、あの‘ダヴィデ’と同じ時期に制作された。

I LOVE ミケランジェロなのに添乗員のTさんに教えてもらうまではここにミケランジェロの彫刻があることをまったく忘れていた。というのも、今回頭の中はここにあるベルニーニ作、‘聖ヒエロニムス’と‘マグダラのマリア’のことでいっぱい。4年前、中に入ったのにキージ礼拝堂にあるこの2体の情報がなかったため、見逃してしまった。日本に帰り図録で知ったが後の祭り。そのリカバリーの機会が到来したので、朝から目は気合充分。

ところが、Tさんからは‘この礼拝堂は現在修復中かもしれない、現地のガイドさんに聞いてみます’と想定外の話。ウウーン、雲行きが怪しくなってきた。ガイドさんによるとやはり‘ミケランジェロはみれるが、礼拝堂はクローズ’。残念!

ピッコローミニ祭壇に飾る彫像はミケランジェロが全部つくるということになっていたのだが、完成したのは‘教皇ピウス1世’(真ん中の左)、‘聖グレゴリウス’(真ん中の右)、‘聖パウロ’(下の左)、‘聖ペテロ’(下の右)の4体のみ。ミケランジェロはこの頃同時進行でいくつもの作品を制作中で、途中から‘ダヴィデ’を引き受けたのでこの祭壇に手が回らなくなったのである。ベルニーニはみれなかったが、忘れていたミケランジェロの作品と遭遇できたので満足度は高い。

集合時間が押し迫っていたのでカンポ広場へ急いだ。観光客の数は前に較べると少ないが、広場のすばらしい景観は変わりない(拙ブログ06/5/13)。次はベルニーニを見るぞと思いながら、シエナの町を離れた。

|

« 大入り満員の映画‘カラヴァッジョ 天才画家の光と影’! | トップページ | ボルゲーゼ美展にベルニーニ、カラヴァッジョがやってきた! »

コメント

ドウオーモの大理石の柱をみて、ビックリしました。
そればかりみてました。

    が、

あの祭壇はミケランジェロ作だったのですか~。
(誠に ‘先達はあらまおしけれ・・・’ デス。)

ベリーニ の事もしらなかったわ~。
修復中で残念でしたね。
地球を半回りもしていったのに~。
(わたしも
ルーブルの ‘フアン・アイク:ロランの聖母’ 
とは、なぜか御縁がないのです。)

投稿: Baroque | 2010.02.16 23:50

to Baroqueさん
シエナにつくまでは頭の中はベルニーニの
ことしかなかったのですが、大聖堂でみれ
たのはミケランジェロの4体でした。

物事はなんでも思い通りにはいきませんね。
でも、これでいつかまたシエナを楽しめ
そうです

投稿: いづつや | 2010.02.17 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/47577152

この記事へのトラックバック一覧です: ビバ!イタリア  二度目のシエナでミケランジェロに遭遇!:

« 大入り満員の映画‘カラヴァッジョ 天才画家の光と影’! | トップページ | ボルゲーゼ美展にベルニーニ、カラヴァッジョがやってきた! »