« 美術大国日本 西洋絵画の名画が切れ目なくやってくる! | トップページ | 謹賀新年 10年前半展覧会プレビュー! »

2009.12.31

目を楽しませてくれた蒔絵・やきものの名品!

1140_2
1142_2
1141_2
今年の美術品鑑賞で大きな収穫だったのが漆工とやきもの。とくに蒔絵の名品が次々と現れてくれた。
★‘マゼラン公爵家の櫃’(ヴィクトリア&アルバート美)
★‘梅蒔絵手箱’(国宝、三嶋大社)
★‘龍濤螺鈿稜花盆’(重文、東博)
★‘倶利迦龍蒔絵経箱’(国宝、当麻寺)

★‘備前火襷水指’(重文、畠山記念美)
★‘三彩貼花文壺’(重文、静嘉堂文庫)
★‘唐物肩衝茶入 銘 油屋’(重文、畠山記念美)

サントリー美で遭遇したヴィクトリア&アルバート美蔵の蒔絵には腹の底からたまげた。これほど精巧かつ豪華につくられた蒔絵が海をわたりヨーロッパの貴族たちの目を楽しませていたとは。この‘japan 蒔絵展’が日本にある蒔絵の名品を呼び込んでくれたのかもしれない。お陰で追っかけ国宝の2点をみることができた。

おもしろいことに東博で‘龍濤螺鈿’の光輝くうす緑とピンクにいい気分でいたら、世田谷美でもオルセーが所蔵する孔雀の螺鈿にも遭遇した。螺鈿細工の優品が響き合うのにうまくライドした感じ。

やきものの追っかけリストには畠山記念美と根津美のものがいくつか入っている。ここ5年、畠山へは定期的に足を運び、お目当ての作品をみてきた。今年は備前の水指と肩衝茶入。どちらも本当に感激した。

静嘉堂文庫と永青文庫と出光美であった唐三彩の展覧会も印象深い。そのなかで、とくに心を打ったのが‘三彩貼花文壺’。思いがけずに出会ったのでちょっと興奮した。展示の機会は少ないが、やはりいい美術館にはいいものがある。

来年、思いの丈が叶えられるのではないかと密に期待しているやきものは次の3点。
★‘唐物肩衝茶入 銘 松屋’(重文、根津美):上の画像
★尾形乾山の‘色絵絵替土器皿’(重文、根津美):真ん中
★‘志野水指 銘 古岸’(重文、畠山記念美):下

本年も拙ブログにおつきあい頂きまして誠に有難うございます。どうか良いお年をお迎え下さい。

|

« 美術大国日本 西洋絵画の名画が切れ目なくやってくる! | トップページ | 謹賀新年 10年前半展覧会プレビュー! »

コメント

いづつやさん

 いつもブログを楽しみに拝見、拝読しています。
2010年のリスティングもありがとうございます。
早速プリントして行きたい美術展にマークしました。
 今日まで仕事が休みだったので松屋銀座で開催されてます"川喜田半泥子のすべて展"を観にいってきました。
茶碗がメインでしたが、書あり、海外でのスケッチあり写真ありで内容がとても充実してました。半泥子は初めてだったのですがやはり茶陶に素晴らしいものが沢山ありました。お薦めです。(18日まで)

投稿: Joyce | 2010.01.04 20:15

to Joyceさん
川喜田半泥子展に行かれましたか。プレビュー
では2月の横浜そごうでの開催をあげているの
ですが、地元の横浜でみるか銀座でみるか迷っ
ていました。

Joyceさんの話を聞いてしまうと、もう待てま
せんね。近々行ってきます。情報有難うござい
ます。

日本橋高島屋で開催中の‘北大路魯山人展’
(1/18まで)に年末NHKのニュースで報じて
いたポルトガルで発見された幻の屏風が展示さ
れているようなので、これにもでかけるつもり
です。

投稿: いづつや | 2010.01.04 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目を楽しませてくれた蒔絵・やきものの名品!:

« 美術大国日本 西洋絵画の名画が切れ目なくやってくる! | トップページ | 謹賀新年 10年前半展覧会プレビュー! »