« MoMAのバッラ・ボッチョーニと再会したい! | トップページ | 開国博Y150を食ってしまう海のエジプト展! »

2009.07.01

09年後半 展覧会プレビュー

717_2
美術館の展覧会スケジュールは年度単位で発表されることが多く、年初の時点では次年度の計画をHPに載せてない美術館もいくつかある。だから、4~6月の情報が集めにくかった。これに比べると後半の展覧会情報は豊富。今ある情報をもとに出かける可能性の高い展覧会をとりまとめてみた。

★西洋美術
7/3~9/23    ゴーギャン展              東近美
7/4~8/30    メキシコ20世紀絵画展       世田谷美
7/14~10/12  黄金の都 シカン           国立科学博
7/29~8/31   ビュフェとアナベルー愛と美の軌跡展   横浜そごう
8/1~10/4    トリノ・エジプト展            東京都美
9/5~10/18   パウル・クレー展            横須賀美
9/12~11/29  ベルギー近代絵画のあゆみ     損保ジャパン美
9/12~11/29  オルセー美展 パリのアールヌーヴォー     世田谷美

9/16~10/12  クリムト・シーレ、ウィーン世紀末展  日本橋高島屋
9/19~12/13  古代ローマ帝国の遺産        国立西洋美
9/25~12/14  THE ハプスブルク           国立新美
9/26~11/29  エミール・ガレ展            茨城県陶芸館
10/3~10/25  古代カルタゴとローマ展        大丸東京
11/10~12/23 ロートレック展              Bunkamura
12/11~3月    束芋展                  横浜美

★日本美術
7/4~9/6     写楽 幻の肉筆画           江戸東博
7/4~8/16    芸大美コレクション展          東芸大美
7/11~8/23   小林かいち展              ニューオータニ美
7/11~9/6    道教の美術 TAOISM ART     三井記念美
7/14~9/6    染付展                  東博
7/14~9/6    伊勢神宮と神々の美術        東博
7/18~8/30   百鬼夜行絵巻展            国立歴博
7/25~9/6    シアトル美日本・東洋美術名品展  サントリー美

8/25~9/6    十二代三和休雪展          日本橋三越
9/5~10/12   英一蝶展                板橋区美
9/19~1/11   聖地チベット展             上野の森美
9/19~11/23  高橋誠一郎浮世絵コレクション展    三井記念美
10/1~11/29  速水御舟展              山種美
10/6~11/29  皇室の名宝展             東博
10/7~11/8   国宝那智瀧図と自然の造形     根津美
10/10~12/23 古伊万里展              東京都庭園美

10/24~12/20 水墨画展                静嘉堂文庫
10/24~12/20 冷泉家 王朝の和歌守展      東京都美
10/24~11/29 伝えゆく典籍の至宝展        五島美
11/28~1/11  鏑木清方展              サントリー美
12/1~1/24   村山槐多展              松濤美
12/5~1/31   東山魁夷展              山種美
12/5~2/7    柴田是真展              三井記念美

(ご参考)
・西洋美術で期待の展覧会は国立美の‘THE ハプスブルク’。03年に訪問したブダペスト国立西洋美で感激したラファエロの‘若い男の肖像’とグレコの‘受胎告知’がチラシに載っているのでびっくりした。さらにベラスケスの‘食卓の貧しい貴族’もやってくる。これにウィーン美術史美の王女マルガリータがあるのだからなんとも豪華な内容。

・7/4からはじまる‘メキシコ20世紀絵画’に出品されるフリーダ・カーロの絵を見るのがすごく楽しみ。いつか彼女の絵をみたいと思っていたが、やっと実現する。 また、お気に入りの束芋の回顧展も待ち遠しい。

・日本美術の目玉は何といっても東博の‘皇室の名宝展’。10年前同様、お宝が沢山公開されるはず。追っかけ作品が全部入っていることを今から念じている。 
・浮世絵は江戸東博と三井記念美の高橋コレクションがとても楽しみ。また、長らく待っていた‘英一蝶展’に対する期待も高い。画集に載っている代表作がどのくらい登場するか。

・この秋、NEW山種美(10/1)、根津美(10/7)が開館する。どんな展示空間になるのだろうか、興味津々。

|

« MoMAのバッラ・ボッチョーニと再会したい! | トップページ | 開国博Y150を食ってしまう海のエジプト展! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09年後半 展覧会プレビュー:

« MoMAのバッラ・ボッチョーニと再会したい! | トップページ | 開国博Y150を食ってしまう海のエジプト展! »