« 乾山・古染付の向付 と ナスカの土器がコラボ! | トップページ | ツタンカーメンの妻、アンケセナーメンの墓にミイラはなかった! »

2009.07.30

ピラミッド建造の謎を解き明かす内部トンネル説!

795
7/29の0:45分から、見逃したNHKスペシャル‘エジプト発掘、第1集 プラミッド隠された回廊の謎’(7/5)を再放送していたので興味深く観た。

番組の主役は民放でお馴染み(or食傷気味?)の吉村作治教授やエジプト人のザヒ・ハワス博士ではなく、フランス人建築家、ジャン・ピエール・ウーダン氏(58歳)。ピラミッド建造の謎に1999年から取り組み、これを解き明かす新説を世界に発表して、注目を集めている。

彼が唱えるのは今までいわれていた‘直線傾斜路説’や‘らせん傾斜路説’とは違う‘内部トンネル説’。ピラミッドの内部にトンネルをつくり、それを利用して膨大な数の石灰石(平均2.5トン)を木製のソリで運びあの巨大なピラミッドをつくりあげたというもの。

この話は昨年制作されたどこかの局のエジプト番組でも紹介されたので大雑把には知っていたが、今回詳しく解説してくれたのでよくわかった。素人にもすんなり頭に入るということは、エジプト建造の話はこの説で決まり!という感じである。

ウーダン氏は4600年前につくられたクフ王の大ピラミッド(上の写真の手前)の外観や内部にある‘大回廊’、‘王の間’を10年間丹念に観察し、今も残るいくつかの痕跡を建造のアイデアと結びつけ、このトンネル説にたどり着いた。CGを使って具体的に建造の様子をわかりやすく見せてくれるので、一々腹にストンと落ちる。

クフ王のピラミッド(高さ147m)の場合、1/3の高さまでは直線傾斜路(角度5度)で石を運び、残り2/3はトンネルをつかって石を積み上げていく。トンネル(角度4度)はらせん状につくられ、総延長は1.6㎞になるといい、これがピラミッドの内部にあるという。トンネルの曲がり角が綾線に5ヵ所あり、正方形の広場になっており、ここで石の向きを転換する。その一つの跡が現在、くぼみとなってみえている。このくぼみはこれまでは石が崩れたと思われていた。

ウーダン氏の依頼で考古学者が実際にくぼみに登り、トンネルの曲がり角をイメージさせる空間を確認している。そして、空洞は少しかなく先は行き止まりになっているが、その向こうにトンネルが続いていることを予感させる。どうやら、ウーダン氏の内部トンネル説は当たってるようだ!別の説を主張する専門家たちもこれに同調するのは時間の問題のように思えてきた。

もう一つの謎、‘王の間’の天井に60トンもある重い花崗岩をどうやって運び上げたのか?という問題についても、ウーダン氏は明快にその方法を明らかにしている。エッフェル塔のエレベーターには乗客の乗るカゴをスムーズに持ち上げるための‘釣り合いおもり’がつけられており、そのため、少ない力でカゴを上下させることができる。

この原理が‘大回廊’でも使われておれば、回廊の反対側から60トンの石を引き上げる際、大勢の人間で引っ張りあげなくて済むことに閃いたそうだ。頭のいい人は誰も考えつかないことを思いつく。すごい建築家である。

で、‘釣り合いおもり’が乗った台車の木材が壊れないかとか、大きな石と釣り合いおもりをむすぶロープが切れないかとかの問題を検証するため、実際に使われたレバノン杉とかナツメヤシのロープ、おもりのトン数を想定して、CPで強度実験をしてみたら、問題ないことがわかった。こうして、この謎も解けた。

大変おもしろかったので、NHKから‘エジプト発掘’の本が出版されたら、購入しようと思う。

|

« 乾山・古染付の向付 と ナスカの土器がコラボ! | トップページ | ツタンカーメンの妻、アンケセナーメンの墓にミイラはなかった! »

コメント

はじめまして。

ウーダン説についてグーグルで検索していて、こちらのページにと辿り着きました。

私もこの番組を見て大感動し、そのお陰でピラミッドの石を運びあげる力そのものについての新しい仮説をガリレオの「斜面の法則」から思いついてしまいました。

それでその仮説を何とか小論にまとめ上げまして
2016年の2月12日に公開しました。

「大ピラミッドを建造するいちばん簡単な方法」
http://www.geocities.jp/netreal_bookbox/utzugi/OpenLetters_014.htm

内容は、「巨石にクレードルを巻き付け、4度勾配の内部斜路を楽々転がして運び上げるには、足付きの錘としての「作業員の体重」を最大限活用して、彼らにただ縄梯子をゆっくりと登らせるだけで、総ての石を運び上げが可能だった」…という画期的な説ですので、ウーダン氏の説と合わせますと、運び上げるための動力源が作業員の体重=重力そのものだった、という事になり、きっとこちらのサイト主さんにも興味を持って頂けるのではないかと思います。

是非是非いらしてみて下さい。

投稿: うつぎれい | 2016.02.25 02:37

to うつぎれいさん
建築理論の深いところまでは理解できませんが、
ウーダン説に触発されてご自身のアイデアを展開
されているのはすばらしいですね。読まさせてい
ただきます。

投稿: いづつや | 2016.02.26 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピラミッド建造の謎を解き明かす内部トンネル説!:

« 乾山・古染付の向付 と ナスカの土器がコラボ! | トップページ | ツタンカーメンの妻、アンケセナーメンの墓にミイラはなかった! »