« 日本橋高島屋の片岡球子展 | トップページ | イチゴ戦国時代 »

2009.05.23

‘現役大リーガートップ50’でイチローは30位、それはないでしょう!

6152日前の夕刊フジに殿堂入りした名選手や過去の最優秀選手(MVP)が選んだ‘現役大リーガートップ50’という興味深い記事が載っていた。

これを特集した米誌スポーティングニュースの生の情報がないので詳しいことはわからないが、日本人選手ではイチローが30位にランクされているという。

フジにはベスト10の選手がでている。1位は現在、3冠王に最も近い選手といわれているカージナルスのプホルス。次がヤンキースの主砲A・ロッド。

1位  プホルス  カージナルス   内野手
2位  ロドリゲス  ヤンキース   内野手
3位  サンタナ   メッツ      投手
4位  ラミレス   ドジャース    外野手
5位  ラミレス   マーリンズ    内野手
6位  アトリー   フィリーズ    内野手
7位  ハラデー ブリュージェイス  投手
8位  ジーター  ヤンキース    内野手
9位  リベラ    ヤンキース    投手
10位 ジョーンズ  ブレーブス    内野手

イチローがここに入ってない理由をいろいろ考えてみた。彼らの言い分はこんなところだろうというのはおおよそ察しがつくが、その前にここに上がっている選手で?なのを。笑ってしまうのが9位のヤンキースのリリーフエース、リベラや8位のジーター。選考した人は時間が10年前から進んでないのでは?二人の実績はもう何年も前からトップレベルではない。また、若手のラミレスが5位、それほどすごい選手?このランキングは偏見と思い込みに満ちているから、信用できない。


さて、われらがイチローである。大リーグ8年の成績を簡単に整理してみよう。通算打率は.331。首位打者は01年の.350と04年の.372の2回。年間200本安打が8年連続。盗塁は通算315(年平均39個)。オールスターには8年連続出場(うち7回ファン投票選出)。

これほどの実績を上げているのでイチローの年俸は07年マリナーズと5年契約を結んだときは5番目の多さだった。そのあとサンタナやサバシアがFAで高額の給料をもらっているから最新時点での順位は多少変わっているが、ベスト10に入っていることは間違いない。

今や大リーグの顔のひとりにもなっているイチローが‘トップ50’の30位?冗談じゃないよ!という感じ。でも、過去の名選手がイチローをこのあたりにしかランクインさせないのは彼らなりのちゃんとした理由にもとづいてのこと。

イチローが評価されない一番の理由はイチローはヒット打ちの名手であってホームランバッターでないこと。大リーグにおける打者のヒーローは昔からホームランを量産する強打者と決まっている。だから、皆スーパースターになりたくて、禁止薬物に手を染めるのである。カンセコ、マグワイヤー、ソーサ、ボンズ、ジオンビー、A・ロドリゲス、テハーダ、、、野球ファンも豪快なホームランを見るのが楽しみで、内野にゴロをとばしセーフになるヒットにはそれほど興奮しない。

で、イチローがすごくこだわっている年間200本安打というのも、あまり評価されない。殿堂入り選手の大半はスラッガーなので‘200本安打の大リーグ記録は8年、それ誰がつくったの?あっ、そうなの’くらいの認識しかない。それに、安打数というのは打順によって打つ機会に差がでるから‘公平’ではない。

一番のイチローは打席が5回まわってくることはあっても、9番バッターは3回でおわりのこともある。欧米社会で一番大事なことは何事も‘公平’であること。で、打率の記録は重視されるが、安打数は‘まあそれも記録に入れておこうか’という程度。

それとイチローは一番なのに四球を選ぶことが少ない。イチローの打率は3割3分、つまり3回のうち1回はヒットを打つ技術をもっているのだから、なにも四球で塁にでることはないのだが、彼らはそうはみてなくて、‘自分の記録達成のために四球を選ばず打ちにいく選手’と思われている節がある。

もうひとつ、これは大事なポイントなのだが、イチローが弱いマリナーズの選手だということも印象を弱くしている。つまり、マリナーズが地区で優勝を争うチームだったら、最後の最後までプレッシャーのかかるゲームが続くし、相手も主力ピッチャーをつぎ込んでくるからイチローだってそう易々ヒットは打てない。また、敬遠されることだって多くなる。

でも、マリナーズはいつも早々と戦々離脱するから、強いチームの投手も‘イチローに打たれても、ほかの選手をアウトにすればいい’と本気モードで勝負しない。彼らはこんな具合にイチローのバッティングの成績をみているから、数字そのものを割り引いて評価しているのである。これはある意味では当たっている。そんなこんなでイチローは30位の選手になったのであろう。

|

« 日本橋高島屋の片岡球子展 | トップページ | イチゴ戦国時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ‘現役大リーガートップ50’でイチローは30位、それはないでしょう!:

« 日本橋高島屋の片岡球子展 | トップページ | イチゴ戦国時代 »