« いつか行きたい美術館! ロンドン ケンウッド・ハウス | トップページ | 妙心寺展の白隠を追っかけて京都へ! »

2009.04.20

You Tube 「スーザン・ボイル」を見ましたか?

529_2最近、You Tubeを楽しんでいる時間が長くなったが、昨日から感動のビデオを何回も見ている。

NHKの海外ニュースで、イギリスのオーディション番組に出場しすばらしい歌声を披露した47歳のおばさん、スーザン・ボイル(左の写真)のパフォーマンスを収録したビデオがYou Tubeで5000万回近く視聴されていると報じていた。

2年前にも、この番組‘ブリテンズ・ゴット・タレント’は今や世界的なテノール歌手となったホール・ポッツを発掘しているから、早速興味深々で見てみた。

またまた、大サプライズ!47歳とは思えない若々しいきれいな声に200%感動した。歌っている曲がまたいい。ミュージカル‘レ・ミゼラブル’の‘夢やぶれて’。うかつにもこんないい曲をこれまで知らなかった。だから、よく視聴しているセリーヌ・ディオンの‘タイタニック’みたいに何度もクリックし、体中に歌詞とメロディを沁みこませている。

突如現れた中年の歌姫のことをメディアやブログが多く取り上げている。例えば、‘マイコミジャーナル(4/17)’は番組の雰囲気をよく伝えており、You Tubeのリンクを張ってくれている。

ここのビデオは英語のままだが、You Tubeで‘スーザン・ボイル’を検索すると‘日本語字幕つき’もでてくる。‘こあらオヤジ’さんの字幕は本当に上手い。歌いっぷりを絶賛する審査員のコメントが終わって舞台のそでに戻ってきたスーザンが二人の司会者に言ったのが、笑えた。‘どえりゃ~ファンタスティック!’だって。名古屋弁で字幕つけるなんて、とても愉快。

このビデオで一番おもしろいのは審査員の顔が歌う前と後でガラッとかわるところ。携帯電話のセールスをしていたポール・ポッツのときもそうだったが、肥ったスーザンの場合も審査員は冷ややかな目で見ている。‘また、受けを狙ったひとりよがりのパフォーマンスだろう、まあ、聴いてあげるから早くやってよ!’という感じ。

ところが、‘夢やぶれて’の一声を聴いて、顔がみるみるまに変わる。辛口で人気のサイモン・コーウェル(音楽プロデューサー)は‘おいおい、なんて美しい声だ、参ったね!’という顔つきだし、女優のアマンダの目が点になっている。もうひとりの審査員、ピアース・モーガンは満面の笑みをたたえうっとりしながら聴いている。

また、会場にいる人たちも喜びのあまり大拍手喝采!7分間のビデオはまるで映画の感動シーンをみているようだった。アメリカやイギリスのTV局はこういうのをつくるのが本当に上手!カメラワークは完璧だし、バックに流れるいい音楽が感動をさらに増幅させる。

歌はこういう歌唱力のある人が歌うと本当に大きな力になる。同時に、You Tubeの有難さが身にしみてわかる。イギリスで行われた驚愕の番組がネットで世界中の人々に共有され、パソコンの前で大勢の人がスーザンの歌に言葉がわからなくても感動し、涙しているのである。こんなことはちょっと前まではなかった。われわれはいい時代に生きている。

アメリカには同様な番組‘アメリカン・アイドル’というのがあるらしい。日本でも昔はアイドル発掘の歌番組はあったが、今素人が出演するのはNHKの‘のど自慢’だけ。日本の民放TV局に‘ブリテンズ・ゴット・タレント’のような番組は期待しないほうがいい。こんな番組を考えるプロデューサーはいないし、芸能全般にちゃんとしたコメントのできる審査員がいない。ましてや、肝心な視聴者がこの種の飾りの少ない素朴な芸も入り交る番組を民放に求めてないから視聴率がとれずスポンサーがつかない。

ポールやスーザンのような普通の歌好きが一躍有名な歌手になる奇跡は日本の番組では見られないが、ここ数年いい歌が多くの人に愛されてきた。秋川雅史の‘千の風’、ジェロの‘海雪’、秋元順子の‘愛のままで’、ご心配なく。

|

« いつか行きたい美術館! ロンドン ケンウッド・ハウス | トップページ | 妙心寺展の白隠を追っかけて京都へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: You Tube 「スーザン・ボイル」を見ましたか?:

« いつか行きたい美術館! ロンドン ケンウッド・ハウス | トップページ | 妙心寺展の白隠を追っかけて京都へ! »