« もっと見たい曾我蕭白の名画! | トップページ | 国立トレチャコフ美術館展 忘れえぬロシア »

2009.04.07

大リーグ開幕 注目の日本人選手!

494大リーグが開幕した。

注目の日本人選手では、ヤンキースの松井は早くもホームランを打ち、ドジャースの開幕投手をつとめた黒田が勝ち投手になった。

今年は数の増えた日本人大リーガーが例年以上に主力選手として活躍し、チームの勝利に貢献するのではなかろうか。

日本代表のWBC2連覇というのは実際にプレーしたイチロー、松坂らだけでなく、松井など出場しなかった選手にとっても、すごく誇らしいことだろうから、所属するチームでもいいプレーをしようという強い動機づけになる。

イチローはDL入りで8試合お休みだが、心のなかはWBC決勝戦の勝ち越しヒットで晴れやかだろうから、体調は心配ない。WBCで苦しんだことが逆にプラスになり昨年以上の成績を残すのではないかと思う。同僚の城島もドン・ワカマツ新監督から司令塔に指名され張り切っているので、マリナーズ自体も活気づくかもしれない。

3年間、体調不良で思うように打てなかった松井は今年は皆が期待する豪快なバッティングをみせてくれるだろう。ひざも順調に回復しているようだ。A.ロッドが5月中ごろ復帰するまで、松井は4番にすわるから、松井のバットがチームの勝敗を大きく左右する。

ヤンキースの投手力はFAでサバシア、バーネットを大金を投じて獲得したから、強力になった。東地区はヤンキース、レッドソックス、岩村のいるレイズの3チームの熾烈な戦いが繰り広げられるだろうが、予想としてはヤンキースの制覇。

オリオールズに入団した上原は10勝はすると思う。コントロールがいいから、守っている野手のリズムがよく、バッターも点をとってくれるだろう。怪我がないことを祈るばかり。

3年目の松坂はさらに進化し、勝ち星は20勝の大台に乗りそう。今年は岩隈やダルビッシュに教わったというフォークを投げるというから、レベルアップした投球術にバッターも相当てこずるのではないか。応援に熱が入る。期待が集まるのが社会人野球からレッドソックスに入った田沢投手。シーズン後半には雄姿がみれるかもしれない。

ナショナルリーグで注目の選手はブレーブスの新人川上憲伸(左の写真)。チームは投手陣を補強し、また優勝を狙える戦力を整えた。昨年ワールドシリーズを制したフィリーズやメッツも強いから、勝ち残るのは大変だが、最後までいい戦いをするのではないか。憲伸は先発の4番手だが、強い精神力をもってローテーションを守れば最低10勝は出来る。

サムライの雰囲気をもった黒田には今年は15勝くらいしてほしい。主砲ラミネスも球団に残ったことだし、地区連覇の確率はかなり高い。名監督トーリに信頼されている黒田はやりがいがあるだろう。ドジャースの頼もしいエースになってもらいたい。

日本人選手のなかで一番心配なのがカブスの福留。今年は2番センターでスタートするが、果たして、レギュラーとしてずっと使ってもらえるだろうか。WBCでの働きは13億円の年俸をもらっている大リーガーとしてはまったく期待外れ。打撃センスは抜群にいいのだから、投手の球筋をみすぎないでもうがむしゃらに打ってもらいたい。

カブスはワールドシリーズの優勝を目標にしているから、成績が上がらない選手は使われない。福留にとって今年は正念場。昨年後半のようなことにならないためにも、とにかくがんがん打ちにいくこと。ガンバレ、福留!

|

« もっと見たい曾我蕭白の名画! | トップページ | 国立トレチャコフ美術館展 忘れえぬロシア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大リーグ開幕 注目の日本人選手!:

« もっと見たい曾我蕭白の名画! | トップページ | 国立トレチャコフ美術館展 忘れえぬロシア »