« WBC 日本 キューバに快勝! | トップページ | 美術に魅せられて! 出品目録は美術鑑賞の必須アイテム »

2009.03.17

美術に魅せられて! 子供たちの美術館体験学習

447
現在、定期的に通っている美術館は上野の東博。ここで、時々中学生や高校生の団体にでくわすことがある。地方の学校が東京へ修学旅行でやってきて、ここが訪問場所に入っているのか、東京や関東にある学校の美術学習の一環なのか、直接質問したことはないが、どちらかであろう。

彼らの行動をみてると先生と一緒に回っている様子はなく、自分たちで単独あるいは友達数人と作品を鑑賞している。そのなかには解説の文言をノートに書き写している子もいる。不思議なことに学芸員が生徒たちに絵の説明をしたり、先生がグループをひきつれて絵の前でしゃべっているところにお目にかかったことがない。館内で一般の人を対象に学芸員が作品の解説をしているのは頻繁にみかけるのに、これはどうしたことか。

引率の先生は美術館にレクチャーの依頼をしないのだろうか?修学旅行なら自由に館内を回らせるのが普通だと思うが、美術の勉強で東博に来るときは希望者がいれば学芸員に話をしてもらうオプションがあってもいいはずだが。ごく稀に先生が名画について熱弁をふるっていることがあるが、普段は見かけない。だぶん集合場所あたりで待っているのであろう。

東博のすぐ近くにある西洋美へは特別展以外はあまり足を運ばないので断定的なことは言えないが、ここの常設展示の部屋でも子供たちは誰にもアシストされることなく、自由に鑑賞しているのだろう。

海外の美術館では先生がよく学芸員のような感じで説明している。3年前の春、ミラノのブレラ美術館を訪問したときはちょうどイタリアの学校の修学旅行のシーズンにぶつかっていたので、館内には高校生が沢山いた。子供たちを引率する男の先生が有名な絵の前では時間をとりレクチャーしている。なかなか堂に入った説明で名所観光のガイドのようだった。日本の美術館のなかとは対照的な光景。

昨年訪問したロンドンのナショナルギャラリー(上の画像)では、これよりもっと感心する先生を見た。先生が丁寧に説明していた絵はクリヴェリの‘聖エミディウスを伴う受胎告知’。これは‘ツバメの聖母’(拙ブログ08/2/3)の隣に飾ってる大きな絵。話を聞いているのは小学校低学年の男の子と女の子。上品な制服を着ているのでパブリックではなく裕福な家の子供たちが通う私立の小学校にちがいない。

先生が熱く語っているのでしばらく見ていたら、一人の男の子が質問をした。すると、先生は‘good question!’とその子を褒め、わかりやすく答えていた。このやりとりには200%参りました!この子の家の壁にはいい肖像画が掛けてあり、日頃から絵画に親しんでいるのだろうなと勝手に想像した。そういう子供たちに先生が学芸員のような顔をしてしっかり名画の解説をしているのである。

イギリスの先生が西洋画のど真ん中にある宗教画を説明しているのだから、東博でも、中学生を前に先生が仏画や山水画の話をしてもおかしくはない。そんな先生がもっといてくれれば、生徒は美術に興味を持つだけでなく、日本の歴史や仏教についても関心が広がっていくのではないだろうか。

|

« WBC 日本 キューバに快勝! | トップページ | 美術に魅せられて! 出品目録は美術鑑賞の必須アイテム »

コメント

始めまして。
はじめての訪問です。(”安村”で検索)
子供たちの鑑賞体験に同感です。
私もヨーロッパの美術館はいろいろ回りましたが、
よく先生が子供たちを絵の前に座らせて話しています。
それもちょっと聞くと解説だけでなく
”この人何している人だと思う?”とか子供たちにも問いかけ、絵を読むことを自然に促しているのです。
鑑賞の糸口を与えてもいるんですね。
日本にそういう光景がないのは残念ですが、これも文化の違いかもしれません。

 今、ページを開いたばっかリですが、これから楽しませていただきます。  EK

投稿: 悦子 | 2009.03.22 11:04

to 悦子さん
はじめまして。書き込み有難うございます。
東博へはかなり頻繁に足を運んでいるの
ですが、先生が生徒たちに話をしているの
をみたのは1回しかありません。皆自由に
見てます。

西洋画に比べると日本画はとっつきにくい
かもわかりませんが、先生が話すのに負担を
感じるなら学芸員に頼めばいいと思うの
ですが、それもありません。

おもしろい解説を一回でも聞くと日本美術に
対するイメージも変わるのではないでしょう
か。おっしゃるようにヨーロッパの美術館では
先生が熱心に説明してますね。本当に感心し
ます。それも絵を素直に見るようにアシスト
しているのがいいです。

これからもよろしくお願いすます。

投稿: いづつや | 2009.03.22 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美術に魅せられて! 子供たちの美術館体験学習:

« WBC 日本 キューバに快勝! | トップページ | 美術に魅せられて! 出品目録は美術鑑賞の必須アイテム »