« 美術に魅せられて! 美術館の中でしゃべるのは悪いこと? | トップページ | 美術に魅せられて! 子供たちの美術館体験学習 »

2009.03.16

WBC 日本 キューバに快勝!

446_2WBC第2ラウンドの初戦で日本代表はキューバに快勝した。

6-0の完璧な勝ちっぷりに気分がとてもいい。試合内容があまりによすぎるので、これはひょっとするとずっと勝ち続けるかも?と50%くらい思うようになった。

これだけ高いレベルの投手陣をもってすれば、強力打線を誇るキューバ、プエルトリコに対し最少失点に抑え、勝利をぐっとひきよせられるかもしれない。

それにしても今日の松坂はすばらしい投球だった。力みがなく、変化球が思うように決まる。四球が無いのが調子がいい証拠で、6回を投げて三振を8つ奪い、0点に抑えた。いかにも打ちそうな強打者の3番セペタ、5番グリエルをうまく打ちとるのだから、流石頼りになるエースである。そのあとの3イニングも岩隈、馬原、藤川がぴしゃっと完封リレー。

スポーツ新聞によると、日本と韓国の投手陣が一番いいとの評価だが、キューバの投手をみると、これが真実味をおびてくる。C,D組では、オランダの若い投手が頑張っているらしいが、米国はピービーがプエルトリコ打線に無残にも打ちこまれるなど、投はピリッとしない。

投げる方にくらべ、打つ方は心配だったが、今日の試合は日本の持ち味であるつなぐ野球が200%機能し、理想的な点のとり方だった。3回の3点で勝てるような気がした。城島が先陣を切り、当たりの止まっていた岩村が綺麗なレフトへの流し打ちで続く。イチローの三塁送りバントは失敗し、城島は3塁に進めなかったが、中島にかわって先発出場した片岡がヒットを放ち、満塁。

3番の青木のときパスボールでまず1点、そして青木のしぶといライト前ヒットでさらに1点。村田も今度はきっちりレストへ犠牲フライをあげ3点目が入った。そつなく3点をとった感じ。こういう点の取り方をすると流れがこちらにやってくる。続く4回、5回にも1点ずつとり、9回も先頭の代打川崎がセンター前ヒットででると、青木がバントで2塁に進め、主砲村田のショートの横をゴロでぬけるクリーンヒットで川崎がホームに帰った。

打撃陣の○は2打点の村田と2本のヒットを放った岩村。岩村が復調してくれて嬉しい。が、期待の福留は× バットから快音が聞かれない。どうみても投手の球筋を見過ぎ。中国戦からずっとこのスタイルを続けているが、もっと積極的に振らなければ。あのカッコいい構えから、すばらしいホームランをいつかライトスタンドに打ち込んでくれると信じているので、ちょっともどかしい。

本来なら5番を打たなくてはいけないバッターが‘調子がよくないので、7番でいいです’なんて安易に考えていたら、大リーガー、福留の人気は一気に下がる。5人の大リーガーのなかで今、一番存在感がないのが福留。WBCでガンガン打っておかないと、大会が終わってシカゴカブスへ戻ったとき、代打でしか使ってもらえないだろう。福留には次の韓国戦では13億円の年棒をもらっている大リーガーのプライドをみせてもいらいたい。

|

« 美術に魅せられて! 美術館の中でしゃべるのは悪いこと? | トップページ | 美術に魅せられて! 子供たちの美術館体験学習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBC 日本 キューバに快勝!:

» WBC2次ラウンド [   た わ ご と   ]
完勝 [続きを読む]

受信: 2009.03.16 21:27

« 美術に魅せられて! 美術館の中でしゃべるのは悪いこと? | トップページ | 美術に魅せられて! 子供たちの美術館体験学習 »