« らせん式思考で瀧下和之と勝手にコラボ! | トップページ | 世界‘カイテンズシ’戦争 寿司 vs Sushi »

2009.01.05

もっと見たいセザンヌの名画!

264_2
265_2
266_2
元旦に今年前半に開催される展覧会を載せたが、印象派のものがない。が、7月、東近美にボストン美からビッグな作品がやってくる。それはゴーギャンの‘われわれは何処から来たのか、われわれは何者か、われわれは何処へ行くのか’。この‘ゴーギャン展’(7/3~9/23)にどんな絵が出品されるのかまだ詳細がわからないが、印象派好きにとっては大きな楽しみである。

印象派の画家を野球の打順にならって9人並べてみると、ヤンキースのような打線になる。ヤンキースはすごい年俸をとるスター軍団だから、選手たちは打順はあまり気にしてない。いつもは4番のA.ロッドでも2番を打つこともあるし、調子が悪いときは7番に下げられる。マネや後期印象派もふくめたなかから選んだMyベストメンバーとその打順は次の通り。

1番 ゴッホ
2番 ルノワール
3番 モネ
4番 マネ
5番 セザンヌ
6番 ゴーギャン
7番 ドガ
8番 ロートレック
9番 スーラ

この9人については、画集に載っている代表作を全点見るのが生涯の夢。現時点の夢の達成度はどのくらいかというと、昨年の海外美術館めぐりで追っかけ作品との対面がだいぶ進んだので、全体では85%くらい。画家毎にみると、ゴッホ、ルノワール、モネ、マネ、ゴーギャンなどは9割ちかく見たのに対し、セザンヌとスーラはまだ7割くらい。で、本日はセザンヌの残っている名画のなかから、見たくてしょうがない3点を取り上げた。

★赤いチョッキの少年 : チューリッヒ、E.G.ビュレルコレクション(上の画像)
★サント=ヴィクトワール山 : フィラデルフィア美(真ん中)
★大水浴 : フィラデルフィア美(下)

Takさんのブログに‘赤いチョッキの少年’が盗難にあったことがでていたが、その後どうなったのだろう?気が気でない。昔この絵を画集ではじめて見たとき大変魅せられた。以来いつかこの目でと思い続けているのだが、まったく縁がない。盗まれる前、この絵はチューリッヒに行けば常時見れたかはNO情報だが、可能ならば姿を消したままでは困る!本当に困る。


フィラデルフィア美にある2点もなんとしても見たい絵。図版でみるかぎり、いくつもある‘サント=ヴィクトワール山’のなかで、これが絵としての完成度は一番高いような気がする。本物はどうだろう?早く絵の前に立ちたい。

‘大水浴’は縦2.08m、横2.49mの大作だから、さぞかし見ごたえがあるだろう。過去に見たバーンズコレクション、ロンドンナショナルギャラリーの‘大水浴’とくらべてもすごく魅了される。

思いの募るフィラデルフィア美であるが、最近、クラブツーリズム(会社のホームページ)から送られてきたツアー案内にちょっと複雑な気分になる情報があった。昨年利用した美術館めぐりツアーに今年はなんとフィラデルフィア美の見学が入っているのである!‘一年待っておけばよかったァー’と隣の方と顔を見合わせた。

実は添乗員さんにフィラデルフィア美を入れたらツアーの魅力がもっと増すと言っていたのである。このツアーはアメリカ東海岸コースの昨年度人気No.1だったようで、今年フィラデルフィア美が入り6大美術館めぐりになると、さらに参加者が増えるのではなかろうか。

別に会社から宣伝料をもらっているわけではないが、美術好きな方と感動が共有できればと思いご紹介した。

|

« らせん式思考で瀧下和之と勝手にコラボ! | トップページ | 世界‘カイテンズシ’戦争 寿司 vs Sushi »

コメント

東海岸には、ヨーロッパの名画がたくさんありますね。
新大陸に向かって、名画も 海 を、超えましたのね。
ワタシも、いくつかの美術館にいった事があります。
その際、感じた事は、
‘慎みのある新教徒のお国’という印象を強く持ちました。
それから、お金持ちの国!

投稿: Baroque | 2009.01.06 23:43

to Baroqueさん
アメリカが世界の覇権を握り、それに伴い多く
の名画がアメリカ人コレクターの手にわたりま
したね。印象派、近・現代絵画、グレコ、カラ
ヴァッジョ、ラ・トゥール、フェルメールなど
など。

まだ訪問してない大きな美術館で思いが募るの
がフィラデルフィア美、ベルリン美、プーシキ
ン美です。長年の夢だったシカゴ美が済みまし
たので、次はフィラデルフィア美です。

投稿: いづつや | 2009.01.07 10:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっと見たいセザンヌの名画!:

« らせん式思考で瀧下和之と勝手にコラボ! | トップページ | 世界‘カイテンズシ’戦争 寿司 vs Sushi »