« お知らせ | トップページ | 08年感動の美術鑑賞プレイバック! ルーヴル »

2008.12.28

08年感動の美術鑑賞プレイバック! オルセー

 248
250_2
249
今年のパリ滞在は名所観光がまったくなかったから、便利な地下鉄を利用してオルセーやルーヴル、ポンピドーへ出かけるのは東京で美術館へ展覧会を見に行くのと同じ感覚だった。久し振りに地下鉄に乗ったので、はじめはドギマギしたが、徐々に慣れ、丸の内線から銀座線に乗り換えるみたいに体が動き出した。

印象派が好きな方なら誰しも願われるように、パリへは毎年でも訪問したい! まず、オルセーに行き、次がモネの名画が沢山あるマルモッタン、そしてオランジュリー。プラス、オプションツアーでモネの家があるジヴェルニーまで足をのばす。

モネ大好き人間としてはジヴェルニー訪問はMUSTなのだが、まだ実現できてない。また、新装なったオランジュリーへもまだ。今回、‘睡蓮’と再会する予定だったが、大混雑のクールベ展(グランパレ)を優先したため、これも次回へ持ち越しになった。

お楽しみ第一のオルセーが所蔵する印象派の作品は数限りなくあるのに対し、展示スペースは同じだから、手元にある館の図録や画集、美術本に掲載されている作品が全部が全部見れるわけではない。事前に作成した必見リストのヒット率は9割くらいだったので、満足々といったところ。オルセーでのプレイバック名画は再会した次の3点。

★セザンヌの‘リンゴとオレンジ’(上の画像)
★ドガの‘アプサント’(真ん中)
★ゴッホの‘昼寝’(下)

いずれもお気に入りの絵なのだが、2月のときはほかの画家とのバランスで紹介できなかった。‘リンゴとオレンジ’はセザンヌ(1839~1906)の静物画というよりは世の中にある静物画のなかで最も好きな絵。はじめてこれをみたときは‘ワー、なんとすばらしい絵!’という感じで、その感激度は半端ではなかった。

とにかく驚愕するのが燃え立つような果物の豊かな色彩と不思議なんだけどその不思議さが気にならずすごく惹きつけられる画面構成。普通の静物画とちがって、この絵の果物はおとなしくしてないし、テーブルクロスは今にも下にずれ落ちそう。ぱっと見ると平板な画面だが、真ん中のボウルとその隣のリンゴがおかれた皿はあきらかに別々の角度から描かれているから、対象にボリューム感があり、奥行きのある構図になっている。

ドガ(1834~1917)の‘アプサント’を見るといつも胸にズキンとくる。じっとみていると、こちらまで落ち込んでしまいそう。キツイ目をした右の男の表情からはそれほど孤独感は感じられないが、前をじっと見ている撫で肩の女は本当に寂しそうで、悲しげな顔をしている。恋愛映画では閉店間際のカフェのこんなシーンがよくでてくるが、ドガは男女の様子をそのままの顔、体で表現している。

人生の断片がこれほどストレート伝わってくる絵はほかにみたことがない。二つのテーブルの端が画面からはみ出し、そして手前と女との間隔を大きくあける構図は浮世絵にヒントを得たのだろうが、これにより2人が座っているところが広い部屋の一部であることがイメージできる。

ゴッホ(1853~1890)の‘昼寝’は‘収穫’(国立ゴッホ美、拙ブログ05/4/12)とともにゴッホの絵の特徴である‘イエローパワー’を存分に感じさせてくれる絵。辛い農作業の合間のひとときの休みなのだろうが、このままずっと寝らせてあげたい気がする。

|

« お知らせ | トップページ | 08年感動の美術鑑賞プレイバック! ルーヴル »

コメント

新年明けましておめでとうございます。
いつも、いづつやさんのブログで共感させていただいたり、新しい知識をいただいたりしております。ありがとうございます。
「アプサント」は絶対に実物を観たいと思っています。友人をモデルにして、こんな表情を描いてしまうドガって、やはりすごいです!
そして、実際の絵の前で、2人の人物の空気がどんな感じかが、ちょっと楽しみなのです。いつか観ることができるといいのですが…。
いづつやさんにとって、今年1年が、素敵な1年でありますように…。

投稿: Yuko | 2009.01.01 12:05

to Yukoさん
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ドガの‘アプサント’の画像がなかった
ので、プレイバックで取り上げました。
‘アプサント’、‘アイロンをかける女
たち’がYukoさん同様、大のお気に入り
ですが、今回これに‘婦人帽子屋にて’、
‘菊の花と女’が加わりました。

投稿: いづつや | 2009.01.02 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/43558565

この記事へのトラックバック一覧です: 08年感動の美術鑑賞プレイバック! オルセー:

« お知らせ | トップページ | 08年感動の美術鑑賞プレイバック! ルーヴル »