« もっと見たいロセッティの名画! | トップページ | もう一度見たいロセッティ、ウォーターハウス、サージェントの名画! »

2008.09.14

もっと見たいバーン=ジョーンズの名画!

30_2
29_2
28_2
ロセッティやミレイより少し若いバーン=ジョーンズもこれからその作品を熱く鑑賞したい画家。バーン=ジョーンズの絵をまとまって見たのは02年に西洋美であった‘ウィンスロップコレクション展’と今年の海外美術館めぐりの2回だけで、まだ十数点しかない。

絵の記憶が今も鮮明に残っているのが1月、3月にみたテート蔵の‘黄金の階段’(拙ブログ2/9)、‘コーフェチュア王と乞食娘’、オルセーの‘有為転変’、ボストンの‘希望’(4/24)。ウィンスロップ展では‘深海’と‘バーンとプシュケ’が印象深い。

テートでは2点しかみれなかったが、ロセッティ、ブレイクと一緒にこの画家の本を買ったので、今はこれで作品を楽しんでいる。画集に載っている作品のなかで是非お目にかかりたいものを3点あげると、

★真鍮の塔が建設されるのを見るダナエ: グラスゴー美(上の画像)
★ウェヌスの鏡: リスボン、グルベンキアン美(真ん中)
★眠り姫: ロンドン、ファリドン・コレクション・トラスト(下)

‘ダナエ’(1888)はバーン=ジョーンズの豊かな想像力に感心させられる絵。よく知っている‘ダナエ’の絵は例えば、ティツィアーノ作品(07/3/23)のように、閉じ込められた部屋にいるダナエにゼウスが変身した黄金の雨が降り注ぐ場面だが、この絵ではダナエがいずれ中に入れられる真鍮の塔の建設現場を手前の部屋から見ているところが描かれている。ちょっと思いつかないアイデアである。神話を題材にするにしても、型にはまった描き方をしないところがラファエロ前派流。

‘ウエヌスの鏡’(1873~1890)にもすごく惹きつけられる。左に立っているのがウェヌスで膝をついて水面をのぞいているのはお付きの女たち。ウェヌスをふくめここにいる女性は皆同じような顔をしている。これはロセッティの絵に登場する女性たちにも言える。もう一つのウェヌスの絵、‘ウェヌス礼讃’(ニューキャッスル・アポン・タイン、レイング・アート・ギャラリー)の装飾性の高い描写と巧みな構成にも魅了されるので、2枚の絵を並べて見てみたくなる。

話が横に逸れるが、リスボンにあるグルベンキアン美の名品展をどこかの美術館で開催してくれないかとひそかに願っている。オルセー、ルーヴル展のシリーズも大歓迎だが、バーン=ジョーンズの絵のほかにもラリックの有名な宝飾品など質の高いコレクションを誇るグルベンキアン美とか古典絵画の傑作が揃っているナポリのカポディモンテ美なども積極的に新規開拓してもらいたい。

バーン=ジョーンズ作品には人物が眠っているのがいくつかあるが、‘眠り姫’(1870~76)はそのひとつ。おとぎ話から霊感を得て甘美に描かれた王女や待女の眠る姿をまじかで見たい衝動に強く駆られる。

|

« もっと見たいロセッティの名画! | トップページ | もう一度見たいロセッティ、ウォーターハウス、サージェントの名画! »

コメント

またまた失礼します。
グルベンキアン美術館の作品はとても良いものが揃っていると聞いております。本当にどこかで巡回展とかやってもらいたいですね。(西美あたりが良いのですが)
バーン=ジョーンズもまとめて見たい画家の一人ですが、これまた日本に来ないですね。(ウィンスロップ・コレクション展までさかのぼらないと…)
ちなみにバーン=ジョーンズは「眠り姫」を数多く描いていますが、愛娘の結婚に際してもこの絵を描き贈っているそうです。花嫁の父親の心境やいかに?でしょうか。

投稿: アイレ | 2008.09.15 01:33

to アイレさん
昨年、リスボンを訪問したのですが、自由時間が
なかったのでグルベンキアンには寄れませんで
した。二度目のポルトガルはなさそうですから、
是非どこかの美術館でここの名品を展示しても
らいたいです。

神話やおとぎ話を題材にして甘美で神秘的な世界
を描いたバーン=ジョーンズの絵に限りない魅力
を感じてます。ロセッテイ、ミレイときましたから
Bunkamuraでバーン=ジョーンズも開催してもら
いましょう。そして、ブレイクも。

娘の結婚に‘眠り姫’を贈ったのですか!バーン
=ジョーンズ作品をこれから重点的に追っかけよ
うと思ってます。求めよ、さらば与えられん!と
いうこともありますから。

投稿: いづつや | 2008.09.15 13:23

大分昔の話ですが、グルベンキャン美術館に行ってきました。リスボンは坂の町といわれますが、この美術館も坂の上でした。正面にグルベンキャンの彫刻が置いてありました。同行した家内の記事は↓です。
http://cardiacsurgery.hp.infoseek.co.jp/Children1.htm#GUL

投稿: とら | 2008.09.16 23:07

to とらさん
昨年、リスボンに行ったのですが、ここ
を訪問する時間がありませんでした。坂が
結構急な町でしたね。

日本とポルトガルとはオランダ同様、深い
つながりがありますから、グルベンキアン
とか国立美の名品展を是非見たいですね。
情報ありがとうございました。

投稿: いづつや | 2008.09.18 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっと見たいバーン=ジョーンズの名画!:

« もっと見たいロセッティの名画! | トップページ | もう一度見たいロセッティ、ウォーターハウス、サージェントの名画! »