« 練馬区美の高山辰雄展 | トップページ | 気になるクノップフの女性画! »

2008.09.24

王監督退任で監督の世代交代が進む!?

56ソフトバンクの王監督が退任を表明した。

体調の問題もあって指揮をとるのは今年が最後かなと思っていたが、やはりそれが現実のものになった。

王さんはもう14年もダイエー、ソフトバンクの監督をしていた。これだけ長く同じチームを率いた監督はほかにいない。

弱体チームを毎年優勝を争う強いチームにしただけでなく、パリーグ全体の人気向上に果たした王監督の貢献は計り知れないくらい大きいものがある。拍手々!

長嶋さんと同じく、日本一に2度輝いたし、06年のWBCでも日本を優勝に導いた。チームが絶頂期にあったのが03年~05年。03年は阪神を破り日本シリーズを制したが、04、05年はシーズン首位で終わりながら新たに導入されたプレーオフで敗退し、日本シリーズに進めなかった。

このときチームは最強バッターの松中や安定したエース斎藤を中心に他のチームを寄せつけなかった。ところが、2位と3位の勝者と戦うまで実戦から遠ざかったため、打線がクールダウンし、あえなく西武とロッテに負けてしまった。王監督はさぞかし悔しい思いをしたことだろう。このことは拙ブログ(05/10/19)に書いた。

王さんがユニフォームをぬぐことになり、これから監督の世代交代が進むだろうし、監督の役割についての考え方も変わってくると思う。セパの上位チームと下位チームの監督の年齢をみると、それを確実に予感させる。

<セリーグ>
巨人 原(50歳)
阪神 岡田(50) 
広島 ブラウン(45)
中日 落合(54)
ヤクルト 高田(63) 
横浜 大矢(60)

<パリーグ>
西武 渡辺(43歳)
オリックス 大石(49)
日本ハム 梨田(55)
ロッテ バレンタイン(58)
ソフトバンク 王(68)
楽天 野村(73)

勝負事は監督および選手全体のパワー、エネルギーの総量が相手より上回っていなければ勝てない。選手は指揮官の体からでてくる元気さにすごく敏感。もちろん、熟成された監督術もチームの勝利に必要だが、あまり年をとった人が監督をやると元気のなさのマイナス面のほうが強くでてしまう。また、若い選手とのコミュニケーションもなかなかとりにくくなる。だから、監督のつとまる年齢はせいぜい65歳くらいまでだろう。

年齢とともに大事なことがある。それは監督の人格。どの組織でもリーダーの人格というのはとても大事。日本では大リーグと違って監督はものすごく偉い存在。この偉さを選手やコーチに感じさせないでやっている監督が率いるチームはだいたいうまくいく。逆に威張っている監督のいるところは安定して勝てない。監督然としてコーチや選手のことをあまり考えない監督はチームの成績をみるとおよそ察しがつく。

西武の渡辺監督は最年少の43歳である。前任の元名捕手だった伊東は西武のエリートとして育てられたから、若いのにすごく威張っていた。チームが弱くなったのはズバリ、監督のせい。今年、西武が生まれ変わったように強いのは苦労人の渡辺監督が選手にのびのびプレーさせているからだし、2位につけているオリックスも途中から交代した大石監督が選手に信頼されていることが大きい。

巨人の原監督もうまくチームを率いている。ついに阪神をとらえ、首位になったが、この勢いでいくとCSも勝つような気がする。野村監督に‘馬っ鹿じゃなかろかルンバ’とコメントされたのが逆によかったかもしれない。人間、馬鹿にされたり苦労すると、反省もし、また歯をくいしばって頑張る。きっちり仕事をする主砲ラミネスの打撃力と原監督のあの笑顔がチームを活気づけた。

阪神の岡田監督をちょっと買いかぶりすぎていた。昨年低迷したとき、岡田が監督然としすぎで、コーチの意見に耳をかさないのが原因ではないかと思っていたが、どうやらこれが当たっていた。2位を最大13ゲームも離していて、このザマでは監督の能力はないと思ったほうがいい。少しキツイ言い方だが。CSで巨人に敗れたら責任をとって監督をやめるべきである。頑固で威張り体質の監督のもとではチームは強くならない。そのことは弱くなった落合中日で証明済み。

6月の時点で中日はいずれ巨人に抜かれると書いたが、このままでは広島に3位の座を奪われそう。‘敗戦を悔しがることもしない’と落合は選手をなじっていたが、監督がこんな言い方をするのは選手との関係が末期的な状態になっているからだろう。本来なら責任とって辞めるのが筋なのに、中日首脳は落合とまた契約するという。これもどうかしている。選手、コーチの心が監督から離れているのにこれが見えないのだから中日新聞もたいしたことはない。

もう、星野のように‘オリンピックに出たいのか出たくないのか?よーしわかった’とやたら気合いで選手を起用したり、攻めずに守りの采配する男とか、落合や岡田や伊東のように‘俺は監督だ!’といばり散らすような人物が監督をやるような時代ではない。多くの野球ファンは球場へ行くと若くて有能な監督の下、選手がプロらしいすばらしいプレーを見せてくれることを期待している。王監督だって‘今は監督が前面にでる時代ではない!’と言っているではないか。

|

« 練馬区美の高山辰雄展 | トップページ | 気になるクノップフの女性画! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 王監督退任で監督の世代交代が進む!?:

« 練馬区美の高山辰雄展 | トップページ | 気になるクノップフの女性画! »