« 横須賀美のライオネル・ファイニンガー展 | トップページ | WBCは大リーグ機構のプロモーションイベント! »

2008.08.25

強がり発言で星野はジ・エンド!

557北京オリンピックで銅メダルもとれず、惨敗に終わった野球の監督をつとめた星野の帰国記者会見における発言に不快感を覚えた人が大勢いるのではなかろうか。

“金メダルがとれず本当に申し訳ない”と謝罪しておきながら、“強い者が勝つんじゃなくて、勝ったものが強いんだと感じた大会だった”とか“日本はすぐたたきにかかる。そんなことをしたら若い人が夢を語れなくなる。たたくのは時間が止まっている人間だろう”などとわけのわからないことを言っている。

短期決戦だから強いチームが調子が悪くて勝てないことがある。だから、“日本は最強のチームだったのに怪我人が多くて万全でなく、負けてしまいました。弱くて負けたのではありません”と言いたい?こういう見苦しい言い訳をする人間を日本では一番嫌う。

ライバルチームの韓国、キューバ、米国と5回戦って2回くらい勝っておれば、そういうことも言えるが、全部負けていて弱くないと言い張ると誰の目にも“この男は素直でないな、結局言い訳ばかりしている”とうつる。これでは食の偽装問題で経営者が最初いい加減なことを言って責任逃れをするのとなんら変わりない。

こういうときは“トータルの力はほかのチームのほうが上でした。日本チームはまだまだ力をつける必要があり、これからはこういう課題に挑戦しなけらばいけないと痛感した”とでも言っておれば、聞いてる側も“日本は投手はよく押さえていたが、これだけで頂点に立つのは無理だったな。WBCで優勝したのだから、気合いを入れ直せばまたやってくれるだろう”となる。

星野は60歳をこえてこんなことがわからないの?見損なった!ちびっ子野球少年でも投手はいいのに打撃力、機動力でほかにチームに劣っていると感じている。でも、星野は自分が選んだメンバーだから、そういうことを指摘されたくない。いつから、この男はこんなに傲慢になったのか。

メディアによく登場する人間で威張ったもの言いをするのが日本には3人いる。“石原慎太郎、読売のナベツネ、そして星野仙一”。昔の政治家は皆こんな態度だったが、流石に最近はこういういかにも“俺は政治家だ”という人は少なくなり、腹の中はちがうだろうが表面的には丁寧にしゃべるようになった。

星野はインタビューで嫌なことを突っ込まれるとすぐ感情をあらわにして、威圧的な言葉で切り返す。だから、こういう謝罪会見でも、一方的に批判されるのが我慢ならないのであろう。で、“たたくのは時間が止まっている人間だろう”と強弁する。これでは救われない。

“時間が止まって、現実の野球が見えず、現場感覚がズレているのはあんただよ!われわれは選手のことをいちいち責めてない。3つもエラーしたGG佐藤にはしっかりしろと怒りたくなるよ。でも、彼は守備が下手なわけではない。シーズン中にエラーは2個しかしてない。

緊張のあまり体が硬くなっていたのだから、コーチ陣がもっとリラックスさせてやればよかったのだ。プレッシャーを緩め、チームを結束させ、攻めまくる雰囲気をつくるのが監督、コーチの役割なのに、それができなかった。そういうリーダーシップのなさ、采配のまずさを批判しているの!”と言いたくなる。

こんなことを言っている星野はもうジ・エンド。即刻、表舞台から退場してもらいたい。あんたがいなくても野球界には現役、OBに有能な人材が沢山いるからご心配なく。

|

« 横須賀美のライオネル・ファイニンガー展 | トップページ | WBCは大リーグ機構のプロモーションイベント! »

コメント

全く、いづつやさんのご指摘通り。この件に関しては、いつづやさんに先を越されたので、ブログに書くのは諦めました(笑)。

それにしても、星野氏は球界から引退されるべきでしょう。また責任逃れする人たちが、同じ様に政財界にいるのは、少し情けないですね。

投稿: 流風 | 2008.08.26 18:57

中日系列の東京新聞も、いづつやさんが前の記事で指摘した岩瀬の投入を批判していましたからね。
そして今週の「週刊朝日」、トップに「星野はもう辞めろ!」ときた。
「週刊誌に星野批判が出ると「誰が情報を漏らしているんや」と番記者相手に犯人探しを始める」そうです。
こんな人、いりませんよね。

投稿: oki | 2008.08.26 22:53

to 流風さん
人気球団のタイガースを優勝させたから、星野は
舞い上がったのでしょうね。日本一に一度もなった
ことのない監督に期待しすぎる周りも悪いですが、
結果を出せなかったときの責任の取り方は自分で
ちゃんと考えろと言いたいですね。

60をすぎた男が日本人のメンタリティーがわから
ないとは情けないです。年をとるとやはり勇気
がなくなりますから、監督というのは50代までで
しょうね。

これからも野球ネタよろしくお願いします。

投稿: いづつや | 2008.08.26 23:16

to okiさん
星野は責任の取り方をちゃんと言わないで、自分
の失敗にめげない人生観を口にする。あんたの生き
方はいいから、さっさと消えてよと言いたくなり
ますね。

こんなにつまらない男だったのかと多くの人が思って
いるでしょう。謙虚さのない人間はダメですね。

投稿: いづつや | 2008.08.26 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強がり発言で星野はジ・エンド!:

» 「責任」と「責任を取る」の違い [地元福井を元気にする経営コンサルタントのブログ]
北京オリンピックもいつの間にか閉会しました 星野JAPANの惨敗に対し各メディアにて いろいろ取り上げられています 概ね、金メダル獲得を公言していたのに 4位という結果に終わった星野監督に対する責任です では責任となにか? 大辞泉には 1.立場上当然負わなければならない任務や義務。 2.自分のした事の結果について責めを負うこと。   特に、失敗や損失による責めを負うこと。 3.法律上の不利益または制裁を負わされること。   特に、違法な行為をした者が法律上の制裁... [続きを読む]

受信: 2008.08.26 09:20

« 横須賀美のライオネル・ファイニンガー展 | トップページ | WBCは大リーグ機構のプロモーションイベント! »