« 祝 ソフトボール 悲願の金メダル獲得! | トップページ | アネット・メサジュ:聖と俗の使者たち »

2008.08.22

星野ジャパンはこんなに弱かったの!?

550_2星野監督率いる野球日本代表は準決勝の韓国戦に逆転負けした。

女子マラソン同様、皆の期待にちっとも応えてくれず、これでライバルのキューバ、韓国、米国に1勝も出来ず、破れ去った。明日の3位決定戦にも勝てず、メダルなしに終わるかもしれない。

昨年のアジア予選で五輪出場権を決めたときの日本の強さはどこへいったのか?あのとき、韓国は確か出場権がとれず、最終予選にまわったはず。その韓国はこれまで負けなし。明日の決勝戦で優勝してもけっしておかしくない強さを見せつけている。

2年前のWBCの準決勝で日本に負けたから、その二の舞は御免とばかりに、7回2対2の同点にもちこみ、8回イスンヨプの2点ホームランなどで4点を入れ、日本を突き放した。これで日本は韓国に2回も負けた。“リベンジします!”はどこへいったの?自称野球評論家だから、星野ジャパンの敗戦を斬りたくなる。

打撃が振るわないのはその通りだが、五輪のような大舞台ではいいバッターでもはじめて対戦する投手に対しそう打てるものではない。予選の時、落ちるスライダーにてこずった韓国の若きエースから2点とったのだから、この試合は勝ちゲームだった。

問題は投手陣の継投。星野監督の継投策は完全に守りに入っている。これでは勝てない。杉内、川上と繋いだのはいい流れだったのに、そのあとが?なぜカナダ戦に好投した成瀬を6回だけで引っ込め、7回に藤川を投入したのか?左に弱い韓国打線なのだから、成瀬を6,7回投げさせ、8回を藤川、9回を上原にする。これがベストの継投策ではなかったか!

それなのに、7回藤川、8回岩瀬ときた。岩瀬は調子が悪いのだから、投げさせることはない。ここは誰が考えても岩瀬より涌井。でも、星野の頭には“岩瀬は今度はやってくれる”がこびりついているのだろう。韓国が20歳投手の若い力で勝利をもぎとろうとしているのだから、日本も生きのいい若手で打ち負かすしかない。星野はオリンピックというのは若いアスリートがそのすばらしいパワーと技を見せる舞台であることがまるでわかってない。人々は勝ち負けの結果に関心を寄せているのではなく、選手が見せるその美しく力強い技に感動しているのである。

パリーグにはダルビッシュをはじめ優秀な若い投手が何人もいるのに、星野はかれらの力を信じきっていない節がある。やはり自分が監督をしていたときよく知っていたセリーグの投手しか頭にないのだろう。セリーグ出身者はいまだにパリーグの野球を低くみているから始末が悪い。

また、現役の監督でないため、セリーグでもパリーグでも今現在の投手の本当の力をつかみきれてない。で、もともと度胸がいいほうでないから、プレッシャーがかかると安全策ばかりとりたがる。だから、また岩瀬投入になる。誰もが“何で岩瀬を投げさせるの?”と思っても、本人は守りに入っているから、これでいいのだと言い聞かせている。年をとると勝負に一番必要な勇気がなくなるのである。岩瀬も頑張れなかっのは残念だが、ベテランに頼りすぎる監督が悪いに決まっている。

勝負ごとは攻めないと勝てない。星野はどうも肝心のゲームでプレッシャーに弱い。リーグ優勝は3回したが、日本シリーズには一度も勝ってない。だから、まわりは星野の監督術を買いかぶりすぎで、期待しすぎなのである。態度がデカく、メディアの前で思い入れたっぷりのパフォーマンスをするから、皆“星野はすごいのかな”と思うだけ。実績からいえば野村・森監督のほうがはるかに上。

これで星野とか田淵、山本のおじいさんたちはダメなことがわかったから、彼らには表舞台から退場していただき、これからは若手の監督が野球界を盛り上げてもらいたい。監督の世代交代を進めるため、来年春におこなわれる第二回WBCの監督、コーチには阪神タイガースの岡田とか元大リーガーの長谷川といった能力のある人たちに指揮をとってもらうのがいいかもしれない。

|

« 祝 ソフトボール 悲願の金メダル獲得! | トップページ | アネット・メサジュ:聖と俗の使者たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星野ジャパンはこんなに弱かったの!?:

« 祝 ソフトボール 悲願の金メダル獲得! | トップページ | アネット・メサジュ:聖と俗の使者たち »