« 永青文庫の白隠とその弟子たち展 | トップページ | 北京故宮 書の名宝展 »

2008.07.25

アメリカ映画協会が選ぶ“勇気と感動ベスト100!”

443
442
444
昨日、BS2で夜9時から放送されたアメリカ映画協会(AFI)が選ぶ“勇気と感動ベスト
100!”を楽しく見た。この番組はAFIの設立100周年を記念するイベントとして06年に制作された。

100位から各映画のシーンを数分流し、その映画の魅力や何に感動するのかなどを俳優、監督、脚本家、スポーツ選手、TVキャスターらが思い〃に熱く語るといった形で人気の高い映画へと進んでいく。ベスト20に入った映画は次のようになっている。

1  素晴らしい哉、人生!(1945)
2  アラバマ物語 (1962)
3  シンドラーのリスト (1993、上の写真)
4  ロッキー (1976)
5  スミス都へ行く (1939)
6  E.T (1982、 真ん中)
7  怒りの葡萄 (1940)
8  ヤング・ゼネレーション (1979)
9  三十四丁目の奇跡 (1947)
10 プライベート・ライアン( 1998)

11 我等の生涯の最良の年 (1946)
12 アポロ13 (1995)
13 勝利への旅立ち (1986)
14 戦場にかける橋 (1957)
15 奇跡の人 (1962)
16 ノーマ・レイ(1979)
17 カッコーの巣の上で (1975)
18 アンネの日記 (1959)
19 ライトスタッフ (1983)
20 フィラデルフィア (1993) 

“私の好きな映画が20位に入ってない。一体どのあたりにランクされているのかしら?”という声が沢山聞こえてくるので、21~100までを日本人がよく知っている映画を中心にピックアップしてみた。

21 夜の大捜査線(1967)
23 ショーシャンクの空に (1994)
26 オズの魔法使 (1939、下)
28 フィールド・オブ・ドリームス (1989)
29 ガンジー (1982)
30 アラビアのロレンス (1962)
31 グローリー (1989)
32 カサブランカ (1942)
33 街の灯 (1931)
37 フォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)

39 スター・ウォーズ (1977)
41 サウンド・オブ・ミュージック (1965)
42 十二人の怒れる男 (1957)
43 風と共に去りぬ (1939)
44 スパルタカス (1960)
47 2001年宇宙の旅 (1968)
51 カラー・パープル (1985)
53 シェーン (1953)
56 ベンハー (1959)
58 未知との遭遇 (1977)

59 ダンス・ウィズ・ウルブズ (1990)
60 キリング・フィールド (1984)
62 ブレイブハート (1995)
63 レインマン (1988)
68 愛と青春の旅だち (1982)
75 評決 (1982)
77 ドライビングMissデイジー (1989)
79 十戒 (1956)
82 屋根の上のバイオリン弾き (1971)
84 セルピコ (1973)
90 ホテル・ルワンダ (2004)
93 ビューティフル・マインド (2001)

今はあまり映画は見ないが、ある時期レンタルビデオで毎週かなりの本数を見ていた。これまで見た日本映画、海外映画は約600本。映画狂ではないが、好きな映画は数限りなくある。上の21~100位にあげたなかでは90位のホテル・ルワンダは見てないが、残りは全部みている。どれも心に残る名作。

ベスト20の作品はこういう映画がアメリカ人は最も好きなのか!という感じ。1、5、8、9、11、13、16はまったく知らない。今回選ばれた100作のなかで、今でも感動がよみがえってくるMyベスト20(順位なし)は

★シンドラーのリスト
★E.T
★夜の大捜査線
★ショーシャンクの空に
★オズの魔法使
★ガンジー
★アラビアのロレンス
★街の日
★サウンド・オブ・ミュージック
★十二人の怒れる男

★風と共に去りぬ
★シェーン
★カラー・パープル
★ベンハー
★キリング・フィールド
★レインマン
★愛と青春の旅だち
★十戒
★セルピコ
★ビューティフル・マインド

さて、皆さんの感動の映画はどうなっているでしょうか?

|

« 永青文庫の白隠とその弟子たち展 | トップページ | 北京故宮 書の名宝展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ映画協会が選ぶ“勇気と感動ベスト100!”:

« 永青文庫の白隠とその弟子たち展 | トップページ | 北京故宮 書の名宝展 »