« 美術に魅せられて! 回顧展に熱心な京博と千葉市美! | トップページ | 対決ー巨匠たち日本美術 永徳・蕪村の新発見絵画! »

2008.07.29

対決ー巨匠たちの日本美術  雪村・宗達・若冲

454
455
456
連日大人気の“対決ー巨匠たちの日本美術”(東博、7/8~8/17)は今日から後期に入り、新しい作品が8点登場した。そのなかの2点が入場してすぐのところに飾ってある。雪舟 の“秋冬山水図”(国宝、東博、拙ブログ07/8/23)と上の雪村の“風濤図”(ふうとうず、重文、京都・野村美)。どちらも図版とはイメージのちがう小さな絵。

“秋冬山水図”は何回かみているので、初見の“風濤図”を釘付けになってみた。ここでも雪村お得の風の表現が冴えわたっている。帆がうしろに大きく曲がった小舟を見ると海面は大きくうねり、強風が吹きまくっている様子。岸辺の大きな木も風に倒されないように必死で踏ん張っている感じ。期待通りのいい絵だった。

後期で屏風が左隻に替わったのが、永徳の“花鳥図襖・松鶴芦雁図”(国宝、聚光院)、宗達の“草花図扇面散貼付屏風”(出光美)、“扇面散屏風”(三の丸尚蔵館)。コンディションがとてもいい真ん中の“扇面散”(部分、一、二、三扇)を前期の右隻同様、じっくり見た。

これは八曲一双の各扇に三面ずつ、全部で47面の扇絵(おおぎえ)が金箔地に貼り付けられている。ただ、一面だけは金地に直に書かれている。それが真ん中の右から三番目の扇の中段。ここに描かれているのは大半が保元・平治物語絵(36面)。左隻のほうが武者絵が多いので、武者の顔の表情、身につけている赤や緑が鮮やかな鎧兜、ダイナミックな馬のフォルムを夢中になってみた。

この武者絵以上におもしろかったのが三扇の伊勢物語絵。上段の雷神は“やあー、相変わらずカッコいいね!”と声をかけたくなる感じだが、下段の鬼と女にギョッとする。でも、鬼がユーモラスに描かれているから、ひるむほどのことはない。緑で描かれた鬼の口から真っ赤な血がしたたり落ちている。髪をひん握っている女の腕を食っているのである。腕のあとは顔でも食うつもりだろうか。凄惨な地獄絵をこれまで沢山みてきたが、鬼が女を食べるのははじめて見た!

二度目の鑑賞だから、会場を回るのは早い。図録や絵葉書の売場を通りすぎ、若冲の下の“旭日鳳凰図”(三の丸尚蔵館)をめざした。ありました、ありました!これは大好きな絵。2年ぶりの対面に浮き浮きしてくる。名画ほど見るたびに発見があるというが、あらたに気づいたことをいくつか。前回は右の横向きの鳳凰にフォーカスし、羽根の描写などをのめりこんでみたので(06/7/8)、今回は姿態がはっきりとらえにくい左の鳳凰を丹念にみた。

しゃがんだ鳳凰が足をかけている岩のすぐ下をみてほしい。ここは穴があいており、この穴に尾っぽが入ってきている。さらにその下に目をやると、ここにも穴があり、波頭が通り抜けている。ぱっと見ると平板な描き方のようにみえるが、画面の構成はなかなか複雑!羽根の精緻な描写で目につくのは胡粉の白だが、左の鳳凰は首裏の緑の羽根を右と同様に白で一本〃ふちどっているが、ほかのところの白はあまり目立たない。

30分も続いた鑑賞の締めはやはり右の鳳凰。なんともゴージャスで気品のある鳳凰である。何度みてもこの絵はすごい!蕭白の“鷹図”もとてもいい絵なのに、この絵の前ではかすんでしまう。

|

« 美術に魅せられて! 回顧展に熱心な京博と千葉市美! | トップページ | 対決ー巨匠たち日本美術 永徳・蕪村の新発見絵画! »

コメント

僕も明日か明後日に二度目の鑑賞をする予定。
混雑具合はいかがでしたか?
先日の鑑賞では観られなかった六波羅蜜寺の仏様も大いに楽しみ。
カタログは買いましたからミュージアムショップで京都の「河鍋暁斎か、MIHOの「与謝蕪村」を購入する予定です。

投稿: oki | 2008.07.29 23:26

to okiさん
絵の前の列が動かないほどではありませんでしたが、
会場内は大勢の方がおられましたね。皆さん、この
展覧会だけは絶対見ておこうという感じですね。

日本のトップクラスの美術史家が選りすぐった作品
をこれほど多く見せてくれるのですから、誰でも
出かけようという気になります。

今日取り上げた雪村の“風濤図”は1937年に
ベルリンの国立ドイツ博物館で開催された“日本古美
術展覧会”に出品され、ヒトラーに一番気に入られ
ました。そんな名品です。これを見逃すと、次は
いつみれるかわかりません。回顧展にもでなかった
のですから。

投稿: いづつや | 2008.07.29 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対決ー巨匠たちの日本美術  雪村・宗達・若冲:

« 美術に魅せられて! 回顧展に熱心な京博と千葉市美! | トップページ | 対決ー巨匠たち日本美術 永徳・蕪村の新発見絵画! »