« 名古屋ボストン美術館のモネ展 | トップページ | ブリジストン美術館の岡鹿之助展 »

2008.06.02

芸術都市 パリの100年展

217_2
216_2
215_2
東京都美術館の“芸術都市 パリの100年展”(4/25~7/6)を見た。この展覧会への期待がとくに高かったわけではなく、まだ訪問したことのないパリの美術館にひょっとしてサプライズの作品があるかも?という軽い気持ち。結果は?小さなサプライズのみで、チラシをみて是非見たいと思っていたモネ、シニャック、ユトリロを楽しんだだけに終わった。

海外の展覧会を見るとき、○の評価基準にしている目玉の作品2~3点には足らない!ユトリロの代表作中の代表作“コタン小路”(真ん中の画像)があるから1点はとれるが、あとは残りを全部集めても1点にはならず、せいぜい1.5~1.7点。展示室を進んでも気分が盛り上がらないのは知らない画家が多すぎるから。海外のあまり有名でない画家の作品を見せられて楽しめるはずがない。美術の専門家向けに内々でやる美術史学会の研究会ならこれでもいいだろうが、一般の美術ファンを相手に作品を展示する展覧会としてはセンスがない。

ここ数年、東京都美が企画した展覧会のなかでは作品の質の総量はもっとも小さいのではなかろうか。昨年のフィラデルフィア美展を10点としたら、3点がいいとこ。厳しすぎる?ほかの美術館より高く評価している東京都美だから、期待をこめてあえて厳しく言っている。作品の数は148点。とにかく知らない画家の作品が多すぎる。馴染みの画家の作品で心の中に出来上がっているパリのイメージを見せてほしい。芸術都市、パリのお話なら5章もいらない。作品の数は70~80点くらい、3章で充分。それを名の通った画家のそこそこの作品で構成する。

チラシに載っていたシニャック(1863~1935)の上の“ポン・デ・ザール”(カルナヴァレ美)は見ごたえのある絵。アーチの数にあわせて横長のカンヴァスを選んだのだろうか。点描技法で平面的に描かれているので、橋のボリューム感とか後ろの奥行き感はないが、明るい空と美しいセーヌ川の流れからは花の都、パリの雰囲気がストレートに伝わってくる。これまでシニャックというと“ヴェネツィア”(拙ブログ07/5/24)とか国立西洋美にある“サン=トロペの港”などの海の絵を多くみてきたが、こういう川の絵がはじめてだから、貴重な体験だった。

“コタン小路”(ポンピドゥー)は誰もが知っているユトリロ(1883~1968)の傑作。絵は何回かみているのに、まだここへ行ったことがない。“ラパン・アジル”(05/9/25)もまだ。でも、“コタン小路”の奥の階段は1月、モンマルトルのあのキツイ坂を上ったから、イメージできる。たしかに、石畳と白壁に囲まれた通りはこの絵のように人があまりおらず、静かで寂しい感じ。アル中で衰弱したユトリロが裏通りをよろけながら歩いている姿が目に見えるよう。この“白の時代”の名画と再会できたのは大きな喜びである。

下はサプライズの作品。キース・ヴァン・ドンゲン(1877~1968)が描いた大きな縦長の絵、“ポーレット・パックの肖像”(ポンピドゥー)。昨年、国立新美であっ“たポンピドゥーセンター展”で“スペインのショール”といういい裸婦像をみたが、これもグッとくる。フォービスムの画家らしく、顔や足の一部に緑が使われている。

エルミタージュ美にある“黒い帽子の女”(04/12/30)を見逃したのは今から思うと残念でならないが、少しずつドンゲンの作品(05/4/1307/5/15)が増えてきた。先月出かけた名古屋市美の平常展示にもいい絵があった。いつかドンゲンの回顧展と遭遇するのを楽しみにしている。

帰り際、図録を買うかどうかで迷った。ルノワールの2点はアベレージだし、気に入っているモネの“テュルリー”(マルモッタン美)はすでに見ている。また、モロー美から出品されている6点も心を奪われるほどでもない。ドンゲンの絵葉書があればパスだったが、これがなかったからやむなく買うことにした。

サブタイトル“ルノワール、セザンヌ、ユトリロの生きた街 1830-1930年”にはくれぐれも惑わされないように。実際は“モネ、シニャック、ユトリロ、ヴァラドン、ドンゲンが生きた街”!

|

« 名古屋ボストン美術館のモネ展 | トップページ | ブリジストン美術館の岡鹿之助展 »

コメント

ちょっと厳しすぎますよ!
それだけいづつやさんはこの美術館の企画展に期待が大きいのでしょうね。
次のフェルメール展なんかどきどきしておられますか?
珍しく夜間開館もやるようですね。
僕としては「芸術都市パリ」展は、絵画、写真、彫刻、版画とそろっていて、毎日新聞主催としては高く評価していますーあくまで「毎日新聞主催としては」という条件付きですが/笑。

投稿: oki | 2008.06.05 22:00

to okiさん
展覧会への期待値は人それぞれですから、気に
なさらないでください。期待が高かったわけで
はありませんので、国立新美のモディリアーニ展
のようには憤慨してません。

これまでここの展覧会には感動する名画がミニ
マム2点はありましたから、ほかの美術館よりは
評価をしてました。ところが、今回はユトリロの
コタン小路1点しかありません。

私は歴史が大好きなのですが、展覧会でパリの街
の歴史や人々のことを知ろうとはおもってません。
お金を払って入場するのはひとえにいい絵や美術品
を見るためです。あまり有名でない画家の絵は見
たくないですね。フランスの美術館ならいざしらず、
日本の美術館でやる展覧会ですから。

また、印象派の画家にしても普通のルノワールの
絵やセザンヌの初期の作品で“ルノワールやセザン
ヌの生きた街”といわれても、“そうですね、感激
しました”という人がどれだけいるでしょうか?

ここ数年、ルノワールの傑作がいくつもやってきて
いますから、印象派が好きな日本の美術ファンに
今回の2点が響くはずがありません。これを企画
した人はまったくのKYです。

もうひとついいますと、モロー美から6点きてま
すが、画集に載っているのは1点もありません。
この美術館にはモローの作品が沢山ありますが、
有名な絵はのぞいておいて、“どうぞ、このあたり
からお好きなのを持っていってください”と言われ
た感じです。

今は多くの美術館がいろんな企画展をやってます
から、作品そのものの質がよくないとお客は呼べ
ないと思います。次回がビッグなフェルメール展で、
手抜きしたいのはわかりますが、目玉をもう1点
もってきてもらいたかったですね。2点あればOK
なのですから。

投稿: いづつや | 2008.06.06 11:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸術都市 パリの100年展:

» 藝術都市パリの100年展 @東京都美術館 [Art & Bell by Tora]
 副題は「日仏交流150周年記念」となっている。これは幕末に「日仏修好通商条約」が締結されてからということであるが、この条約は悪名高き不平等条約ではなかったのか。これを記念するとはどういう神経をしているのか分からないが、ここでは「明治は遠くなりにけり」とだけしておこう。  ということでこの展覧会はあまり期待していなかったし、あまり前評判も高くなかったのだが、時間ができたので、初日に観てきた。1.パリ、古きものと新しきものー理想の都市づくり: 都市計画で一変したパリの景色。 ○レピーヌ《ロワイ... [続きを読む]

受信: 2008.06.05 18:54

» 芸術都市パリの100年展@東京都美術館 [たび☆めし☆うま BLOG]
上野の東京都美術館へ行ってきました。なんとなくローカルな雰囲気が好きな場所です。さて、芸術都市パリの100年展を観てきました。パリが絶頂期を築いたといわれる1830年代から1930年代の約100年間にスポットを当て、絵画、彫刻、写真など、数々の芸術作品が展示されていま...... [続きを読む]

受信: 2008.06.26 00:21

« 名古屋ボストン美術館のモネ展 | トップページ | ブリジストン美術館の岡鹿之助展 »