« メトロポリタン美術館 その一 ジョット  サセッタ  ジョヴァンニ・ディ・パオロ | トップページ | 暁斎 Kyosaiー近代へ架ける橋 »

2008.05.04

その二 ヤン・ファン・エイク  クラナハ  ブリューゲル

109_2
108_3
107_2
メトロポリタンにある古典絵画で一番のサプライズが上のヤン・ファン・エイク作“磔刑、最後の審判の二連画”。豊かな色彩と目が点になるくらい精緻な描写に息を呑んで見た。ワシントン・ナショナル・ギャラリーで魅了された“受胎告知”(拙ブログ4/10)に漂う厳粛さとは異なり、ここには重いモチーフが描かれている。とくに右の“最後の審判”に度肝をぬかれた。

目にとびこんでくるのが縦長の画面中央で足を大股開きにし、腰をかがめるようにしてこちらを見ている骸骨。両足の下には地獄に落ちた罪人が数えきれないくらい沢山描かれている。逆さ吊りにされ、顔を苦痛でゆがめている者、悪魔や怪獣に襲われ悲鳴をあげている者。地獄絵ならではのおぞましい光景なのであまり長くは見てられない。

骸骨の上にいる大天使ミカエルの背中からでている羽根は“受胎告知”のように鮮やかなレインボーカラー。その姿がなかなかカッコいいので思わず見蕩れてしまった。そして、ミカエルの右側の海辺の描写にもびっくり仰天。遠くまで打ち寄せる波が実に細かく描かれている。海がでてくる最後の審判の絵ははじめて見た。ヤン・ファン・エイクのこんなすごい絵があるのだから、流石、MET!

真ん中はクラナハ(1472~1553)の“パリスの審判”。クラナハはこの主題を繰り返し描いており、現在、国立西洋美術館で開催中の“ウルビーノのヴィーナス”(3/4~
5/18)にもウフィツィ所蔵のものが出品されている。ギリシャ神話では、ヘラ、アテナ、アフロディテの三女神のなかから天界の美人No.1を決める大役を仰せつかったパリスは羊飼い、そして神々の使者としてパリスに審判を仰ぐ役目のヘルメスはたくましい若者のはず。

ところが、この絵ではパリスは騎士、ヘルメスは老人の姿で描かれている。クラナハはこの場面を神話の世界ではなく、当時の服装で再現しているのである。これは日本の浮世絵師、鈴木春信が得意とした見立絵と同じ発想。いかめしく硬いイメージの強い男に対し、三女神はルーベンスの裸婦像と較べれば健康度はぐっと下がり、なまめかしくてエロティック。

見事パリスの心を捉えたのは誰か?それは真ん中で左上のまるまる太った息子のキューピットのほうを指差しているアフロディテ。パリスにとって、ご褒美にもらうすればアフロディテが約束してくれた美女ヘレネが一番うれしい。美の女神はそのことをよく知っている。でも、パリスにとっていいことはトロイの国にとっては最悪。で、あのトロイ戦争が起こってしまう。

下は再会を楽しみにしていたブリューゲル(1525~1569)の“穀物の収穫”。ブリューゲルはボスとともに大好きな画家。この絵はゴッホの“イエローパワー”を彷彿とさせる黄金色の小麦に魅せられる。画面のなかにはきつい刈り入れの仕事をしているところと木陰で休息をとるところが対照的に描かれている。

視線が集まるのが大の字になって眠りこけている男。よほど疲れているのだろう。ブリューゲルの風景画の魅力は巧みな構図と中景、遠景をていねいに描き込む広々とした空間描写。小麦畑の向こうにみえる緑の草地や木々のところに目をやると子供が二人いた。ルーベンスはブリューゲルの風景画をこよなく愛していたという。ほんとうに心の安まる名作である。

|

« メトロポリタン美術館 その一 ジョット  サセッタ  ジョヴァンニ・ディ・パオロ | トップページ | 暁斎 Kyosaiー近代へ架ける橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その二 ヤン・ファン・エイク  クラナハ  ブリューゲル:

« メトロポリタン美術館 その一 ジョット  サセッタ  ジョヴァンニ・ディ・パオロ | トップページ | 暁斎 Kyosaiー近代へ架ける橋 »