« その四 ブーシェ  フラゴナール | トップページ | 親鸞聖人750回大遠忌記念 本願寺展 »

2008.05.24

その五 ゴヤ  アングル  ルノワール

186_2
184_2
185_2
アメリカの美術館をまわると、大富豪コレクターたちが印象派と同じくらいグレコ、ベラスケス、ゴヤの絵の収集に熱を上げたことがよくわかる。フリックもその一人で、ここにはグレコ3点のほか、ベラスケスの“フェリペ4世の肖像”、ゴヤの上の“鍛冶屋”、“オスナ公ドン・ペドロ”がある。

ゴヤ(1746~1826)の“鍛冶屋”はワシントンナショナルギャラリーにある“ポンテーホス女侯爵”(拙ブログ4/14)やメトロポリタン蔵の赤い衣服を着た男の子の絵(5/6)とは画風ががらっと異なる絵。これはゴヤ70歳ころの作品で、メトロポリタンにある“バルコニーのマハ”と“黒い絵シリーズ”(プラド)との間あたりに描かれた。

下層社会に生きる労働者を主題にした作品では以前ブダペスト国立美術館でみた“水瓶を運ぶ女”と“刃物を研ぐ男”が強く印象に残っているが、それ以上に心を打つのがこの“鍛冶屋”。手前の男は足を踏ん張り重いハンマーを振り上げ、相方は真っ赤に焼けた鉄をはさみでしっかり支えている。そして二人の間にいる年嵩の男はふいごを手にしている。荒い筆使いで分厚く塗りこめられた暗い色調の画面からは3人が息をあわせて鉄と格闘している様子がひしひしと伝わってくる。

アングル(1780~1867)が65歳のとき描いた真ん中の“ドーソンヴィル夫人”はお気に入りの一枚。アングルが65歳から73歳にかけて制作した女性画はいずれも魅力に溢れている。“ジェイムス・ド・ロスチャイルド夫人”(パリ、個人蔵)、“モテシワ夫人”(ワシントンナショナルギャラリー)、“座るモテシワ夫人”(ロンドンナショナルギャラリー)、“ブロイ公妃”(メトロポリタン、5/13)。

この4点に描かれたモデルは“モテシワ夫人”を除いて、皆手が顔や髪に軽くふれるポーズをとっている。なかでもそのポーズに吸い込まれそうになるのが“ドーソンヴル夫人”。どこかファッション雑誌に載っているスーパーモデルを彷彿とさせる。次の狙いは画集でとても魅せられる“ロスチャイルド夫人”。個人蔵だから無理かもしれないが、諦めずに対面を夢見ていたい。

下の絵は前回の鑑賞でどういうわけか記憶に無いルノワール(1841~1919)の“母と子供たち”。どこかへ貸し出中だったのかもしれない。だから、シカゴ美術館にある“テラスにて”、“サーカスの少女”(4/5)同様、対面を楽しみにしていた。これは第二回印象派展に出品された初期の作品。期待通りの心が和むいい絵である。毛皮で縁取りされた緑の外套を着た可愛い二人の少女の背中にそっと手をやる母親の姿が実にいい。

本日でアメリカ美術館めぐりの感想記は終了します。お楽しみ頂けましたでしょうか。シカゴ、ワシントンナショナルギャラリー、フリーア、ボストン、メトロポリタン、フリックには心を奪われる名画が沢山ありました。感動の総量は相当大きいので、今年いっぱいはその余韻に浸っていられそうです。

|

« その四 ブーシェ  フラゴナール | トップページ | 親鸞聖人750回大遠忌記念 本願寺展 »

コメント

こんにちは
ルノワールの絵、お母さんというよりお姉さんのような感じの可愛さのある婦人ですね。
少女二人も愛らしいです。
ルノワールを好まない人も多いようですが、わたしはやっぱりルノワールが大好きです。
どの絵を見ても和やかで豊かなキモチが湧いてきます。

投稿: 遊行七恵 | 2008.05.25 11:49

to 遊行七恵さん
こんばんは。西洋画でも日本画でも女性を描いた
絵を見るのが何よりの楽しみですから、フリック
コレクションのルノワールにもぞっこんです。

西洋画家で女性の美しさを仰々しくなく、柔らかく
描いたのはフェルメール(青いターバンの少女、
真珠の首飾りの女)、コロー(真珠の女)、そして
われらがルノワールの3人ではないでしょうか。

ルーヴルで見れなかったコローの“真珠の女”と
もうすぐ対面できるかと思うとワクワクします。

投稿: いづつや | 2008.05.25 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その五 ゴヤ  アングル  ルノワール:

« その四 ブーシェ  フラゴナール | トップページ | 親鸞聖人750回大遠忌記念 本願寺展 »