« その三 ティツィアーノ  ルーベンス  ヴェロネーゼ | トップページ | MIHO MUSEUMの与謝蕪村展 »

2008.05.06

その四 グレコ  ベラスケス  ゴヤ

118_2
117_3
116_3
メトロポリタンはルーヴル同様大きな美術館なので、一回の訪問ではとても作品の全貌はつかめない。普通のツアーでは鑑賞時間は1時間とか1時間半程度。これだと、狙いを定めないで“ぐるっとまわってみようか”という気分でスタートすると、“まだこれだけしか見てないのにもう一時間経ってる。集合時間時間まであと30分しかない!”とあせりまくり状態にきわめて高い確率でおちいる。だから、ここを訪問するときはルーヴルでとったような綿密な作戦が必要。

あれもこれも欲張ってみるよりは自分の見たい絵や彫刻、遺跡出土品をかなり絞りこんで鑑賞したほうが大きな満足がえられる。例えば、絵画だとヨーロッパの古典絵画と印象派だけをみて、20世紀美術はMoMAやグッゲンハイムにまかせてパスするとか。また、エジプト、ギリシャ・ローマ美術は大英博物館、ルーヴルのほうが質、数は上だから、有名なものだけピンポイントでみるとか。

今回はまだじっくりみてないアフリカ美術コレクションに時間を使うことも考えたが、これを我慢してお目当ての絵画だけに集中した。そして、重点鑑賞画家にしていたのはグレコ、ゴヤ、レンブラント、カラヴァッジョ、ラ・トゥール、フェルメール、ドガ、サージェント。

昨年プラド美術館やトレドで久しぶりにグレコ、ベラスケス、ゴヤの傑作と対面し、スペイン絵画への親密度がぐっと増した。さらに今回のアメリカツアーではシカゴ、ワシントンナショナルギャラリーとここメトロで画集に載っている有名な絵が見れたからスペイン絵画は一気に済みマークがついた。とくに昔から大好きなグレコとゴヤがすごく充実していたので、満ち足りた気分になっている。

プラド以外でグレコ(1541~1614)のコレクションで評価が高いのは一度訪問したことのあるブダペスト美術館とメトロポリタン。上は再会を心待ちにしていた“トレド風景”。何度見ても絵のなかにぐぐっと惹きこまれる。深い緑で描かれた起伏のある川と丘、そして不気味な青い空がすごく印象的。2日前とりあげたブリューゲルの風景画のように画面左手の遠景には坂道を橋のほうへ歩いている人たちが小さく描かれている。中国の万里の長城をイメージさせる城郭と大聖堂のむこうには宮廷がおかれていたアルカサルがみえる。

このほかにも最晩年の作品“黙示録第五の封印”、“自画像”、衣装の朱色と白の対比が鮮やかな“枢機卿ベルナルド・デ・サンドーバル”など目を見張らされる傑作が目白押し。また、1階のレーマンコレクションの部屋には同じ題名の作品のなかではベストといわれる“十字架を担うキリスト”とこれまたすばらしい肖像画“聖ヒエロニムス”がある。よくこれほど質の高いグレコの絵を集まったものである。ビジネスの成功により巨万の富を手に入れたアメリカ人コレクターの眼力に敬服するしかない。

真ん中のベラスケス(1599~1660)の“フアン・デ・パレーハ”は前回見たという確かな記憶がないので、二重丸の絵。このツアーではベラスケスの肖像画が大当たり。ボストンにあった“詩人ルイス・デ・ゴンゴラ”(拙ブログ4/20)に魅了されたが、これはそれ以上に惹きこまれる。モデルはあまり腕のよくない助手。口ひげをたくわえたふてぶてしい赤銅色の顔にすごいインパクトがある。これまでベラスケスの肖像画というと王女マルガリータばかりに目がいきすぎていたから、この傑作に出会ったのは大収穫。

下の絵はゴヤ(1746~1828)の“マヌエール・オソーリオ・マンリケ・デ・スーニガの肖像”。15年前、この絵を見たときは大感激した。あの“裸のマハ”や“わが子を喰らうサトゥルヌス”を描いたゴヤがこんな愛らしい子供の絵を描いていたとは!子供は色が白いから赤の衣装がほんとうに映える!前回、純真無垢なこの男の子ばかりに目が集中し気がつかなかったが、隣にいる3匹の猫がやけに不気味。やはりゴヤは並みの画家ではない。

ほかにもいい絵がある。マネを感動させた“バルコニーのマハたち”、肖像画の傑作“セバスティアン・マルティネス”、そしてレーマンギャラリーに飾ってある“アルタミラ伯爵夫人と娘”。なかでも前回見逃した“アルタミラ伯爵夫人と娘”に200%感動した。プラドでゴヤと再会して以来、頭のなかはゴヤの絵でいっぱい。今回、念願だった“ポンテーホス女侯爵”(4/14)とこの伯爵夫人に対面でき、これ以上の幸せはない!

|

« その三 ティツィアーノ  ルーベンス  ヴェロネーゼ | トップページ | MIHO MUSEUMの与謝蕪村展 »

コメント

こんにちは
ゴヤの男の子のそばの猫たち、赤瀬川原平さんが世界中の猫の絵ばかり集めた画集にも載ってまして、わたしの大好きな絵です。あのトリをみつめるギラギラの眼がとてもリアルで楽しいです♪
三匹の視線の違いが面白いと思います。

投稿: 遊行七恵 | 2008.05.06 18:19

to 遊行七恵さん
こんばんは。男の子はお人形さんみたいな可愛い
顔をしているのに猫の目はちょっと“黒い絵”
風ですね。この対照に気づきますますこの絵が
好きになりました。

投稿: いづつや | 2008.05.06 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その四 グレコ  ベラスケス  ゴヤ:

« その三 ティツィアーノ  ルーベンス  ヴェロネーゼ | トップページ | MIHO MUSEUMの与謝蕪村展 »