« その九 ゴヤ  アングル  コロー | トップページ | その二 スーラ  マネ  ゴーギャン »

2008.04.03

シカゴ美術館 その一 カイユボット  モネ

19_2
20
21
3月上旬、アメリカの美術館をめぐるツアー(8日間)に参加し、西洋絵画の傑作を沢山目のなかにおさめたので、今日からそれらを目一杯お伝えしようと思います。また、おつきあい下さい。

過去、海外旅行記を書くときは旅行会社の名前は伏せていたのですが、この度は名前を出しちゃいます。このツアーはクラブツーリズムの“シカゴ・ボストン・ニューヨーク・ワシントン 5大美術館・博物館めぐり8日間”です(詳細は会社のホームページを参照方)。

定期的に送付してもらっているツアー案内でこれを見つけたとき、即参加を決めたのはシカゴ美術館が入っていたから。この美術館をいつか訪問するという夢がようやく叶うのである。これは絶好の機会!アメリカのツアーでNY,ボストン、ワシントンへ行くのは沢山あるが、普通の市内観光でシカゴが入っているのはほとんどないし、ましてやシカゴ美術館を訪問するものはこれまでなかった。

さらに美術好きにとって嬉しいのは美術館にいる時間をたっぷりとってくれるところ。例えば、シカゴ・ボストン美は2時間、ワシントンナショナルギャラリー&スミソニアン航空宇宙博物館は3時間、メトロポリタン美は3時間といった具合。もちろん、市内観光も入っているからアメリカの大都市をエンジョイできるし、NYでは五番街やマジソン街でショッピングするための自由行動も充分あり、夜はブロードウェイのミュージカル観賞(われわれのときはオペラ座の怪人)もついている。満足度の高いツアーなので、会社名までだしてご紹介した次第。興味のある方はどうか同じ体験をなさって下さい。

シカゴを訪問したのははじめて。シカゴ美術館へ行くまでにミシガン湖畔、アメリカで一番高いシアーズタワー(96階の展望室)、穀物取引所などを一通りまわった。現地ガイドによるコンパクトな案内でシカゴの街の雰囲気が少しつかめたが、目を奪われるのがあちこちに建っている魅力的なデザインの高層高級マンション。さすが摩天楼という言葉の発祥地だけのことはある。

ミシガン湖の近くにあるシカゴ美術館には昼食時間込みで2時間30分いた。ガイドさんから館内のフロアや注目作品のある展示室の説明を簡単に聞いて、早速お目当ての絵めざして展示室へ向かった。食事は当然カットだから2時間半まるまる作品鑑賞に充てられる。ここには有名な印象派のほかに16~18世紀ヨーロッパ絵画、近代絵画、現代アート、アメリカ絵画、古代ギリシャ美術、東洋美術などがあるが、今回はパリのルーブル同様、絵画だけをみた。

16~18世紀絵画のところにはグレコの“聖母被昇天”やレンブラントのいい肖像画などもあったが、これは割愛して、6回にわたって紹介する感動の作品は印象派と近代絵画に絞った。1回目はカイユボットとモネ。

手には例によって必見名画のリストを握り締めている。上のカイユボット(1848~
1894)の“パリ、雨の日”はリストのなかに入れていたが、期待度は普通だった。ところが、2階の印象派の作品が飾ってある部屋に入り、びっくり仰天した。“ええー、こんなに大きくて、これほどすばらしい絵だったの!”言葉を失い、立ち尽くしてみた。

傘をさした人が行き交う当時のパリの様子はこんな風だったのだなと思わせる巧みな画面構成に見入ってしまう。そして感激するのが大きく描かれた山高帽を被った男と女性が歩いている歩道の質感描写。雨にぬれて光っているのをみるとこの雨がしとしと降りつづいていることが容易に想像できる。これまでカイユボットの作品で想い浮かべるのはオルセーにある“床のかんなかけ”しかなかったが、これからは縦2.12m、横2.76mあるこの大作と遭遇した感激がすぐよみがえってくるだろう。本当にいい絵を見た。

真ん中は誰の絵とお思いであろうか?これはモネ(1840~1926)の“リンゴとブドウのある静物”!モネの大ファンだから、これまでかなりの数をみてきたが、モネの静物画にお目にかかったのはこれがはじめて。事前に美術本でみつけて対面を楽しみにしていたが、期待値以上の美しい絵だった。白い卓布の上で透明な陽を浴びてまばゆいばかりに照り輝いているリンゴやブドウに釘付けになった。

ここにはモネの“積みわら”の連作が6点ある。そのうち5点が展示してあった。これらは18年前ロンドンのロイヤル・アカデミーであった“モネ連作展”でみたのでよく覚えている。そのなかでも体が震えるくらい好きなのが下の“積みわら、夏の終わり、夕方”。久しぶりの再会を心ゆくまで楽しんだ。

|

« その九 ゴヤ  アングル  コロー | トップページ | その二 スーラ  マネ  ゴーギャン »

コメント

素敵な美術館巡りの旅ですね 私も行ってみたくなります

2枚目の「リンゴとブドウのある静物」誰のかなと読んでいったらモネですか・・
いい絵ですね~ 本物が観たいです

ところで、先日東山魁夷展のブロガーの為のプレビューがあり観てきたのですが、
いづつやさんの感想がお聞きしたいなと思っています

投稿: えみ丸 | 2008.04.06 09:22

to えみ丸さん
ご無沙汰してます。シカゴ美術館の印象派
コレクションは予想以上にすごいです。
感動の名画を全部とはいきませんが、有名
なものは取り上げようとおもってます。

モネの静物画に大感激です。えみ丸さんも
お楽しみいただいたので、紹介した甲斐が
ありました。

日本の美術館へも行ってますが、こちらは
アメリカ編と平行して書きます。東山魁夷展
も近々とりあげますので、少しお待ちくだ
さい。

投稿: いづつや | 2008.04.06 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シカゴ美術館 その一 カイユボット  モネ:

« その九 ゴヤ  アングル  コロー | トップページ | その二 スーラ  マネ  ゴーギャン »