« その四 ゴーギャン  ゴッホ  ドガ | トップページ | その五 オスカー・ココシュカ  バーン=ジョーンズ  ジョン・マーチン »

2008.04.23

横須賀美術館の中村岳陵展

98
223
222
数年前から、日本画家、中村岳陵の回顧展をどこかの美術館でやってくれないかなという漠然とした希望を胸にひめていたが、昨年開館した横須賀美術館がこれを実現してくれたので、喜び勇んでクルマを走らせた。自宅から一時間ちょっとで着いた。観音崎の灯台のすぐ近くにあるこの美術館は外観、内装が白一色で統一され、さらに外光を多く取り込む設計になっているから、館内がとても明るい。

特筆すべきは館内にあるレストラン。ここからの眺めがすばらしい!眼前に広がる青い海にはヨットが数隻みえる。これから天気がいい日には絵をみるためではなく、ここで海をみながら、ゆったりとコーヒーを飲んだり食事をするためにやってくる人が増えるかもしれない。すでにそうなっている?!

中村岳陵の絵は過去数点取り上げたことがあるが、鑑賞した作品は十点ちょっとだから、今回出ている作品50点の大半は初見のもの。岳陵は豊かな感性と高い技量で歴史画、人物画、風景画、現代風俗画などを制作してきた。これだけ広い画域をこなせる画家はそうはいない。

上は最も惹かれた“貴妃賜浴”。真ん中にいるのは半裸の楊貴妃。顔の輪郭や表情は東博の“薬師寺展”に出品されている“吉祥天像”をベースにして描かれている。日本の源氏物語物語絵巻の世界に誘う縦長の“春興秋思図”も絵の前に長く立っていたくなる。何年か前、この絵をみて驚愕した。近代の日本画家でこういう平安時代の姫君や女房を源氏物語絵巻風に描けるのは上村松園と中村岳陵しかいない。

真ん中の“白狗”(びゃっく)は04年東近美で開催された“琳派展”ではじめてみた。その時横に飾ってあった山口蓬春の“扇面流し”や福田平八郎の“花菖蒲”と比べると装飾性は強くないから、この絵は無くてもいいと思ったが、たらしこみで描かれた緑の草地の囲まれて画面中央に座っている白犬にぐっと惹きこまれ、毛並みの精緻な描写をしっかり見た記憶がある。今回も釘付けになってみた。

鳥を描いたものでは横浜美蔵の“砂浜”(拙ブログ05/8/7)がとびぬけていい。昨年のホテルオークラのチャリティ-展覧会に出ていた鯉の絵“潜鱗”は一部コンディションの悪い箇所がある。風景画で心を打つのが“日展100年展”(07年7月、国立新美)にも展示された“残照”(07/3/31)。岳陵の絵のなかでこれが一番気に入っている。まだ、目に焼きついているからあまり長くはみなかったが、隣に別ヴァージョンの“清暁”があった。

下の現代風俗を描いた“都会女性職譜”はカラリスト、中村岳陵の豊かな色彩感覚が存分にうかがえる作品。前期(4/1~25)は6点あるうち、“女店員”、下の“女給”など4点がでていた。“女給”ではシルエットになっている恋人を戸惑いつつ好奇心の入り混じったまなざしでみつめる店員の気持ちが手にとるようにわかる。つくづく上手だなと思う。東近美にある“気球揚”もあると完璧だったが、そう理想通りにはいかない。満足度200%の展覧会だった。横須賀美に感謝!

|

« その四 ゴーギャン  ゴッホ  ドガ | トップページ | その五 オスカー・ココシュカ  バーン=ジョーンズ  ジョン・マーチン »

コメント

はじめまして。
私はこの企画展で中村岳陵に初めて注目したのですが、素晴らしい作品がいっぱいで良かったです。
こちらのブログは美術展情報が非常に充実されておられ、以前から敬服しております。素晴らしいブログをありがとうございます。これからも拝見して参りたいと存じます。
自分のブログは足元にも及ばず恥ずかしいのですが、中村岳陵展の感想を書いた機会に、こちらにトラックバックをさせていただきました。よろしくお願いいたします。

投稿: atsuos | 2008.05.03 14:58

to atsuosさん
はじめまして。コメント有難うございます。
横須賀市美の中村岳陵展は充実してましたね。
大満足でした。お気に入りの“残照”と再会
できた上、初見の“貴妃賜浴”と遭遇したのは
大収穫でした。

長年、岳陵の回顧展を待っていましたから、
もう嬉しくてたまりません。これからもよろし
くお願いします。また、お気軽にお越しくだ
さい。

投稿: いづつや | 2008.05.03 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀美術館の中村岳陵展:

» 中村岳陵展-横須賀美術館 [見どころ美術館]
ホームページやチラシの紹介画像で期待していた以上に端正な美しさがいっぱいで、見ご [続きを読む]

受信: 2008.05.03 14:43

» 中村岳陵展 (横須賀美術館) [徒然と(美術と本と映画好き...)]
中村岳陵は神奈川に縁のある絵描きさんです... やさしい色使いとやわらかな描線...これまで何度か観たことはあっ たのですが、これだけの数をまとめて観るのははじめてでした。堪 能... 初期の作品はきまじめで硬質ですが、四十前あたりからぐっと作風 が変わります。意匠化されたモダンな花や鳥、色彩豊かなせせらぎ や空の色、そしてハイカラなモダンガール... ・『貴妃賜浴』とてもやわらかな女性像です... ・『潜鱗』水の中にひっそりとひそむ、鯉... ・『爽秋』緑の風... ・『砂浜』水色の空...... [続きを読む]

受信: 2008.05.12 00:20

« その四 ゴーギャン  ゴッホ  ドガ | トップページ | その五 オスカー・ココシュカ  バーン=ジョーンズ  ジョン・マーチン »