« その二 カナレット  ヴァトー  ブーシェ | トップページ | その三 ルノワール  モネ  サージェント »

2008.04.21

ガレとジャポニスム展

89
90
91_2
サントリー美術館の開館1周年を記念する特別展は“ガレとジャポニスム”(3/20~
5/11)。4年前訪れた諏訪湖のほとりにある北澤美術館でガレのガラス作品に開眼した。以来、ガレの展覧会は欠かさず出かけ、拙ブログで感想記を書いてきた。

作品の質の高さ、数の多さで強く印象に残っているのが05年の“ガレ展”(江戸東博)。また、Bunkamuraの“ガレとドーム兄弟展”(06年7月)と昨年MOAであった“ガレ、ドーム、ラリック展”も大きな満足が得られた。

さて、今回のガレ展である。期待以上のいい作品が集まっている。ガレの作品だけでなくプラスアルファのおまけの展示が目を楽しませてくれる。このおまけはガレが影響を受けたジャポニスムとは何ぞや?を理解するために展示してあるものだが、切り離してみても十分楽しい。で、まずその作品のことから。

お気に入りの北斎の絵が2点ある。“北斎漫画・魚濫観世音”(拙ブログ08/1/9)と“富嶽百景・登龍の不二”。横道にそれるが、横山大観が描いた“生々流転”の最後の場面にでてくる龍は“登龍の不二”に霊感を得ている。広重は“江戸名所百景”から“堀切の花菖蒲”(3/20~4/14)と“亀戸梅屋敷”(4/16~5/11)。

さらに豪華なのがガレの作品との取り合わせで対面するとは思いもしなかった“鹿下絵新古今和歌巻断簡”(本阿弥光悦・俵屋宗達)(3/20~4/7)。工芸品にもすばらしいのがある。クリストファー・ドレッサーがデザインした壺“日本女性像”の目の覚めるような青を息を呑んでみた。

ガレの初期から晩年までに制作されたガラス作品50点あまりはほとんどがはじめて見るものだった。描かれている花や蜻蛉や昆虫などは目新しくはないが、作品の形とか色合いなどがすばらしいので、とても新鮮に感じられる。取り上げた3点はとくに魅了されたものだが、別に意識したわけではないのにどれもサントリー蔵のもの。サントリーがガレのいい作品を所蔵していることは知っていたが、これほど質の高いコレクションだとは思わなかった。

上の“花器”は透明感のある素地に浮かび上がるバッタが印象深い。真ん中の紫と白の色使いと先が開いた美しいフォルムが心に響く“花器・蛾・昼顔”も名品。そして、下の脚付杯“蜻蛉”が今回の目玉。ガレの親族が所有していたものを近年、サントリーが入手したとのこと。期待値以上の出来栄えにKOされた。

朝日新聞にこの展覧会の紹介記事が載っており、西洋でイメージされる蜻蛉のことが解説されていた。西洋人にとって蜻蛉は“ドラゴン(悪竜)フライ”で、ヘビやイモリを連想させる不吉な虫だそうだ。だから、ガレのように杯や花器の装飾模様に蜻蛉を使うなんて誰も考えない。

ところが、美しい自然に囲まれて育ち、小さいころから花や昆虫と遊んでいたガレは日本人同様、蜻蛉に対してマイナスのイメージがないから、こんな立派な蜻蛉の杯が出来上がる。良質のガラス作品はジュエリーなどの装飾品と同じ。ガレの展覧会ではいつも宝物をみたようないい気分になる。今回も二重丸。

|

« その二 カナレット  ヴァトー  ブーシェ | トップページ | その三 ルノワール  モネ  サージェント »

コメント

私は初期の月光色のガラスが気に入りました。
子どもの頃から透明な風鈴が好きだったせいかも
しれません。

投稿: 一村雨 | 2008.04.22 19:34

まだこの展覧会行っていないんですよ、不思議なもので家から近いとなかなか行かないー。
ガレの展覧会は赤坂見附のサントリーでもありましたよね、しかし今回は美術館が広くなりましたし朝日新聞の後援受けているから質、量ともすごいんでしょうね。
ええっと入館料はいかほどでしたっけ?

投稿: oki | 2008.04.22 21:55

to 一村雨さん
月光色のガラスは涼しげでいいですね。
暑くなると、こういうガラスの芸術品が家に
あると、ほっと一息つけますね。風鈴はとん
と縁がなくなりました。一村雨さんは今も
楽しんでおられます?

投稿: いづつや | 2008.04.22 23:14

to okiさん
アールヌーボー作家とは長くつきあいたいと
思ってますから、ガレの展覧会にはつい足
が向きます。

ワシントンやボストンでジャポニスムへのめり
こむホイッスラーやモネの絵をみてきましたから、
このテーマにはすぐ反応します。ガレの作品は
十分楽しみましたが、北斎漫画の一番いいのが
でてたのでびっくりしました。

江戸東博の大回顧展とは規模が違いますが、
ガレ作品の質の高さと日本の美術品を一緒に並べ
るセンスはなかなかのものです。
入館料は1300円です。

投稿: いづつや | 2008.04.22 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガレとジャポニスム展:

» 「ガレとジャポニズム」展  サントリー美術館 [つまずく石も縁の端くれ]
先日のオフ会で前に座ったYUKIさんに、今の展覧会のお勧めは?と尋ねたら、これがよかったと紹介された。ガレの展覧会には何度も出かけ、作品もかなり見ているので、もういいかなと思っていたのだが、それほどお勧めならばと、出かけてみた。展覧会のタイトルどおり、19...... [続きを読む]

受信: 2008.04.22 19:32

» 「ガレとジャポニスム」/サントリー美術館 [京の昼寝〜♪]
「ガレとジャポニスム」 4月25日(金)  HP  「ガレとジャポニスム」 ガレは結構昔から好きだ。 もう十数年前に幕張にある北澤美術館に行ったこときっかけだったが。 昔からガラスそのものが好きだったと言うこともあるのだが、特に彼のガラスの特性を知りつつも、ピカソの絵のように独自的思考で作り上げる作品には独特のテイストがある。 彼の作品のレプリカも結構あるみたいだが、レプリカでありながらなかなか手が出ない値段である(出そうともしていないが)。 昨年はBunk... [続きを読む]

受信: 2008.05.02 12:28

« その二 カナレット  ヴァトー  ブーシェ | トップページ | その三 ルノワール  モネ  サージェント »