« その七 ヴァトー  ブーシェ  フラゴナール  | トップページ | その九 ゴヤ  アングル  コロー »

2008.04.01

その八 ダビッド  ジェリコー  ドラクロア

13_3
14
15
ルーヴルの絵画を見ていて気分が一番高揚するのはドノン翼2階のフランス絵画の大作がずらっと飾られているところ。とにかく一点々がデカイ。ここへいると絵はやはり本物の前に立ってみるものだなと実感する。大きな絵の場合、画集に載っている画像のイメージ以上に“絵の力”を感じることが多い。

新古典主義のダビッド(1748~1825)の絵はこれまでドラクロア、アングルにくらべて執着度がうすく、よく覚えているのは“ナポレオン1世の戴冠式”と“レカミエ夫人”の2点のみ。で、今回は必見リストに載せた作品を中心にじっくりみた。プッサン同様、古代ギリシャ・ローマの英雄たちを題材にとったダビッドの絵は鮮明な線、なめらかな表面の仕上げ、大理石の浮き彫りのようなフォルムが特徴。とくに惹きつけられるのが人物の演劇的な身振りと激しい感情表現。

お目当ては“サビニの女たちの略奪”、上の“ホラティウス兄弟の誓い”,“息子の遺骸を迎えるブルータス”。“ホラティウス兄弟の誓い”は見ごたえのある絵。父親が手にもつ剣にむけて息子たちが右手をまっすぐ伸ばすポーズがすごくカッコいい。右のほうに母親や姉妹が迫り来る永遠の別れを嘆き悲しんでいる様子が描かれているだけに、愛国心にもえる兄弟は気高くみえる。“ナポレオン1世の戴冠式”にも描かれているピウス7世の肖像画があったが、以外にも小さな作品だった。

久しぶりにみたジェリコー(1791~1824)の“メジュース号の筏”にまたまた感動した。何度みても心が揺さぶられ、見れば見るほどすごい絵だなと思う。はるか遠くの水平線に見える船影はほとんど見えないくらいに小さいのに、樽の上に乗って赤い布をふる男を中心にまわりにいる者たちがかすかな希望を見出し、手をあげ体を前に乗り出す姿が実にリアルで胸を打つ。

歴史上の事件や聖書、神話の物語の劇的な瞬間を描いた絵は沢山あるが、緊迫度、衝撃度からいうとこの絵がNO.1かもしれない。しかも、実際に起こった事件の悲惨さを生存者に聞いて描いたので、この絵は当時の社会にとって衝撃的だったにちがいない。

死体の描写や筏のまわりの波のしぶきを見るとジェリコーは相当高い技量をもっていたことがわかるが、ドラクロア(1789~1863)はジェリコーの画風の影響をかなり受けている。下は前回見逃した“ダンテの小舟”。舟端をかんでいる亡者、暗い海などは“メジュース号の筏”と絵の感じが似通っている。

この絵で目に焼きつくのが左のダンテがかぶっている赤い頭巾。ドラクロアはこれを描いたのは24歳のときだが、天性の色彩感覚がすでに発揮されている。待望の絵をみたので、あとはわがドラクロアの大胆な筆致と輝く色彩で描かれた代表作“民衆を導く自由の女神”、“サルダナパロスの死”、“キオス島の虐殺”などを肩の力をぬいて楽しんだ。

上の画像はクリックで大きくなります。

|

« その七 ヴァトー  ブーシェ  フラゴナール  | トップページ | その九 ゴヤ  アングル  コロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その八 ダビッド  ジェリコー  ドラクロア:

« その七 ヴァトー  ブーシェ  フラゴナール  | トップページ | その九 ゴヤ  アングル  コロー »