« その五 カラヴァッジョ  ラ・トゥール | トップページ | その七 ヴァトー  ブーシェ  フラゴナール  »

2008.03.31

その六 プッサン  ロラン

7_2
8_2
9_2
ルーヴルで重点鑑賞画家にしていたのはティツィアーノ、昨日取り上げたラ・トゥールとニコラ・プッサン(1594~1665)、ヴァトー、ブーシェ、フラゴナール。海外の美術館の所蔵品が日本で公開されるとき、プッサンの絵が含まれていることはほとんどないから、ここでプッサンの作品をみるのをラ・トゥール同様楽しみにしていた。展示してあるのはリシュリュー翼の14~17世紀のフランス絵画のところ。

手にしているチェックリストに必見名画の画像を沢山載せていたが、これを大きく上回る数の作品が二つの部屋に飾ってあった。描かれているのは歴史上の事件や聖書やギリシャ神話の話だから、知識として頭になかにはいっている歴史や神話の情報が目の前の絵によって具体的なイメージとして認識されることになる。古代ギリシャやローマ、ギリシャ神話をライフワークにしているから、個々の作品をじっくり味わった。

上は代表作の“アルカディアの羊飼いたち”で、前回不覚にも意識して見なかった作品。画面の真ん中に大きな墓石があり、二人の羊飼いがそこに刻まれた墓碑銘を読みとろうとしている。顔をこちらに向けている男はかたわらの女性をみやっている。視線が集まる指の先に書かれているのはラテン語の“われアルカディアにもあり”。“われ”とは死神のこと。で、その意味は“私は死神であり、牧歌的な夢の国アルカディアにも君臨している”となる。

プッサンの絵は書物のように“読む”ことができると言われるが、これは死をテーマにした絵。二人の男の指をさすポーズで厳粛なテーマを表現しているのであろうか。でも、背景の木々や山をふくめた絵全体の雰囲気は牧歌的であり、死の恐怖といったものはあまり感じないから、いつまでも見ていたい気持ちにもなる。期待通りの名画であった。

真ん中はいくつかある歴史画のなかでもとくに印象深い作品、“サビニの女たちの略奪”。ローマを建国したロムルスが祭りを利用してローマ人を結婚させるため、サビニの女たちを掠奪する指揮をとっている場面が描かれている。男たちに連れて行かれる女たちの恐怖におびえる表情が真に迫り、奥行きのある画面のあちこちから泣き声や悲鳴が聞こえてくるようである。

17世紀フランス絵画でプッサンとならび高い人気を誇ったのがクロード・ロラン(1602~1682)。この画家に対する期待値はニュートラルだったが、太陽に輝く港の風景を描いた作品の数々をみて200%KOされた。とくに心に響くのがどの絵にもみられる光に満ちた遠景の美しさ。

下はギリシャ神話を題材にした“クリュセイスを父親に返すオデュッセウスのいる港の風景”。ロランは古代の歴史や神話をつかって懐古の詩情と理想化した自然の崇高な美しさを描いた。絵の構成はこれの隣にある“クレオパトラのタルソス上陸”やロンドンのナショナルギャラリーでみた“デロス島のアエネアス”、“シバの女王の船出”でもだいたい同じ。

手前に古代の人物を描き、そしてまわりにはローマ風の建物と木立を配する。港には出航するあるいは入ってきた大きな船が一隻、光のあたる遠景の海面を背景にして浮かび上がるように描かれている。風景画をこよなく愛しているのに、どうしてこんなすばらしいロランの歴史風景画を見逃していたのか!これからはしっかりみていこうと思う。

|

« その五 カラヴァッジョ  ラ・トゥール | トップページ | その七 ヴァトー  ブーシェ  フラゴナール  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その六 プッサン  ロラン:

» 【フラゴナール】の口コミ情報を探しているなら [人気のキーワードからまとめてサーチ!]
フラゴナール に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています… [続きを読む]

受信: 2008.04.01 21:12

« その五 カラヴァッジョ  ラ・トゥール | トップページ | その七 ヴァトー  ブーシェ  フラゴナール  »