« その二 サージェント  ワッツ  ダッド | トップページ | その二 ミロ  エルンスト  グロス »

2008.02.11

テート・モダン その一 マティス  ピカソ

214
213
212
2000年に開館したテート・モダンはテムズ川南岸のサザーク地区にある。セント・ポール大聖堂があるほうから歩行者専用のミレニアムブリッジを進んでいくと正面に高い煙突(99m)のある建物が近づいてくる(上の画像)。元火力発電所がモダンアートの殿堂に生まれ変わったのである。インパクトのある外観はおよそ美術館らしくないが、中に入ると洗練された展示室に飾られたモダンアートの数々が目を楽しませてくれる。

フロアは7階まであり、3階と5階が常設展示に使われている。細長い展示室は2つの階とも左右でひとつの括りになっているから、20世紀以降の近代絵画、抽象絵画、現代アートの作品は全部で4つの切り口にグルーピングされ展示されている。3階の左は“詩と夢”というワーディングになっていたが、いつもこういうまとめ方なのかはわからない。で、これにはあまりこだわらないで必見リストを参考にして、徐々に目を慣らしていった。

ここで思わぬ作品と遭遇した。それは真ん中のマティス(1869~1954)が39歳のときに描いた“グレタ・モルの肖像”。これはナショナル・ギャラリーで見る予定になっていた作品。この絵だけでなく、前回見逃したピカソやクリムト、ルドンの絵と併せて対面を楽しみにしていたのに、いずれも見当たらなかった。で、“全部貸し出し中か!しょうがないな”と諦めていたが、実はここテート・モダンに移管されていたのである。隣にクリムトの“ヘルミーネ・ガリア”もあった。

このクリムトの絵は色が薄く、期待値の半分だったが、マティスの肖像画は思い描いていた通りのいい絵だった。モデルはマティスが一時期、美術学校の先生をしていたときの生徒。この絵で魅せられるのは“マティス夫人(緑のすじのある肖像)”(コペンハーゲン国立美術館蔵)同様、色の使い方はフォービスムだが顔の表情や体の形が写実的に描かれているところ。とくに卵型の顔に心が和む。

マティスの作品は4,5点あったが、この肖像画とともに感動したのが緑、青、赤など8つの色の紙を四角に切って貼りつけた“カタツムリ”という作品。どうしてこのフォルムがカタツムリなのかわからないが、その大きさと印象深い色の対比に心を奪われた。

ピカソ(1881~1973)は若い頃の“シュミーズ姿の少女”をはじめ、代表作のひとつである下の“3人の踊り子”、晩年の名作“首飾りをした裸の女”など刺激的な作品がいくつもあった。ピカソのいい絵をこれだけ沢山みたのは久しぶり。狂ったように踊る姿が伝わってくる“3人の踊り子”を見ていると、ピカソにとってキュビスムという技法は喜びや悲しみ、怒りといった人間の感情や体の動きを自由に表現するための手段だったことがよくわかる。

二重丸をつけていた“赤い肘掛椅子の裸婦”が見れなかったのと“3人の踊り子”とともに再会を心待ちにしていた“泣く女”がなかったのは残念だが、朝鮮戦争の勃発に触発されて制作した灰色の絵“山羊の頭蓋骨、瓶、蝋燭”とも遭遇したから、大きな満足が得られた。

|

« その二 サージェント  ワッツ  ダッド | トップページ | その二 ミロ  エルンスト  グロス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テート・モダン その一 マティス  ピカソ:

« その二 サージェント  ワッツ  ダッド | トップページ | その二 ミロ  エルンスト  グロス »