« 日本橋高島屋の美の壺展 | トップページ | 祝 野球日本代表 北京五輪出場決定! »

2007.12.02

福岡国際マラソン、ワンジル優勝、佐藤敦之は3位!

96_3北京五輪の男子マラソンの代表選考会を兼ねた福岡国際マラソンで中国電力の佐藤敦之が日本人トップの3位に入った。

優勝したのはマラソン初挑戦のケニアの21歳、ワンジル。タイムも2時間6分39秒と今年三番目のすばらしい記録だった。

ワンジルはよくみると高校駅伝に出場した仙台育英の一区を走っていた選手。いつも日本の高校生を大きく離して次の選手にたすきを渡していたのでよく覚えている。今はトヨタ自動車九州に所属していた。ケニアの代表を目指していて、来年あるロンドンマラソンの結果で最終的に北京にいけるかどうかが決まるらしい。

現在ハーフマラソンの世界記録を持っており、はじめてのフルマラソンでいきなり、こんな好タイムで優勝するのだから、すごい選手がでてきたものだ。近い将来、驚異的な記録で世界をあっといわせるかもしれない。そういう選手が日本の企業にいて、日本語もペラペラとくれば一層親近感がわく。

ワンジル、2位のエピオピアのメルガには遅れをとったものの、3位に入った佐藤敦之(左の写真)もすばらしいレースをした。タイムも2時間7分13秒と自己記録(2時間8分36秒、04年びわ湖)を1分以上縮めたのだから、たいしたもの。これで念願の五輪出場は確実だろう。拍手々!

佐藤敦之は長く住んでいた広島にある中国電力の選手なので、ほかの選手とくらべると身近な感じがする。実際、中国電力の選手たちの練習コースになっている太田川沿いの道を黙々と走る佐藤選手を何度か見たことがある。たまたまこのコースの近くに住んでいたため、散歩の際、出くわしたのである。

だから、30kmを過ぎたところで3人の併走になってからは“頑張れ、佐藤!”を連発していた。残念ながら、優勝はできなかったが、日本人選手のなかで一番強いところを見せつけた。北京でも是非いい走りをみせて欲しい。

あと二人は誰になるのだろうか?夏の世界選手権で5位に入賞した同僚の尾形選手は有力のようだが。2月の東京国際、3月のびわ湖が待ち遠しい。

|

« 日本橋高島屋の美の壺展 | トップページ | 祝 野球日本代表 北京五輪出場決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡国際マラソン、ワンジル優勝、佐藤敦之は3位!:

« 日本橋高島屋の美の壺展 | トップページ | 祝 野球日本代表 北京五輪出場決定! »