« 07年もう一度見たい名品・ベスト10! その二 日本画 | トップページ | 07年感動の展覧会・ベスト10! »

2007.12.30

07年もう一度見たい名品・ベスト10! その三 工芸

145

年々、やきもの以外の工芸品への関心が高まっている。大徳川展に出品された名刀を見て突如、刀剣に目覚めたのをはじめ、、東近美の“工芸の力展”では着物ではない藍染の作品に心を奪われた。また、染織、漆芸、ガラスに表現された装飾性豊かな文様に何度胸を打たれたことか。

やきものも富本憲吉(世田谷美)、志野と織部、乾山(いずれも出光美)、安宅コレクション(三井記念美)など見ごたえのある展覧会が続き、色絵、青花、白磁の名品に酔いしれた。心に響いた珠玉の工芸品は次の10点。

★“色絵竹と菱更紗模様瓢箪形大壺” 富本憲吉  富本憲吉記念館蔵

★“青瓷壺”  志賀暁吉  

★“春草文花瓶”  ドーム  北澤美蔵

★“染付龍濤文天球瓶” 畠山記念館蔵

★“飾筥・紅白梅”  藤田喬平  京近美蔵

★“青花辰砂蓮花文壺”  大阪市立東洋陶磁美蔵

★“太刀 銘 吉房”  福岡一文字吉房  林原美蔵

★“緑の薩摩切子

★“鯉蒔絵飾箱”  田口義明

★“藍染・銀河”(上の画像、部分)  福本潮子

|

« 07年もう一度見たい名品・ベスト10! その二 日本画 | トップページ | 07年感動の展覧会・ベスト10! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07年もう一度見たい名品・ベスト10! その三 工芸:

« 07年もう一度見たい名品・ベスト10! その二 日本画 | トップページ | 07年感動の展覧会・ベスト10! »