« 福岡国際マラソン、ワンジル優勝、佐藤敦之は3位! | トップページ | やっと届いた大竹伸朗展(東京都現代美術館)の図録! »

2007.12.03

祝 野球日本代表 北京五輪出場決定!

97星野監督率いる野球日本代表がアジア予選で3連勝し、北京五輪への出場を決めた。拍手々!

昨日の韓国戦を4-3の接戦で制したから、今日の台湾との試合は韓国戦よりは楽かなと思って見ていたが、これが大間違い。台湾もなかなか強い。

初回、4番新井(左の写真)のタイムリーヒットで1点先取したが、そのあと追加点がなかった。先発のダルビッシュはさすが若き日本のエース。先頭打者を塁に出すが、後続を討ち取り、0点に抑える。ところが、6回裏、3番にヒットを打たれ、続く4番には2-3からのストレートを右中間に2ランホームランを打たれてしまった。恐るべし台湾!一瞬凍りついた。

こうなると、悪いことばかり考える。3チームが2勝1敗で並んだときはどうなるのだろう?隣の方が解説をしっかり聞いており、“0-1とか1-2での負けなら北京にいけるそうよ”と教えてくれる。そうか、敗るにしてもこのまま試合が終わればOKだと言い聞かせる。

でも、逆転されても今の日本代表の結束力はすごい。7回表の攻撃で一挙6点を取り、試合を再びひっくり返した。その点の取り方が痺れる。村田、稲葉のヒットと相手投手のフィルダーチョイスでノーアウト満塁になったあと、ロッテのサブローが思ってもみなかったスクイズをきめて同点にした。

昨日も同点のタイムリーヒットを打ったサブローだから、最低でも犠牲フライをあげてくれるだろうと期待していたが、なんとスクイズだった。プレッシャーのなかよく決めた。拍手!あとは西岡、川崎、新井、阿部がヒットを続け、5点とった。

この回はセカンドランナーの村田にかわり代走ででた主将の宮本が里崎のバントのときみせたダブルプレー阻止のスライディングやヒットでつなぐスモール野球など、一つ々のプレーに日本野球の高い技術が凝縮されていた。

この大量リードを8回藤川、9回上原と鉄壁のリリーフ陣が守った。打つほうも9回新井がライトへの2ランホームランを放つなどさらに3点とった。終わってみれば10-2の大勝。でも6回までは緊迫した試合だった。

韓国、台湾戦どちらもハラハラドキドキの試合だったが、星野ジャパンは勝利をおさめ、期待通り北京への切符を手に入れてくれた。本当によかった。次は北京での金メダルだ。がんばれ、日本代表!

|

« 福岡国際マラソン、ワンジル優勝、佐藤敦之は3位! | トップページ | やっと届いた大竹伸朗展(東京都現代美術館)の図録! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝 野球日本代表 北京五輪出場決定!:

« 福岡国際マラソン、ワンジル優勝、佐藤敦之は3位! | トップページ | やっと届いた大竹伸朗展(東京都現代美術館)の図録! »