« 松岡美術館の川合玉堂 | トップページ | 江戸東京博物館の北斎展 »

2007.12.14

プロ野球FA選手の大リーグ移籍

119プロ野球でFA宣言した選手の大リーグ入りが連日スポーツ新聞を賑わかせている。

一番最初に決まったのがロッテのリリーフエース小林雅のインディアンス入リ。同じロッテの薮田は来年からヒルマン(日本ハム監督)が指揮をとるロイヤルズへ。また、楽天の福盛はレンジャーズと契約した。

そして、このストーブリーグで最も注目された中日の福留(左の写真)はシカゴ・カブスに入団することが決まった。その契約金がすごい。4年総額で53億円。年棒にすると13億2500万円。イチローや松井秀の倍である。この二人の年棒は7年とか5年前のものだから、金額だけをくらべて福留がそんなに貰えるほどすごい選手だった?などと思ってはいけない。

大リーグの球団は今儲かっているのと、選手の市場価値は他の球団との競合状況などが影響するから、福留のような日本のトップクラスの選手は高い金額で契約してもらえるのである。昨年のWBCのときも書いたが、前から福留のバッティングは高く評価していた。打席に入ったときの構えがよく、チャンスに強いのが一番の魅力。打つことだけでなく、ライトの守備もいいから、期待に応えるプレーを見せてくれるだろう。

でも高額契約のプレッシャーを相当感じてのプレーになることは間違いない。今年のレッドソックスの松坂みたいに結果がでなければマスコミにキツイことを書かれる可能性があるから、日本でプレーしていたとき以上の精神的なタフさが要求される。自分の力を信じてがむしゃらにやるしかない。

中日の落合監督の福留移籍に関するコメントが今日の新聞に載っていた。“8月からいない選手。最初から頭にない。(大リーグで活躍するかも)わからない”とえらくそっけない。中日で9年もプレーし、リーグ優勝にも大きく貢献したスター選手の大リーグ入りにこんなコメントしか言えないの?

やはり落合は何年たってもへそまがりで大人のふるまいが出来ない。“大リーグでも活躍して欲しい!”となぜ演技でもいいから、あたたかい言葉をかけてやれないのか?たぶん、福留と監督の関係は最近はうまくいってなく、落合は心の中で福留のびっくりするような高い金額に嫉妬しているのだろう。こんなエラくなりすぎた監督のチームほど危ない。来年の中日は黄色信号?

話しが横にそれたが、福留が入団するカブスと同じナリーグ中地区に所属するアストロズヘロッキーズ・松井稼がFAで移籍したから、来年はBS1でこの両チームが対戦する試合がかなり見れるかもしれない。広島の黒田はどうやらトーリ監督のドジャースに入るみたいなので、来シーズンはナリーグの日本人選手を応援することが多くなりそう。楽しみがまた増えた。

|

« 松岡美術館の川合玉堂 | トップページ | 江戸東京博物館の北斎展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球FA選手の大リーグ移籍:

« 松岡美術館の川合玉堂 | トップページ | 江戸東京博物館の北斎展 »