« 平櫛田中名品展 | トップページ | 佐野美術館の備前一文字展 »

2007.11.22

日本彫刻の近代展

76東近美では現在、“日本彫刻の近代展”(11/13~12/24)が行われている。

日本の彫刻については洋画以上に知らないから、この展覧会で特別見たい作品があったわけではない。彫刻を少しまとめて見てみようというごく軽い気持ち。

過去の経験からすると、こういう振り返り型の企画展でつくられる図録はよくできていることが多い。だから、これをゲットすることも目的の一つ。

この展覧会は彫刻を鑑賞する流れとしては申し分ない。7月の“日展100年展”(国立新美)で代表的な彫刻をいくつもみたし、小平でも平櫛田中の木彫やブロンズ作品を見る機会に恵まれた。今回は写実彫刻および抽象彫刻が100点くらい展示されている。知らない名前がほとんどだし、はじめてみる作品ばかり。こういうときは目が少し慣れている作品を頼りに進むしかない。

最初にお誂えむきの作品があったので一安心。東博でときどきお目にかかる右の高村光雲作、“老猿”(重文)。はじめてこれをみたときはなんと見事な置物かと思った。彫刻にはちがいないが、西洋彫刻のイメージではない、まさに職人技的な伝統木彫。目を奪われるのが毛並みの質感表現。思わずそのウェーブがかかった柔らかい毛を触ってみたくなる。

竹内久一の“神武天皇立像”は見上げるほど大きな作品。高さは3mある。東芸大美の“岡倉天心展”に出てた“伎芸天”も背が高かったが、これを上回る大きさ。日展で魅せられた朝倉文夫の“墓守”とまた会った。心のなかで“どうも、どうも”という感じ。橋本平八の“幼児表情”は子供の彫刻なのにすごくインパクトがある。下唇を上唇のうえにのせた顔をみると、この子はきかん坊で我が強そう。

舟越保武の作品をみるのは埼玉県近美にあるダミアン神父の像につづいて2回目。大理石を使った“婦人胸像”は一瞬、息子の舟越桂の作品かと錯覚した。これは意外!舟越桂が親の作風を受け継いでいるとは思わなかった。帰りがけに買い求めた図録は期待通り、市販もしている教科書のような本(07年8月、淡交社)。しばらくこれを読むことにした。

|

« 平櫛田中名品展 | トップページ | 佐野美術館の備前一文字展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本彫刻の近代展:

» 日本彫刻の近代 ・東京国立近代美術館 [あべまつ行脚]
大倉集古館で、鉄斎のお爺パワーにやられて、1時間以上を過ごしてしまったので、慌てて竹橋に移動して、初日の彫刻の展覧会を見てきた。 [続きを読む]

受信: 2007.11.22 23:12

» 日本彫刻の近代 @東京国立近代美術館 [Art & Bell by Tora]
 この展覧会は、幕末・明治期から1960年代までの近代日本彫刻史を、68名の彫刻家の約100点の作品によって振り返るものであるが、このように日本の近代彫刻史を通覧する展覧会を観たのは今回が初めてかもしれない。  美術鑑賞の対象としての「彫刻」という考え方が移入され、彫刻というジャンルが芸術家個人の自由な表現として認められるのは、明治末年から大正初めにかけて、荻原守衛や高村光太郎らの活躍をみてからであった。その後、大正から昭和にかけて、フランスに学んだ彫刻家たちが、その思潮を持ちかえる一方、伝来... [続きを読む]

受信: 2007.11.25 14:59

» 東京国立近代美術館で「日本彫刻の近代」展を観る! [とんとん・にっき]
国立近代美術館(設計:谷口吉郎) 「日本彫刻の近代」、タイトルがちょっと仰々しいですね。オールスターの作品・代表作が出てくる、いわゆる「通史」ってヤツですね。あるいは「近代の超克(?)」ではなくて「近代の彫刻」、歴史の見直しですね。最近は彫刻展、よく行き... [続きを読む]

受信: 2007.12.12 00:21

» 「日本彫刻の近代展」 [弐代目・青い日記帳 ]
東京国立近代美術館で開催中の 「日本彫刻の近代」展に行って来ました。 夏の終わりに観た「日展の100年」展に数点の彫刻が展示されていました。絵の良さも観方もろくすっぽ分からない自分です、どうして目の前にある彫刻作品の良さを理解することができるでしょうか。 どうせ観に行っても何一つ得られるものなどないと思われましたが、「まとめて見る機会のなかなか少ない日本の近代彫刻。本展では高村光雲の代表作《老猿》(重要文化財)をはじめ、貴重な作品を数多く各地から集め、明治からの日本近代彫刻10... [続きを読む]

受信: 2007.12.12 10:21

« 平櫛田中名品展 | トップページ | 佐野美術館の備前一文字展 »