« ミネアポリス美浮世絵コレクションの春信 | トップページ | こんな日本シリーズでいいのか! »

2007.11.02

祝 中日ドラゴンズ 日本シリーズ優勝!

49昨年と同じ顔合わせになった日本シリーズ第5戦で、中日ドラゴンズが日本ハムファイターズを破り、4勝1敗として念願の日本一に輝いた。拍手々!

落合監督になってチームは日本シリーズの常連になったが、日本一が意外に遠かった。昨年は日本ハムにいいところなく敗れたから、監督、選手はなんとしても勝ちたかったのだろう。勝利への執念が日本ハムより上回っていたような感じがする。

今年は接戦を予想したが、結果はここ数年同様、面白くない日本シリーズだった。両リーグの代表チームの戦いだというのに、日本ハムが打てなさすぎた。これでは今や日本プロ野球界のエース格に成長をしたダルビッシュがいくら好投しても、勝ち目はない。

一方、中日はレギュラーが日本シリーズに場慣れしているので、ようやく本来の実力を発揮することができた。逆に今年も敗けていたら何を言われたかわからない。落合監督もほっとしていることだろう。落合は選手としては超一流選手だったが、“オレ流”のイメージが強いため、監督としてチームをまとめられるのか疑問視する声が多かったが、これだけの成績を残せば、監督としての能力が高いことを証明しているようなもの。

成功の秘訣は選手を育てるのが上手いことにつきる。これは中学、高校野球の監督と同じ姿勢で選手と向き合っているから。落合は野球が本当に好きなのだろう。野手に対しては延々と猛ノックをやり徹底的に守備を鍛える。これはコーチの仕事なのに、監督がお構い無しにやる。野球はピッチャーをはじめとする守りが強くないと勝てないことがよくわかっているから、個々の守備力をあげ、投手陣を整備する。守りを固めたことが毎年優勝を争えるようになった最大の要因である。

打撃は監督自身が一番分かっているので、3、4番の主軸に長打力のある選手をすえればいい。途中怪我で戦線を離脱した好打者の福留と一発のあるウッズを打線の核にした。福留がいなくなってからはオリックを追い出された中村が期待に応えて打点をあげた。いいバッターに対しては打撃の天才落合のアドバイスは絶大な力を発揮する。ウッズが右にホームランをよく打つようになったのは監督が技術を教えたから。

そして、いつも殺し文句をはいているのではなかろうか。“福留よ、自信もって打てよ。お前は日本一の左バッターなんだから!”、“ウッズ、いい感じだね。このフォームなら右だってポンポンホームラン打てるよ、左にも右にもホームラン打てるバッターなんてそういないよ!”。

では、今後の落合監督は磐石か?選手との間に波風が立つとすれば、あまりにも監督然としているところ。いつまでも高校生扱いされると選手は嫌になる。ペナントレース中、ある選手の活躍で勝利したときのインタビューで“○○がよく打った。褒めてやる!”とこの偉い監督はのたまった。選手が主役のプロ野球で“褒めてやる!”はない。この言い方は日本のプロ野球における監督の地位を象徴している。

ワールドシリーズを制したレッドソックスのフランコーナ監督は“若手はベテランのようにプレーし、ベテランは若手のようにがんばった”と選手を称えた。日米の試合における監督の役割がちがうから、落合のように偉い監督がいるのはしょうがない。でも、“オレは監督!俺の言うことが聞けないやつはいらない”と権威的にやって、ついてくるのは若手だけ。力のある選手やベテランとの関係はしっくりいかなくなり、かれらの力を引き出せなくなる。

だから、ベテラン、若手をうまくまとめるためには、監督の偉さを過度に見せつけたり、コーチの意見を軽く扱ったりしないほうがいい。それさえなければ、落合中日は今よりもっと強くなる。

|

« ミネアポリス美浮世絵コレクションの春信 | トップページ | こんな日本シリーズでいいのか! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝 中日ドラゴンズ 日本シリーズ優勝!:

« ミネアポリス美浮世絵コレクションの春信 | トップページ | こんな日本シリーズでいいのか! »