« 東博浮世絵エンターテイメント! 春信・歌麿 | トップページ | 大徳川展の源氏物語絵巻 »

2007.11.29

年末は懐かしのポップミュージック三昧!

89例年、11月、12月はBS2やNHKの音楽番組から録画したMy好きな音楽ビデオを聴いて過ごしている。

トータルすると30時間くらいのテープにオムニバス風に入っているのはとくに好きなクラシック、オペラのアリア、海外のポップス、日本の小田和正の歌から美空ひばりの演歌など々。

このビデオづくりは実に楽しい。が、夢中にさせる曲が番組のなかで流れてこなければビデオのしようがないから完成するのに時間がかかる。

出来上がったものは“α波が出る名曲50選!”、“気がめいったとき聴きたい楽しい曲!”といったタイトルでレコード会社が売り出しているCDのように整理された編集ではないが、一応ときどきの気分によりテンポや曲想をチョイスできるラインナップにはなっている。

人に聴かせるためにつくっているのではないが、テープの完成度を上げるため、曲の入れ替えは欠かせない。時代の空気や自分の心の変化とともに、音楽の好みが変わることはよくある。だから、あまりフィーバーしなくなった曲とか曲同士の響き合いがしっくりこないものは消して別の曲に入れ替える。

今、多くの時間を割いて聴いているのが海外の懐かしいポップミュージック。英語の勉強も兼ねて小さいころからアメリカやイギリスのポップスを数えきれないほど聴いてきた。だが、手元には若いころ夢中になって聴いたレコードやCDは一枚もない。これはある時期から聴く対象がクラシックとオペラ一辺倒になったため。もともとコレクションの趣味が無い。

で、3年くらいまえBS2で放送していた“懐かしの1960年代、70年代、80年代ポップス!”に流れた曲を録画し、これでいい気分になっている。そのなかから大好きな曲をいくつか。モータウンレコード系の黒人歌手が歌った曲に好きなのが多い。

★‘悲しき雨音’(1963) カスケード
★‘マイ・ガール’(1964) テンプテーションズ
★‘ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ’(1965) シュープリームス
★‘マサチューセッツ’(1967) ザ・ビージーズ
★‘花のサンフランシスコ’(1967) スコット・マッケンジー
★‘青い影’(1967) プロコルハルム
★‘スィート・キャロライン’(1969) ニール・ダイヤモンド(左の写真)
★‘明日に架ける橋’(1970) サイモン&ガーファンクル
★‘いとしのレイラ’(1970) エリック・クランプトン
★‘雨にぬれた朝’(1971) キャット・スティーブンス

★‘ユー・ガット・ア・フレンド’(1971) キャロル・キング
★‘夜汽車よジョージアへ’(1973) グラディス・ナイト&ピップス
★‘やさしく歌って’(1973) ロバータ・フラック
★‘トップ・オブ・ザ・ワールド’(1973) カーペンターズ
★‘セイリング’(1975) ロッド・ステュアート
★‘ホテル・カリフォルニア’(1976) イーグルス
★‘ダンシング・クィーン’(1976) アバ
★‘夢のシャイニング・スター’(1980) マンハッタンズ
★‘エンドレス・ラブ’(1981) ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチー
★‘ニューヨーク・シティ・セレナーデ’(1981) クリストファー・クロス

★‘愛と青春の旅立ち’(1982) ジョー・コッカー
★‘哀愁のヨーロッパ’(1982) サンタナ
★‘ハイスクールはダンステリア’(1983) シンディ・ローパー
★‘オール・アット・ワンス’(1985) ホイットニー・ヒューストン
★‘オールウェイズ・ラブ・ユー:映画「ボデイーガード」’(1992)ホイットニー・ヒューストン
★‘オール・フォー・ラブ:映画「三銃士」の主題歌’(1993) ブライアン・アダムス
★‘タイム・トゥ・セイ・グッバイ’(1996) サラ・ブライトマン
★‘アルゼンチンよ泣かないで’(1997) マドンナ
★‘マイハート・ウィル・ゴーオン:映画「タイタニック」’(1997) セリーヌ・ディオン

今年、よく聴くのがニール・ダイヤモンドが歌って大ヒットした“スィート・キャロライン”。ワールドチャンピオンになった松坂、岡島が所属するレッドソックスの本拠地、フェンウェーパークでは8回表の相手チームの攻撃が終わるとこの曲が場内に流れ、皆が“♪♪スィート・キャロライン、オーオーオー”の大合唱。つられてこちらまで“♪♪スィート・キャロライン”を口ずさむ。

“マイ・ガール”と“夢のシャイニング・スター”は歌もすばらしいが、踊りのふりがものすごくカッコいい。“夜汽車よジョージアへ”なんかは今聴いても鳥肌がたつくらいいい曲。これの日本版がBOROが歌った“大阪で生まれた女”。次回は好きな日本の歌を。

|

« 東博浮世絵エンターテイメント! 春信・歌麿 | トップページ | 大徳川展の源氏物語絵巻 »

コメント

すごい!御自身で、編集されるんですね。以前クラシックでよくやりましたが、うまくいきません。音程やその他が、な~んか‘変’!今では、お気に入りの曲をCDでリターンを繰り返しendless!毎日毎日、同じ曲をしつこく聴いてます。

投稿: 花 | 2007.12.02 14:36

to 花さん
My好きな音楽ビデオをつくるのは時間がかか
ります。ある1本のテープには例えばこんな曲
が続いているのです。

“ベルリオーズの幻想交響曲第2楽章舞踏会”、
“マルティニの愛の喜び”、“マンハッタンズの
夢のシャイニング・スター”、“レハールの金
と銀”、“ロバータ・フラックのやさしく歌って”
、“シャルロット・チャーチのピエ・イエス”
、、、

音楽は絵画とくらべ好きな音楽だけをずっと聴い
ていたいという気持ちが強いですから、好きな曲
がエンドレスに流れてくるのが理想ですね。
で、年末にこれを聴きながら一年を振り返ったり、
感情を昂ぶらせいい気持ちになったりしています。

投稿: いづつや | 2007.12.02 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/17226171

この記事へのトラックバック一覧です: 年末は懐かしのポップミュージック三昧!:

« 東博浮世絵エンターテイメント! 春信・歌麿 | トップページ | 大徳川展の源氏物語絵巻 »