« 世界遺産 厳島神社 | トップページ | BIONBO/屏風 日本の美展 その二 »

2007.10.02

映画「永遠のマリア・カラス」

1055昨日、BS2で放送された映画「永遠のマリア・カラス」は期待の作品。

いつも購入している“TV太郎”でこれをみつけたとき、ちょっと胸が高まった。

マリア・カラス(1923~1977)が20世紀最高のオペラ歌手ということはオペラファンだから一応知っているが、彼女のCDとか出演したオペラのビデオなどは手元のないから、これまでは伝説の歌姫だった。

で、これはマリア・カラスの伝記映画だろうから、やっとマリア・カラスの歌声がまとまった形で聴けるだろうとわくわくしながら観た。

期待通り、名アリア(拙ブログ05/1/2)を数曲歌っていた。が、マリア・カラスの実際の姿は全然でてこない。また、ストーリーもフィクション。でも、マリア・カラスの晩年はこんな風だったのだろうなと思わせるなかなかいい映画だった。製作されたのは02年で、監督はカラスと同年生まれのフランコ・ゼフィレッリ(イタリア・フィレンツェ出身)。あの大ヒット作“ロミオとジュリエット”(1968)を撮った監督である。

物語は長年カラスと親しかったゼフィレッリが空想と思い出を織り交ぜて創作したもの。人生の最終章をむかえつつある79歳のゼフィレッリは、声が出なくなり舞台から姿を消した50代のマリア・カラスを身近でみているだけに、この映画には説得力がある。ストーりーのディテールは省くが、カラスのかつての仕事仲間だったプロモーター、ラリー(ジェレミー・アイアンズ)の提案で、カラスの声が全盛期だったころの録音を使い、カラス主演のオペラ映画を製作するという話。

で、最新テクノロジーを使って、過去の録音と現在の映像を重ね合わせた“ごまかし(=フェイク)”の映画の第一作に選ばれたのがカラスが舞台で唯一演じることがなかった“カルメン”。劇中劇なのに舞台セットは本物のオペラと変わらぬ贅沢なつくり。カラス役のフランスの大物女優、ファニー・アルダンが演じる美しく妖艶なカルメンに釘付けになる。

周りのスタッフは“カルメン”の出来の良さに味をしめ、次は“トスカ”、“椿姫”、とプロジェクトは進んでいきかける。が、カラスはやはり心変わりし、“この映画はフェイク!私のオペラ人生は幻想じゃあなかった。真実だった!”と“カルメン”のお蔵入りをプロモーターに申し出る。

映画のなかでマリア・カラスはすばらしい歌声で大好きな曲を歌ってくれるので、もう上機嫌。“ある晴れた日に”(蝶々夫人)、“わたしのお父さん”(ジャンニ・スキッキ)、、、最後に歌うのが感動ものの“清らかな女神よ”(ノルマ)。これまでこの希代の名アリア“清らかな女神よ”はフィリッパ・ジョルダーノの歌声で楽しんでいたが、やっと本家本元のマリア・カラスの美声が聴けた。これほど嬉しいことはない。収穫の多いオペラ映画だった。

|

« 世界遺産 厳島神社 | トップページ | BIONBO/屏風 日本の美展 その二 »

コメント

こんにちは
この映画は大好きな作品です。
もともとジェレミ―・アイアンズが好きなので、喜んで見に行きました。
内容は大変良かったと思います。
笑ったのは日本公演を断る理由のシーンで
「わたしがガオーッと吠えても観客は喜ぶのよっ」
とマリア・カラスがわめくシーンでした。
マリア・カラスにすれば悲惨な気持ちからなのでしょうが、想像してしまいました。
確かにそれだけで喜ぶ観客がいるほど、マリア・カラスは凄い人気だったと思います。

投稿: 遊行七恵 | 2007.10.04 14:25

to 遊行七恵さん
映画を観るまでこれが02年の比較的新しい
作品であることを知りませんでした。ひとえに
カラスが歌っている昔の名アリアの録音が聴ける
のを願ってました。それが叶えられただけで
なく、豪華なカルメンが見れたりで大満足です。

日本に来たのは新聞かTVのニュースでみたよ
うな気がしますが、記憶が定かでありません。
世紀の歌姫ですから、すごい人気だったでしょ
うね。

投稿: いづつや | 2007.10.04 17:20

映画館で見ましたよ。
>マリア・カラスの晩年はこんな風だったのだろうな
そうそう、私もそう思いました。
カラスに関する知識も思い入れも無いけれど、
でも、この映画を見て、
カラスの歌声をちゃんと聞きたいと思ったのです。
と、いいつつ、まださっぱり聴けていませんが。

投稿: 菊花 | 2007.10.05 23:16

to 菊花さん
伝説の歌姫、カラスの歌声がやっと聴けました。
録画しましたから、毎日ラストに歌った“清ら
かな女神よ”を聴いてます。

このような美声で上手な歌い手が歌うアリアの
名曲は真に心に沁みます。オペラをまたじっくり
聴きたくなりました。

投稿: いづつや | 2007.10.06 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「永遠のマリア・カラス」:

« 世界遺産 厳島神社 | トップページ | BIONBO/屏風 日本の美展 その二 »