« ルチアーノ・パバロッティ 死去 | トップページ | ジョン・コルトレーンの「マイフェイヴァリットシングス」と見立絵 »

2007.09.08

インバル指揮 マーラー「交響曲1番・巨人」

1027昨日のNHK教育でインバルが指揮するマーラーの交響曲を放送していた。

大好きなマーラーをあのインバルが指揮するとなると見逃すわけにはいかない。

最近とんとクラシックを聴いてないので、演奏自体がすごく新鮮に感じられた。マーラーを最も得意とするインバルが率いるのはロンドンのフィルハーモニア管弦楽団。西池袋にある東京芸術劇場で
今年7/4に行われた演奏会である。

交響曲1番はこれまで数えきれないほど聴いたから、1楽章から4楽章までの演奏内容は体のなかに沁みこんでいる。何度もビデオに収録し、そのつど手元にあるものと演奏の出来栄えや録音状況を比較し、いいほうを残してきた。今あるのはアバド指揮によるベルリンフィルの演奏(89年)。これを今回のインバルのマーラーは上回ったか?

聴き終えて体が熱くなるほどすごい演奏だった!会場では“ブラボー!”があちこちから飛び交い、大きな拍手が長く続いた。TVで聴いていても言葉がでないくらいだから、会場に居合わせた観客は感激も極に達し、アドレナリンが出っ放しだったのではなかろうか。

名手が揃ったベルリンフィルの金管楽器パートは過剰なくらい大爆発するという感じだが、フィルハーモニアのトランペット、トロンボーン、ホルンも鳴り響いていた。マーラーの交響曲の場合、弦楽器が演奏する美しい旋律にもうっとりするが、聴きごたえがあるのはなんといっても金管楽器の感情を外へばっと出すような力強い演奏。なかでもこの“巨人”の最終章の圧倒的なフィナーレは感動的。

演奏を一層盛り上げるため、ティンパニの前にいる8人のホルン奏者と1人のトランペット奏者は終わりに近づいたところで一斉に立ち上がる。これがなかなかカッコいい。マーラーの演奏にはこれくらいのパフォーマンスが必要。ベルリンフィルでも“巨人”のときではないが、“5番”の演奏のとき、主席ホルン奏者がホルンを高く上げていた。

マーラーの“巨人”というと、すぐ頭の中に流れるのが3楽章の古いボヘミア民謡の旋律。まずコントラバス、ついでチェロといくのだが、これをマイクが拾ってくれない。オーボエが加わったところでやっと聴こえてきた。残念だが、これはよくあること。会場で聴いている人には関係ない。ベルリンフィルのように小さなマイクを沢山置いてないのだろう。

“巨人”はアバド、インバルともにいいので両方残すことにした。インバルのマーラーは本当にしびれる。フランクフルト放送交響楽団が演奏した“5番”(00年)に続き、この“巨人”も二重丸。会場へ足を運べばよかった。

|

« ルチアーノ・パバロッティ 死去 | トップページ | ジョン・コルトレーンの「マイフェイヴァリットシングス」と見立絵 »

コメント

私は、やはりミーハー!  マラーは、五番四楽章が好きです。ロリンン・マゼールのウイーン・フイルを、繰り返し聴いてます。インバルの五番のCDも、時々たのしんでます。
‘そして、四番!角笛交響曲’ 道端で、偶然安く買ったアドリン・リーパーのグラン・カナリア・フイルハーモニー~、これがいいんです~!

さあ、本日‘初日’!
27個ものアマタイトルを、ひっさげてのプロ入りだった琴光喜の三つ揃いの化粧廻しを見る日がくるといいですね。白鵬のは、川崎晴彦氏の富士山だそうです。

投稿: 花 | 2007.09.09 10:50

始めましてこんにちは。

ニョッキと申します。
同テーマで検索し、お邪魔しました。
私もテレビのみでの鑑賞でしたが、最高に良かったです。
仰るように3楽章のCbのソロなど殆ど聴こえませんでしたね。

今後もお邪魔させていただきます。

TBさせていただきました。

投稿: ニョッキ | 2007.09.09 11:30

to 花さん
マーラーに相当お詳しいですね!映画“ベニスに
死す”に使われた5番4楽章は本当にいいですね。
インバルの“巨人”でまたマーラーを聴きたく
なりましたので、今日は5番のビデオを聴いてま
した。お気に入りは1番、2番、5番、9番です。

白鵬の化粧回しの絵柄を描かれた川崎晴彦氏は
川崎小虎の息子さんの春彦氏?白鵬はプレッシャー
に弱いですね。琴光喜は優勝のチャンスかも?

投稿: いづつや | 2007.09.09 23:04

to ニョッキさん
はじめまして。書き込み、TB有難うございます。
インバルは久しぶりにみたのですが、太ってきま
したね。

すばらしい1番で感激しました。怒涛のフィナーレ
に体がゾクゾクしました。3楽章の出だしはアリ
ャラでしたが、ご愛嬌ですね。最近、クラシックを
聴いてなかったので、あらためてマーラーの魅力を
体全体で感じました。で、今日は同じインバル指揮の
5番を聴いてました。

これからもよろしくお願いします。また、気軽に
お越しください。

投稿: いづつや | 2007.09.09 23:18

‘花’は、基本的に バロック(音楽)が好きです。
でも、白い御飯 ばかりでなく、古典派、ロマン派以後 も聴きます。

CDの場合は‘曲、指揮者、楽団、’
この三つの、どれを、最優先にするかで、悩みます。
うまく三拍子揃えば、バンザイ!
大体、名演奏が、CDになると、しんじてま~す。

投稿: 花 | 2007.09.15 20:43

to 花さん
CDになった演奏はやはり出来がいいでしょうね。
クラシック、オペラは現在、すべてビデオで
聴いてます。

季節によって聴きたくなる曲が変わりますね。
今は、久しぶりにショパンのピアノをじっくり聴
いてみようかなと思ってます。

投稿: いづつや | 2007.09.21 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/16385505

この記事へのトラックバック一覧です: インバル指揮 マーラー「交響曲1番・巨人」:

» クラシック演奏会の感想その1(マーラー 交響曲第1番ニ長調「巨人」) [クラシックCD好きのホルン吹きニョッキ]
今日は朝から天気が良く、気温も32度くらいまで上がって また夏に戻ってしまいました。 幾分湿度が低くなったのと、朝晩が涼しくなったのでそれほど不快ではありません。 昼過ぎから南町田のグランベリーモールに行ってアウトレットの服やら靴を見てきました。 ...... [続きを読む]

受信: 2007.09.09 11:30

« ルチアーノ・パバロッティ 死去 | トップページ | ジョン・コルトレーンの「マイフェイヴァリットシングス」と見立絵 »