« ジョン・コルトレーンの「マイフェイヴァリットシングス」と見立絵 | トップページ | 東近美の平山郁夫展 »

2007.09.10

BIOMBO/屏風 日本の美展

1029
1030
1031
現在、サントリー美術館で開催中の“BIOMBO/屏風 日本の美”(9/1~10/21)は想像以上にすごい展覧会。国内および海外の美術館から質の高い作品が沢山結集している。東博の京都五山展同様、日本美術では十年に一度クラスの展覧会といっていい。

余談だが、実はもうひとつすごいのが今、奈良博で行われている。同館が95年、開館百年記念として行った“日本仏教美術名宝展”の再現かと思わせるほど国宝をいっぱい集めた“美麗 院政期の絵画展”(9/1~9/30)。そして、10月になると、京博でビッグイベント“狩野永徳展”(10/16~11/18)がある。

だから、終了した五山展のあと、東京、京都、奈良で行われる3つの展覧会へ足を運ぶと、美術本に載っている日本画のトップクラスの名作が大変効率よく鑑賞できることになる。これはまたとない機会。長く日本画をみているが、これほど次から次と大展覧会が連続するのは珍しい。

前置きが長くなったが、この展覧会の見所はどの作品か。例によって、出品作101点は7期に振り分けられているから(HPに掲載中)、是非とも見たい絵を軸にして訪問する回数と日を決めなくてはいけない。何点かある追っかけ作品との対面を考えると、どうしても3回の訪問が必要になりそう。今回の料金は前回より300円アップの1300円。2回目以降は割高な鑑賞となるが仕方ない。

章立ては6つ。1章 屏風の成立と展開、2章 儀礼の屏風、3章 BIOMBOの時代 屏風に見る南蛮交流、4章 近世屏風の百花繚乱、5章 異国に贈られた屏風、6章 海を越えた襖絵と屏風絵。 9/1~10と9/12~17にでている屏風のなかで目を見張らせるのは1章、3章、6章に多くある。

上と真ん中は再会を待ち望んでいた“日月山水図屏風”(じつげつさんずい、重文、室町時代、大阪・金剛寺)。上が右隻(春の景色)で真ん中が左隻(冬の景色)。加山又造の“雪月花”(拙ブログ06/3/11)と“春秋波濤”(07/2/20)はこの絵に霊感を得て描かれた。

目に焼くつくのが幾重にも重なった緑の山の親しみやすい形。山は逆遠近法で描かれ、遠くの山のほうが大きい。目を皿のようにしてみたのが左右隻の大半を占める波形。横にのびる波の所々にみられる波頭は様式化され工芸的なイメージなので、見てて楽しい。右隻の左上に金の切箔が残っているものの、その隣に散らされた銀箔は歳月でくすみ暗くなっている。

制作された頃は銀や金が輝き、桜の白と山の緑、そして真ん中の金の日輪がまばゆいばかりに華やかな画面をつくっていたことだろう。また、リズミカルに響きあう左隻の雪山、松の枝、波の曲線フォルムにも魅了される。ここには銀箔の三日月があるのだが、退色しているのでうっかりすると見落とす。

1章では追っかけていた“厩図”(三の丸尚蔵館)と対面した。山口晃が参考にした“厩図屏風”(重文、東博)は9/26~10/1と10/3~8に展示される。下の風俗画は人物描写や着物の柄や色に大変魅了された“邸内遊楽図屏風”。サントリー美にも同名の絵があるが、どちらもいい遊興図で甲乙つけがたい。

今回のいちばんのハイライトは全期間展示される6章の“祇園祭礼図屏風”(ケルン東洋美、サントリー美)、“社頭図屏風”(メトロポリタン美)、“賀茂競馬図屏風”(クリ-ブランド美)かもしれない。これらは4階の階段を下りたところに展示してある。次回、詳しく書くつもりだが、浮き浮きするくらい楽しい屏風絵。見てのお楽しみ!

|

« ジョン・コルトレーンの「マイフェイヴァリットシングス」と見立絵 | トップページ | 東近美の平山郁夫展 »

コメント

こんばんは。
今日、会員特典の内覧会に行って、見てきました。
屏風をこれだけ一挙に見ることは初体験で、驚きの連続でした。
「日月山水図屏風」本当に夢のような屏風でした。
「祇園祭礼図屏風」は圧巻でしたね。
一緒に行った友達は京都出身なので、
京都がらみの色んなこと思い出しながら、
おおいに楽しみました。
まだまだ期間中見応えある屏風がお目見えで、
通わずにはいられませんね。

投稿: あべまつ | 2007.09.11 22:54

to あべまつさん
今、7000円払って年間会員になるのが得か
どうか思案中です。屏風展はHPで出品作をみて、
その質の高さに仰天でした。

14年ぶりに対面した“日月山水図屏風”に感動
してます。これは見事な屏風ですね。そして、
“祇園祭礼図”。明るい部屋でまじかにみられる
ので、自然に目が人物を追っかけますね。衣装の
柄もモダンですし、最高に楽しいです。

あと2回じっくりみようと思います。

投稿: いづつや | 2007.09.12 09:59

いづつやさん、こんばんは
文句ばかり書いてしまいました・・・
でもTBさせていただきました。
いい作品が揃ってはいるのですが、展示リストを見ると何故か損した気分になっていまうのは貧乏性だからでしょうか・・・
私は南蛮関係の屏風が今回は良かったと思いました。

投稿: アイレ | 2007.10.04 23:33

to アイレさん
奈良博の“院政期の絵画展”のように前期、後期
の2回の展示替えにしてもらいたいですね。

サントリーも根津美と同様、観る者の感情を汲み
取ってくれません。“日本画がお好きな方は
7000円の年会員にお入りください。何度で
も観られます”と言いたいのでしょう。でも、工夫
して欲しいですね。期待薄ですが。

今回、おっしゃるように南蛮絵や洋風画の名品が
結集してますね。これはめったにないことです。
洋画も陰影をつけて描くのですから、日本人は絵
が上手いですね。感心します。

投稿: いづつや | 2007.10.05 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BIOMBO/屏風 日本の美展:

» BIOMBO/屏風 日本の美 [青色通信]
BIOMBO/屏風 日本の美9月13日 サントリー美術館(〜10月21日)  BIOMBOとは「ビオンボ」と発音し、ポルトガル語やスペイン語で「屏風」を意味します。(展覧会チラシより) この展覧会では屏風の様々な側面に光を当てながら、そこに描かれた...... [続きを読む]

受信: 2007.10.04 23:29

« ジョン・コルトレーンの「マイフェイヴァリットシングス」と見立絵 | トップページ | 東近美の平山郁夫展 »